大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:You'd be so nice to come home ( 2 ) タグの人気記事

火のない所に煙は立たず

b0102572_17502123.jpg


今年一番の厳寒。小雪が舞う中でのウォーキング。道筋に煙突が立っているお宅をいくつか見かける。しかし、厳しい寒さになっても、煙が上がってるのを見たことがない。こちらの煙突のお宅は暖炉でしょうか。そういえば、バブル時代の新築戸建の家では、応接間を設え、暖炉、シャンデリア、ピアノなどを置くことに人気があったと記憶している。庭に薪など積んでいないところを見ると、もうインテリアとしてだけの存在なのでしょうか。もっとも、暖炉で薪を焚いたら、煙くてかなわないでしょうが ・・・。

b0102572_14113161.jpg


こちらは、最近人気が高いという薪ストーブの煙突。ここも煙が上がっているのを見たことがない。最近は薪ストーブの性能も上がっているので、あまり煙が出ないかもしれないが ・・・。憧れの強い薪ストーブは、自分で割らないにしても、ひと冬分の薪を調達し、それを最低でも1年間は乾燥させ、使用時は火を絶やさないように薪を焼べなければならない。その労力と時間と保管場所の確保、また、1束500円程度という薪代も、ひと冬となると大変なようだ。さらに住宅街では、煙や臭いなどのご近所トラブルに気を遣わなくてはならない。もっとも最近は自動で燃料が供給され、排気が無色透明になるペレット式もあるようだが、薪の燃える迫力、色、雰囲気、ストーリー性は薪ストーブには及ばないという。しかし、いろいろ考えても、年金生活者たる高齢者、薪ストーブはあこがれの中にとどめておくのが良さそうである。

b0102572_17504257.jpg  

さて、「♪ ・・・ You'd be so nice by the fire ・・・」。超有名なスタンダード、「You'd be so nice to come home to(帰ってくれたら嬉しいわ)」のワン・フレーズである。今宵は、この曲を聴きましょうか。「ニューヨークのため息」と評された「ヘレン・メリル/Helen Merrill」の歌唱が超有名で、私も何年か前、彼女のラスト・コンサートで聴いたことがある。(参照拙ブログ「最後のため息 ~ヘレン・メリル ラスト・コンサート~ 」

しかし、へそまがりの私、今宵はメリルとは別の歌唱、演奏で ・・・。まずは、「サラ・マッケンジー/Sarah Mckenzie」。最近、パリに移ったようであるが、オーストラリア、メルボルンを拠点に活躍するピアノ弾き語りの女性歌手である。25歳の時のデビュー作、「Don’t Tempt Me」(2010)から。

Don't Tempt Me

Sarah Mckenzie / ABC Music Oz



「Sarah McKenzie - You'd Be So Nice To Come Home To」

          

そして、ベテラン、「シェリル・ベンティーン/Cheryl Bentyne」。人気ジャズ・コーラス・グループの「マンハッタン・トランスファー/The Manhattan Transfer」で、ソプラノ・パートを担当し、近年はソロでの活躍も著しいシンガー。アルバム、「Talk of the Town」(2003)から。

Talk of the Town

Cheryl Bentyne / Telarc



「You'd Be So Nice To Come Home To - Cheryl Bentyne」

          

私の一番好きだったギタリスト、故「ジム・ホール/Jim Hall」。ヒット・アルバム、「アランフェス協奏曲/CONCIERTO」から。

アランフェス協奏曲

ジム・ホール / キングレコード



「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO - JIM HALL」

          

最後は「男歌」で締めましょうか。「チェット・ベイカー/Chet Baker」。亡くなる一年前の1987年の6月14日に、東京の昭和女子大学の人見記念講堂での最終公演のDVD、「Chet Baker Live in Tokyo」(1987)から。このDVDは10年以上も前になるだろうか、当時北京にはほとんどなかったジャズ・クラブで求めたもので、聴くとチェットが大好きという暗い顔をしたマスターを思い出す。(参照拙ブログ  「Red Hot Jazz ~久しぶりの北京CD爵士倶楽部で~ 」「中国JAZZY紀行(3) ~北京CD爵士倶楽部~ 」

Chet Baker Live in Tokyo [DVD] [Import]

Chet Baker / Hudson Street



「CHET BAKER - You'd Be So Nice To Come Home To」

          

  

  
[PR]
by knakano0311 | 2017-01-23 23:40 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)

You'd Be So Nice By The Fire  ~薪ストーブのある家~

b0102572_15205978.jpg


ウォーキングをしていると、この季節、家の前や庭に沢山の薪を積んである家を見かける。例外なく煙突を突き出しているので、薪ストーブのある家とわかる。ひと冬過ごすための薪の量は結構な量になるので、炭焼きのためのしっかり乾燥させた大量の薪の確保の大変さを知っている私としては、薪割りをしたのだろうか、それとも買ったのだろうかと、人ごとながら気になってしまう。そして、住宅街の中で薪ストーブを設置する場合、どうしても、煙、臭いが問題となり、煙突を相当高く上げないと、ご近所とのトラブルの原因となってしまうケースも多いと聞く。

b0102572_23111890.jpg

しかし、あたたかいストーブの炉辺で冬の夜を過ごすことに憧れる人も多い。あのゆったりレトロ感に加え、遠赤外線が、体の心まで暖めてくれそうなその魅力に憧れる気持ちもよくわかる。私もそんなひとりであったが、家の広さ、予算などで、もちろんとうに設置は諦めているが、薪ストーブが設置してある家の前をなんとなく羨ましい思いで通り過ぎる。かわりにこの時期ちょうど火が入る公園の薪ストーブを楽しむことにしよう ・・・。

「炉辺」と聴いて、さっと頭に浮かぶ曲は、「♪ You'd be so nice to come home to/You'd be so nice by the fire/While the breeze on high sang a lullaby/You'd be all that I could desire ・・・ ♪」。そうあの有名なスタンダード、「コール・ポーター/Cole Porter」作詞・作曲の「You'd Be So Nice To Come Home To」です。それこそ山ほどのカバーがあるが、「ヘレン・メリル/Helen Merrill」の歌唱が最も有名ですね。薪ストーブのある家の人は、「You'd be so nice by the fire.」なんて囁いているんですかね ・・・。

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン / ユニバーサル ミュージック




b0102572_9593651.jpg

あれだけ有名になってしまうと、選ぶのが難しいのですが、今宵は、メリル以外の歌唱でいいなとおもうものを聴いてみましょうか。

まず、「サラ・マッケンジー/Sarah Mckenzie」。最近、パリに移ったようであるが、元々オーストラリア、メルボルンを拠点に活躍するピアノ弾き語りの若手女性歌手である。25歳のデビュー作、「Don’t Tempt Me」(2010)、そして第2作、「Close Your Eyes」(2012)は、アメリカのグラミー賞と同じほどの影響力を持つといわれるオーストラリアのARIAミュージック・アウォーズを受賞したという。ことし3作目、「We Could Be Lovers」をリリース。

弾力的でよく弾む声、やや高めの声ながら、明るくクリアーで冷たさを感じさせない。スキャットやハミングなどのワザも中々で、飽きさせない。注目のシンガーの一人。

Don't Tempt Me

Sarah Mckenzie / ABC Music Oz



「Sarah McKenzie - You'd Be So Nice To Come Home To」

          

続くもうひとりは、大姉御、「ジョー・スタッフォード/Jo Stafford」の懐かしいアルバム、「Jo + Jazz」(1960)から。この時代のジャズ・フィーリングが存分に感じられ、好きな歌手の一人。

JO+JAZZ

ジョー・スタッフォード / SMJ



「Jo Stafford - You'd Be So Nice To Come Home To」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-11-20 13:27 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)