大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:雅楽 ( 2 ) タグの人気記事

謹賀新年

b0102572_1142556.jpg
写真;清和源氏発祥の地、多田神社の本殿

あけましておめでとうございます。年末にアクセス数が6,000を超えました。去年一年のご愛読ありがとうございます。そして、本年も当ブログをよろしくお願いいたします。


年末年始のメディアを観ていて感じたことは、「環境元年」、「地球温暖化防止元年だなあ」ということ。各局、各紙とも、温暖化に関するテーマの特集を扱っていましたね。また、私のところへ着た年賀状の中に、「カーボン・オフセット寄付金付き年賀状」が何枚かありました。民間化に踏み出した郵政公社のこのアイデア、「カーボンオフセット年賀状」を選択した消費者たる友人の意識に感心。恥ずかしながら、「カーボンオフセット年賀状」があることを、私は知りませんでした。今年は、まじめにこの「地球環境問題」を考えるべき年であろうとおもう。

TVの特番などでも「CO2排出権」が話題になっていたが、CO2排出量がヴィジュアル化(見える化)され、価格が付き、経済社会に組み込まれることは基本的に賛成である。そしてそれが、製品やサービスなどすべての商品でコストとして組み込まれれば、経済活動として重要なコスト低減競争や、「カーボンオフセット」などの新ビジネスの成長が、CO2削減につながる可能性がある。まずグローバルレベルで総量規制を始めない限り何も進まないのである。

しかし、心配として、開発途上国の人件費などのコストメリットがなくなり、この競争につよい技術やノウハウを持っている先進国との格差が一層拡大する可能性もはらんでいる。
世界が排出するCO2ガスは70億トンで、そのうち自然が吸収できうるCO2はその半分だそうだ。従って、地球環境を今のレベルから悪化させないためには、CO2ガスの半減が必要であるという。消費活動、生産活動を半減にするか、人口を半減するかというような単純かつ乱暴な解決は出来ない。しかも後戻りできない「悪化」の臨界点は、すぐそこに近づいているとも言われる。

しかしながら、COP13バリ島会議でも、数値目標すらも決められない。先進国、開発途上国を問わず、経済だけではなく安全保障の問題も絡むため、各国の国益・利害の主張、国際石油資本の思惑、新たなマネーゲーム先を求める国際金融資本の思惑等が入り乱れ、これからも活動の入り口の削減目標すらもきめられない期間がこれからもしばらく続くのであろう。果たして時間の余裕があるのであろうか。

これからはグローバルな規模での「政治の出番」であるが、果たして日本のリーダーシップを期待できるのだろうか?そして我々一人一人は何から始めるべきであろうか?個人それぞれの消費を削減しても豊かさを感ずることが出来る生活、ライフスタイルに変えていくしかなさそうと思えるのだが・・・。


正月定番のCDは、「越天楽」も収録され、わが国の音楽のルーツに思いを馳せるの格好のアルバム。2000年1月1日の元旦リリースで日本ゴールドディスク大賞受賞、「東儀秀樹/雅楽」。これからも千年、悠久の大地を育み、子孫に残していけるのだろうか?


雅楽〈天・地・空~千年の悠雅~
東儀秀樹 / / 東芝EMI
スコア選択:


「東儀秀樹 - 越天楽幻想曲 (龍笛独奏)」

          
[PR]
by knakano0311 | 2008-01-05 17:02 | 音楽的生活 | Trackback(1) | Comments(0)

謹賀新年 

新年明けましておめでとうございます。

我が家の「歳時記」の年頭行事は、歩いて20~30分ほどの距離にある「多田神社」への初詣から始まります。
この「多田神社」は、970年に、この地を開いた「源満仲」を開祖とする、「清和源氏」発祥の地である。以後、平家を破り、武士の棟梁となった源氏は、徳川家を経て現在につながる。
宝物殿には、源満仲公24歳当時の馬上の図を始め、源頼光が、大江山の酒呑童子を斬ったといわれる源家宝刀鬼切丸・甲冑・書画・多田神社文書等源家ゆかりの宝物が数多く陳列されている。
4月には、満開の桜の下、勇壮な武者行列、「源氏祭り」が行われる。平成8年4月には、横綱「曙」、「貴乃花」が奉納土俵入りを行ったこともある。  

b0102572_16585984.jpg

b0102572_11572094.jpg


初詣の途中、我が団地を通り抜けていくわけですが、感じることは、最近の正月では、門松、或いは松飾りを飾る家が、めっきり少なくなっています。洋風玄関の家が増えたこと、或いは正月飾りが高価である、などの理由が考えられますが、一番の理由は、その家の区切りの行事としての「正月」という意識が、薄れてきたのではないでしょうか。核家族化、給与所得者(サラリーマン)化により、正月は帰省、海外旅行、まとまった骨休み休暇、友達との再会 ・・・・など、家族そろって、新年を祝う行事としての「正月」よりも、ほかに優先する意味づけが増えてきたためでしょう。むしろ、X’masを祝う行事、イベントのほうが、「家」より「個人」中心のパフォーマンスが楽しめるので、年々盛んになっていると思います。

こんなところにも、「和の気風」の薄れ、風化が感じられます。

今年は、定年後、ブログ開設後、初の正月です。ひとしおの感慨がありますが、今年1年もよろしくお願いいたします。


雅楽の枠を超えて活躍している、雅楽界のプリンスが本来の出自である雅楽の世界で、アルバムをリリース。「東儀秀樹/千年の優雅」。笙、篳篥、龍笛、琵琶、和琴など、はるかシルクロードを越えて伝わってきた、「和」の古典楽器の奏でる響きと旋律に、新鮮な驚きを感じる。正月定番の「越天楽」もおなじルーツ。わが国の音楽のルーツに思いを馳せるのにいい機会のアルバム。2000年1月1日の元旦リリースで日本ゴールドディスク大賞受賞。

雅楽〈天・地・空~千年の悠雅~
東儀秀樹 / / 東芝EMI
スコア選択:


「東儀秀樹」のデビュー7年目、初ベストアルバムの、これも2004年1月1日の「謹賀新年」リリース。古典と現代、洋と和のクロスオーバー。「和」の楽器による、オリエンタルなヒーリングの世界が、これも新鮮な感動をもたらす。

風と光の軌跡~Best of TOGISM~
東儀秀樹 / / 東芝EMI
ISBN : B0000TCMPM
スコア選択:
[PR]
by knakano0311 | 2007-01-01 01:01 | 音楽的生活 | Trackback(1) | Comments(0)