大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:i-POD ( 4 ) タグの人気記事

質より量?・・・・

b0102572_14567.jpg

年末に私の不注意で壊してしまったため、新しい「i-Pod」に買い換えたのですが、やっとCDコレクションの「i-Pod」へのダウンロードが完了しました。約2ヶ月かかったことになります。
勿論、すべてのCDをダウンロードしたわけではないのですが、そのデータを紹介しましょう。

・ハード;i-Pod Classic 80GB Black
・ダウンロード データ
  617アーティスト、882アルバム、10776曲、45.05GB

ちなみに、休みなしに全曲聴くとすると、「100.5日」かかるそうです。
私の残りの日齢(「60歳過ぎたら聴きたい歌(14) ~What A Difference A Day Made~」参照)を約8000日とすると、毎日3時間づつ聴いたとしても、たった10回しか全曲を聴けないという計算になってしまいます。

この量をみると、ある種の感慨も持つのだが、一方、果たして「量より質」のリスニング人生であったか?という疑問も感ずる。むかし、ある博物館の学芸員で、刀剣の目利きの方に「どうしたら真贋、名品を見抜くことが出来るのですか?」と質問したことがあるが、その方は「沢山の量を見ることです。量を見ることで、おのずから優れたものが浮かび上がってきます。」という答えであった。所詮凡人の私、気を取り直して、「量」をこなすことで少しでも「真」なるものへ近づけると信じ、せっせとこれからも聴くことにしましょうか・・・。

b0102572_141711.jpg

デビュー20周年を迎えたJAZZバイオリニスト「寺井尚子」が、「ピアノ・トリオ+寺井」というデビュー当時4人編成の原点に帰って新CDをリリースした。ヨーロッパの「ステファン・グラッペリ」の例はあるにしろ、異色の楽器を日本JAZZ界に持ち込み、新分野を切り開いた「寺井」。最近はそんな彼女の姿勢が評価され「南里文雄賞」も受賞した。この原点回帰の新作「小さな花~アマポーラ」は、従来のジャズのスイング感をバイオリンで表現するというスタイルを少し変え、アルバム表題の2曲のほか、有名曲の旋律の美しさをしっとりと聞かせるというスタイルになっている。彼女はこのことについて、「頭の中で、突然アマポーラのメロディが鳴ったんです。常に核になる曲からイメージを膨らませて、流れを組み立てるので、アマポーラの強さのせいでバラードが増え、旋律重視のアルバムになってしまった。」と語る。JAZZにおけるバイオリンの可能性を追求していく彼女に更なる期待をしたい。


b0102572_1473895.jpg
小さな花~アマポーラ
寺井尚子 / / EMIミュージック・ジャパン
ISBN : B00118YOBQ
スコア選択:




「小さな花 - 寺井尚子」

          
[PR]
by knakano0311 | 2008-02-24 21:00 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

我が愛機の死

b0102572_115594.jpg
年末に私の不注意により、我が愛用の「i-POD」を壊してしまった。この「i-POD」は2台目であり、ここ4年ほど愛用していたものである。チェックしてなかったので正確にはわからないが、60Gバイトがそろそろ一杯になりかけていたので、アルバムにして600枚、曲数にして8000曲ぐらいは収録してあったのでなかろうか。日々の通勤、ドライブ、海外出張にいつも携行していたので、その愛着はひとしおであった。仕方なしに、3台目として、軽・薄・小のメモリータイプを選ぼうか迷ったが、やはり大容量80Gのハードディスク・タイプの「i-POD クラシック」を選んだ。正月休みにバックアップをとろうと思っていた矢先の出来事であったので、せっせとCDコレクションからコピーをしています。それにしても、わが40年の歴史を反映した膨大な数のCDであるが、「量よりも、その質は果たしてどうであったろうか?」とあらためて思った。

世界中を私と一緒に駆け巡った「戦友・我が愛機の死」を悼んで・・・・・

「上田正樹」の大ヒット曲で、私もですが、酒場でオジサンのカラオケ・スタンダード、定番曲になっている名曲、「悲しい色やね」を同世代の頑張っているオジサン・シンガー「上田正樹」のアルバムから。(JAZZYな「ちょいワルおやじ」参照)


イマジン
上田正樹 / ビデオアーツ・ミュージック
ISBN : B0002I861K
スコア選択:


「上田正樹」ときたら、これは外せないでしょう。ちょっと珍しい英語バージョンで ・・・。
「上田正樹 - 悲しい色やね (英語ヴァージョン) 」

          
[PR]
by knakano0311 | 2008-01-13 11:55 | 爵士定規 | Trackback | Comments(0)

第12回 我が「Jazzyな生活」のサポーター

前回は、CDの価格のことやら、CCCDの話でテンションがやや高くなってしまったが、今回はタイトルのごとく私の音楽の楽しみを助けてくれている心強い味方、ツールについて紹介しましょう。先回述べてように私のオーディオライフの基本は、「i-Pod + BOSE ノイズキャンセリング ヘッドフォン」です。したがって、まず最強のサポーターはパソコンです。
1)「i-Tune」によるCDのPodへのロード、編集 2)CDのバックアップ 3)このブログの書き込み 4)音楽情報の検索、ネットショッピング などパソコンなくしては我がJazzyな生活は成り立たないといっても過言ではありません。
次のサポータは「Amazon.com」。皆さんはCDをどこで買われますか?当然CDショップですね。しかし残念ながら一部のCDショップを除いて、Jazzはマイナーなジャンルのため、品揃えが少なく、お目当ての或いは気に入ったCDが見つからないという思いをしたことと思います。そんな方には、「Amazon.com」でのネットショッピングをオススメします。
1)在庫が豊富で廃盤、一部の海外盤など以外は中古なども含めほとんど手に入りました。
2)配送日時などデリバリーが分かりますし、在庫ある場合は1週間程度で宅急便で送られてきますので非常に便利です。決済方法はいろいろありますが、私の場合はクレジットカードですが、決済、配送いままで一度もトラブルはありませんでした。
3)リストマニアのオススメ、購入歴から分析した「Amazon.com」からのオススメ、新譜情報 など自分の好みに即した情報が簡単に得られますし、パソコン上にダウンロードして、試聴ができます。

そんな「Amazon.com」からのおすすめで購入し、大満足の1枚。「Carla Helmbrecht カーラ・ヘルムブレヒト」の「Be Cool Be Kind」。ウィスコンシン州出身。このアルバムは2001年発表されたが、グラミー賞3部門にノミネートされたことから分かるように実力派。おとなの女の魅力にあふれる本格派といえる。タイトル曲ほか「風のささやき」が私が聞き惚れるナンバー。寡作で、私のしるかぎり、このほかデビューアルバム「One For My Baby」、日本人アーティストとコラボした「Here's To Love」の3枚のみ。


Be Cool Be Kind
Carla Helmbrecht / Heart Music
ISBN : B0000560GJ
スコア選択:

同様のオススメで知ったもう一人は「Sue Raney スー・レイニー」の「New and now」。アルバム6曲目のビートルズの「Yesterday」が秀逸。

ニュー・アンド・ナウ!(紙ジャケット仕様)
スー・レイニー / 東芝EMI
ISBN : B000803EW8
スコア選択:

3っつめのサポーターは「ジャズ詞大全」。「日本語でジャズを味わう」というキャッチコピーで中央アート出版社から発売されている。いわゆるスタンダードの英語の歌詞がきちっと日本語に翻訳され、その歌の誕生秘話とか当時の世相、だれが歌ってヒットさせたかなど、歌にまつわる歴史的背景や裏話が紹介されている。多分ほとんどのスタンダードは網羅されているでしょう。著者の「村尾陸男」氏は、「歌詞の意味を正確に把握するだけでなく、その歌の時代や環境からその社会や過去についても考え、その歌の全体像のようなものをつかむ。そのために広い意味で歌について考える、歌の意味を解釈する。」が著作の目的と書いています。
非常に真摯に取り組まれていて、その努力とできばえには敬意を表します。わたしも好きな歌があるとこの本に一応あたってみて、歌の意味を理解しながら聴くことを楽しんでいます。しかし全19巻、1巻3,000円と高価なため、なかなか全巻をそろえることが難しい。公立の図書館あたりがそろえてくれたらいいのになどと思います。

ジャズ詩大全〈2〉
村尾 陸男 増田 悦佐 / 中央アート出版社
ISBN : 4886395627
スコア選択:



最後のサポーターは「TSUTAYA」。いうまでもなく大変大変お世話になっています。
[PR]
by knakano0311 | 2006-07-07 11:26 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

第6回 いつでもどこでも・・・

さて、この辺で私のオーディオ環境について触れておきましょう。基本的には、アップル社の60GBの「i-Pod」+BOSE社のノイズキャンセリング・ヘッドホン、「QuietComfort2」 です。家にはオーディオ コンポは持っているのですが、圧倒的に「i-Pod+HP」で聴いている時間が多いのです。理由はいくつかあります。

1)通勤時間が長い。家から会社までドア・ツー・ドアで片道1.5時間。この時間を有効に使わない手はない。
2)ここ数年間は、出張がむちゃくちゃ多く(昨年なんぞは、エアラインに乗った回数が130回、海外出張は17回を数えた)、この移動時間、待ち時間、滞在時間などの時間をどう楽しく使うか?
3)毎週トレーニング・ジムに通っており、1時間のウォーキング・メニューの際、ただ歩いているだけでは、味気ない。
4)親を田舎に残しており、けっこう頻繁に帰省しますが、片道400kmのドライブの友が必要。
5)いまだ、3人のパラサイトが同居して部屋を占拠しており、私の所有する数百枚のCDは衣装箱にいれて積み上げており、聴きたいからといって、すぐに望みのCDを出せる状態にない。

これらの悲惨?な状況から得られる必然的な答えが、「i-Pod+HP」であった。最初は20GBの「i-Pod」であったが、すぐに満杯になり60GBに変えたが、CDをかたっぱしから「i-Pod」に入れた結果,現在8,700曲、36GBという途方もない数字になっています。「塵もつもれば・・」とはこのことか。でも、先ほどの5つの条件下で、かつ高音質で、音楽を楽しむという命題は、見事に解決できています。現時点で、モバイル環境でのシステムとしては、ベストではないかと思われます。「いつでも、どこでも、ヘッドフォンかけたらそこは別世界、あなたは数百枚のCDをもって出かけられますか?」なにやらCMくさくなってきましたが・・・

「i-Pod」にはいくつかの機能がありますが、その中のひとつに、ある曲を何回聴いたか、その回数を表示してくれる機能があります。私のTOP回数の曲は何だったでしょう?
答えは、「Sheila Walsh」の「You Raise Me Up」でした。そう、荒川静香がトリノオリンピックのエキシビジョンで使ったあの美しい曲です。実際に使った「Celtic Woman」の「You Raise Me Up」もいいけど、美しく、ダイナミックにドラマティックに歌い上げている点で私は、「Sheila Walsh」のバージョンのほうが好きです。一時期、毎日出勤の電車の中で、モチベーションを高めるために聴いていました。Jazzyな世界とはちょっと離れましたが、ごかんべんを。

BOSE社に注文。あのヘッドホンの柔な作りは何とかなりませんかねえ?結構なお値段する割りは、プラスチックの筐体部分の強度が不足しているため、買って半年もたたないうちにヒビがはいるわ、割れるわ。仕方がないのでグルグル巻きに補強して使っています。今後、「QuietComfort2」を使おうと思っているヘビー・ユーザーは、買ったらすぐに頑丈な補強を施すことをお奨めします。


You Raise Me Up
Sheila Walsh / Integrity Music
スコア選択:


ケルティック・ウーマン
ケルティック・ウーマン / 東芝EMI
ISBN : B000CSUYJM
スコア選択:
[PR]
by knakano0311 | 2006-07-01 17:01 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)