大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:梅田・阪急32番街 ( 1 ) タグの人気記事

32Fから見る梅田の変わりように驚く

b0102572_21251513.jpg

 「母の日」が近づいてきたためか、三男が送ってきたギフト券は「阪急32番街 空ダイニング」での食事券。早速行って地上32階からの眺めと食事を満喫。現役の時は通勤に梅田を通っていましたが、退職してから約10年、年に1、2回でしょうか、滅多に梅田まで出かけることはなくなりました。32Fから見てみて、あらためてここ数年の間の梅田、特に北梅田の変わりようには、驚くばかり。

b0102572_104936.jpg
 高層ビルの夜景のイラストをあしらった秀逸なジャケットがある。その一枚が、「ジェリー・マリガン/Gerry Mulligan」の「ナイト・ライツ/Night Lights」(1963)。多分、ニューヨークの夜景だと思いますが、私もかって対岸のブルックリンからイーストリバーをはさんで見るマンハッタンの夜景に息を飲んだことがあります。

 「ジェリー・マリガン」は、ジャズ界では、どちらかというと脇役的で、数少ないバリトン・サックス奏者でありながら、ピアニストしても知られている。1963年に、「アート・ファーマー/Art Farmer」、「ボブ・ブルックマイヤー/Bob Brookmeyer」、「ジム・ホール/Jim Hall」らをメンバーに招き、本作を発表。タイトル曲ではピアノを弾いているが、全編を通じ、繊細でメロディが美しく、ウェストコースト派らしいサウンドが展開される。

Night Lights

Gerry Mulligan / Verve



「Night Lights - Gerry Mulligan」

          

b0102572_1327454.jpg
 もう一枚は、わたしが最高のベーシストと思っている「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」とピアニスト、「ケニー・バロン/Kenny Barron」とのデュオ・アルバム、名盤の「ナイト・アンド・シティ/Night And The City」 (1996)から2曲、「Twilight Song」と「Waltz For Ruth」。「Ruth」は、多分ヘイデンの妻、「ルース・キャメロン/Ruth Cameron」のことでしょう。録音は1996年9月20〜22日、場所は、私も1回だけ行ったことがある、ニューヨークのジャズクラブ、「イリジウム/Iridium Jazz Club」。

 「・・・・ 静かな緊張感、それにときおり高揚感を漂わせる音楽が生まれている。ここにあるのは、街中であれどこであれ夜ふけに耳を傾けるには最高の音楽だ。」という評のとおり。

Night & The City

Charlie Haden / Polygram Records



「Charlie Haden and Kenny Barron - Twilight Song」

          

「Waltz For Ruth - Charlie Haden & Kenny Barron」

          

  


  
[PR]
by knakano0311 | 2017-05-13 09:35 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)