人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

リアルな昭和の雰囲気に驚く

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_23503234.jpg
リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_00185138.jpg
リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_23505227.jpg
リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_00201243.jpg
 レトロな昭和の路地に迷い込んでしまった。そんな印象。煙草屋を兼ねた駄菓子屋。おばあさんが一人、居眠りをしながら、店番をしていそう。ハイライト、ピースなどの懐かしいデザインのパッケージ、これもよく見かけた大阪万博記念の「太陽の塔」のミニチュアが置いてある。ドアではなく、町家の玄関は引き戸、狭い和室に飾られたお雛様。

 そう、これは、1/12のサイズで再現された昭和の町並み。川西市郷土館で開催されている「ひな人形展」と同時開催されている「小さな和の世界展 ~お雛様と昭和の町並みをミニチュアで~」での一コマである。作り手は、西宮市で「和風ドールハウス アトリエ kinoe-ne」を主催する、「岸本加代子」さんと、パートナーの「安田隆志」さん。丁寧にリアルに作りこまれていて、あの時代の雰囲気が濃厚に立ち上る。

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_10502625.jpg
 こちらは同じ会場に展示されているリアルサイズの電化製品や家具などで再現された昭和。写真では見分けが付かないほどである。しばしのタイムスリップ。

 「浜田真理子」。昭和ノスタルジーの雰囲気を持つ曲を歌わせたら、この人の右に出るものはいないとさえ思っている。彼女の歌唱を3曲ほど ・・・。アルバムは、「mariko live ~romance~」(2005)と、「赤色エレジー(DVD)」(2007)から。

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_11363001.jpg


 mariko live ~romance~
 浜田真理子  
 美音堂







「浜田真理子 - 昭和ブルース」
          

「浜田真理子 - 俺はお前に弱いんだ」
          


 この「浜田真理子」によるカバー、「赤色エレジー」を挿入歌に起用したのが、1970年代初頭に「月刊漫画ガロ」で連載された「林静一」の代表作を、原作者自ら監督・作画を手掛てアニメ化したのが、「赤色エレジー」。その挿入歌を。オリジナルは、「あがた森魚(あがたもりお)」。余談ですが、「月刊漫画ガロ」は、「白土三平」の「カムイ伝」が始まった創刊号から最終話の号まで全てもっていました。

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_11263058.jpg


 
 赤色エレジー [DVD]
 林静一 
 ビデオメーカー








「赤色エレジー - 浜田真理子」
          
   


   


# by knakano0311 | 2020-02-24 11:45 | サウダージ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12104758.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12111612.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12124672.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12130800.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12133167.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12590503.jpg
    
 いつものウォーキング。団地にある大きな溜池を取り巻く道筋には、なぜか梅を植えている家が多いので、かってに「梅ストリート」と呼んでいる。この「梅ストリート」、今が最高調の時期。「ボケ(木瓜)」もあるが、白、ピンク、赤、しだれ ・・・、様々な梅が一斉に開く。この時期、歩くのが楽しいお気に入りのコースである。そうそう、近くのスーパーで売っていた「ボケ」の鉢を買ってきました。

 さあ、お題は春のストリート。ご存知、「マイ・フェア・レディMy Fair Lady」の挿入歌、「君住む街角/On The Street Where You Live」です。

【 On The Streets where you Live 】 by Alan Jay Lerner / Frederick Loewe

「♪ I have often walked down the street before  いままで何度もこの通りを歩いてきたし
  But the pavement always           足元にある敷石も今までどおり
  Stayed beneath my feet before        前と変わったわけではない
  All at once am I                でも君が住んでいる街だと知った途端
  Several stories high              ビル数階分ほど
  Knowing I'm on the street where you live   舞い上がってしまう気分

  Are there lilac trees               ライラックの樹はあるかい
  In the heart of town?               街の真ん中に?
  Can you hear a lark in any other part of town?  街で雲雀のさえずりが聞こえるかい?
  Does enchantment pour              魅力が溢れ出しているかい?
  Out of every door?                どのドアからも
  No, it's just on the street where you live     いやそうだとすれば、
                             それはきっと君住む街にいるからだ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


まずは、「ヘティ・ケイト/Hetty Kate」。今年になってから、このブログで随分取り上げていますが、イギリス・ハンプシャー生まれ。「ペギーリー/Peggy Lee」の再来という触れ込みで、オーストラリアでデビューし、10年以上活躍、2009年からアルバムをリリースしてきたが 2017年よりフランスのパリを中心に活動しているという。アルバム、「Under Paris Skies」(2019)から。

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_23321809.jpg

 
 Under Paris Skies
 Hetty Kate
 Lisez L'Etiquette






「On The Street Where You Live - Hetty Kate & Frederick Loewe」
          

 
 1966年生まれのオランダ出身のジャズ・シンガー、「イルセ・ヒュイツインガー/Ilse Huizinga」のブロードウェイのナンバーを集めた魅力的なアルバム、「Beyond Broadway」(2005) から。ピアノ・トリオにサックスを加えたカルテット仕立て。ピアノは、彼女の夫で、アレンジャー、作曲家でもある「エリック・ヴァン・デル・リュイート/Erik van der Luijt」とのおしどりデュオ。
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_23223999.jpg

 
 Beyond Broadway(SACD)
 Ilse Huizinga/イルセ・ヒュイツインガー
 Maxanter






「On the Street Where You Live - Ilse Huizinga」
          

    
 次の「ストリート」ナンバーは、「On The Sunny Side Of The Street/明るい表通りで」。「ジミー・マクヒュー/Jimmy McHugh」作曲、「ドロシー・フィールズ/Dorothy Fields」作詞の、1930年のブロードウェイのミュージカル主題歌。古い古いスタンダードです。

【 On The Sunny Side Of The Street 】 by Jimmy McHugh,Dorothy Fields


「♪ Grab your coat and get your hat  コートをつかんで 帽子を持って
  Leave your worry on the doorstep  悩み事なんか玄関のところに置いてさ
  Just direct your feet        さあ、足を向けてごらん 
  To the sunny side of the street   日差しの明るい表通りへ

  Can’t you hear a pitter-pat?     パタパタという音が聞こえるだろ
  And that happy tune is your step   あの楽しげな音は君の足音さ
  Life can be so sweet          人生は楽しくなるさ
  On the sunny side of the street    日差しの明るい表通りを歩けば

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


 1930年といえば、前の年はウォール街株価大暴落による世界的な大恐慌が始まって年。貧困に喘ぎ、活気を失った多くの人々に希望や勇気を与え、大ヒットしたと言われる。


 歌は古いがコンテンポラリーな2人の歌姫で。まずは、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」、「シンプリー・ラブ/Simply Love」(2013)から。
さくらウォーキングのあとは十割蕎麦を ・・・_b0102572_10221770.jpg



 シンプリー・ラブ/Simply Love
 ヘイリー・ロレン/Halie Loren 
 Justin Time Records


            


            
「Halie Loren - On the sunny side of the street」
          

   
 そのスキャットが冴え渡るイタリアの歌姫、「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」。デビュー盤「イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love」(2006)から。
さくらウォーキングのあとは十割蕎麦を ・・・_b0102572_10231375.jpg

 イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love
 ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini
 SPACE SHOWER MUSIC




   
   
「Roberta Gambarini - On The Sunny Side Of The Street」 
          
    
    
    


# by knakano0311 | 2020-02-23 17:57 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11513693.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11515622.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11521943.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11523748.jpg
   
 いつものウォーキングの道筋。いつものアンティーク・ショップやパン屋の店先のディスプレイは、もうすっかり春の雰囲気。これからが楽しくなる春のウォーキング。

 今宵の曲、最初はピアノ・トリオ。御贔屓、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati Trio」で、「You'll Walk In The Field」。アルバムは、「Shades of Sounds」(2018)から。第2次世界大戦中に書かれたトラディショナル・ソングだという。静けさみ満ちた美メロの中にも、春の暖かさや喜びを感じられる。埋め込みができませんので、クリックしてください。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_17254140.jpg

 
 Shades of Sounds/シェイズ・オブ・サウンズ
 Alessandro Galati Trio/アレッサンドロ・ガラティ・トリオ
 寺島レコード






「You'll Walk In The Field - Alessandro Galati Trio」

 歌の方は、「I walk a little faster」。1957年、作詞「キャロリン・リー /Carolyne Leigh」、作曲「サイ・コールマン/Cy Coleman」による古いスタンダード。「当たって砕けろ」と、恋に前向きな歌。この歌好きです。

【 I Walk A Little Faster 】

「♪ Pretending that we'll meet あの人に会えるかもと思うと
   Each time I turn a corner  角を曲がるときはいつも
   I walk a little faster     ちょっと早足になるの

   Pretending life is sweet   きっと甘美な人生が待っているかも
   'Cause love is around the corner だってその角を曲がったところに愛があるかも
   I walk a little faster     そう考えるとちょっと早足になってしまうの

   Can't begin to see my future shine as yet 私の未来が輝いているかわからない
   No sign as yet, you're mine as yet あなたが私のものになるなんて兆しも全くないわ
   Rushing toward a face I can't divine as yet 方向もわからずただ突進してるだけ 
   Keep bumping into walls and taking lots of falls いつも壁に当たって転んでばかり

   But even though I meet  でも曲がり角で
   At each and every corner  いつも災難にしか
   With nothing but disaster  会えなかったとしても

   I set my chin a little higher,     私はちょっと顎を高く上げて
           hope a little longer  もうちょっとだけの辛抱だと考え
   Build a little stronger castle in the air  空想の頑丈なお城を頭の中に建て
   And thinking you'll be there      そこにあなたがいると考えるから
   I walk a little faster          ちょっとだけ早足になるの

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 いまノリノリのイタリアの若手ディーバ、「キアラ・パンカルディ/Chiara Pancaldi」で。同名のタイトルをつけたアルバム、「I Walk a Little Faster」(2015)から。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_18120952.jpg

 
 I Walk a Little Faster
 Chiara Pancaldi
 Challenge







「Chiara Pancaldi - I Walk A Little Faster」
          

  
 アメリカのフォーキー系ジャズ歌姫、「エリン・ボーデ(ボーディー)/Erin Bode」と続けましょう。アルバム、「Don't Take Your Time」(2004)から。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_18200274.jpg

 
 Don't Take Your Time
 エリン・ボーディー/Erin Bode
 Max Jazz






「I Walk a Little Faster - Erin Bode」
          

     








# by knakano0311 | 2020-02-22 18:29 | 地域の中で・・・

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_18023517.jpg
インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_18025680.jpg
インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_18164509.jpg
   
 所用で出かけたのは、大阪のど真ん中。大阪城公園が一望に見渡せるビルの最上階のカフェで遅めのランチ。OBP(大阪ビジネス・パーク)と大阪城。その奥には、奈良と県境の生駒山。その右には、二上山、葛城山と歴史の舞台になった山が連なっている。カフェからは確認できなかったが、駐車場の大型バスの数を見ると、インバウンドの要の観光客である中国観光客もめっきり減っているようだ。

 ということで、今宵のピアノは、「城/castle、chateau」がキーワード。「城」といえば、どうしてもヨーロッパ。ヨーロッパのピアニストの奏でる「城」を聴いてみましょうか。

 まずニューヨーク出身ではあるが、欧州で音楽活動を続けている、「ケニー・ドリュー/Kenny Drew」のトリオ演奏。たしかドロドロの愛憎ドラマだったと記憶している、映画「スウェーデンの城」のテーマ曲から。アルバムは、「Recollections/欧州紀行」(1989)。

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_23594481.jpg

 
 欧州紀行/Recollections
 ケニー・ドリュー・トリオ
 M&I







「Kenny Drew trio - Chateau en Suede」
          

   
 イタリア出身の大御所、ご贔屓の「エンリコ・ピエラヌンツィ /Enrico Pieranunzi」は、「Castle of Solitude」。アルバムは、「Dream Dance」(2009)から。鉄壁トリオは、「マーク・ジョンソン/Marc Johnson(bass)」と「ジョイ・バロン/Joey Baron(drums)」。

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_00101247.jpg

 
 Dream Dance
 エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi
 Camjazz







「Enrico Pieranunzi - Castle of solitude」
          

   
 「ティングヴァル・トリオ/Tingvall Trio」を率いる、スウェーデンのジャズ・ピアニスト、「マーティン・ティングヴァル/Martin Tingvall」の3rdソロ・アルバム、「The Rocket」(2019)から「Castle Song」。

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_00190017.jpg

 
 Rocket
 Martin Tingvall
 Skip






「Castle Song - Martin Tingvall」
          





# by knakano0311 | 2020-02-21 11:43 | おやじの遠足・街歩き

女雛の愁い

女雛の愁い_b0102572_10084781.jpg
 いつも利用している地域の図書館。毎年この季節になると、地元の旧家から寄贈されたという豪華なひな飾りが飾られる。今年は、新型コロナ・ウィルス騒ぎもあり、お雛様のお顔もなんとなく愁い顔に感じる。

 ということで、今宵の曲のお題は、「doll」。まずは、御贔屓、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。憂いに満ちた美メロ、「Worry Doll」。アルバムは、「テラ・フリオサ/Terra Furiosa」(2008)から。

女雛の愁い_b0102572_10090274.jpg

 
 Terra Furiosa  
 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ
 Discograph/ビデオアーツ・ミュージック




「Worry Doll (feat. Gianluca Renzi, Leon Parker) - Giovanni Mirabassi」  
          

 そして、「サテン・ドール/Satin Doll」という、スタンダード・ナンバーとして世界中で愛され、演奏され続けている曲がある。かのジャズ界の巨人、「デューク・エリントン/Duke Ellington」と「ビリー・ストレイホーン/Billy Strayhorn」による共作であるこの曲、「Satin Doll」が発表されたのは1953年。後に作詞家の「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」が歌詞をつけ、多くのシンガーにうたわれるようになった。まずは、そのご本家の演奏から。

「Duke Ellington - Satin Doll」
          


 歌版「Satin Doll」。歌うのは、「カーメン・マクレエ/Carmen McRae」。アルバム、「The Great American Songbook」(1972)から。彼女をサポートするパーソネルは、「ジョー・パス/Joe Pass(guitar)」、「ジミー・ロウルズ/Jimmy Rowles(piano)」、「チャック・ドマニコ/Chuck Domanico(bass)」、「チャック・フローレス/Chuck Flores(drums)」。

【 Satin Doll 】   by Duke Ellington/Billy Strayhorn, lyrics by Johnny Mercer

「♪ Cigarette holder which wigs me ちょっと気になるね あの長キセル   
   Over her shoulder, she digs me.  彼女は肩ごしに俺を品定め   
   Out cattin' that satin doll.     俺を誘っているのかな あのサテン・ドール
   
   Baby, shall we go out skippin?  外へ行こうかベイビー スキップして   
   Careful, amigo, you're flippin',  気を付けなよアミーゴ ちょっと浮かれすぎ   
   Speaks Latin that satin doll.   あの子はラテン系だぜ サテン・ドール

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 長ギセルの女性。「オードリー・ヘップバーン/Audrey Hepburn」の映画、「ティファニーで朝食を/Breakfast at Tiffany’s」(1961)を思い出しますね。

女雛の愁い_b0102572_17143855.jpg

 Great American Songbook
 カーメン・マクレエ/Carmen McRae
 Atlantic / Wea







「Satin Doll - Carmen McRae」
          

 オランダのピアニスト、「ピム・ヤコブス/Pim Jacobs」の奥さんで、「アン・バートン/Ann Burton」と実力・人気を二分したオランダの歌姫、「リタ・ライス/Rita Reys」の歌唱。アルバム、「Rita Reys Meets Oliver Nelson」( 2003)から。
女雛の愁い_b0102572_17204901.jpg

 
 Rita Reys Meets Oliver Nelson
 リタ・ライス /Rita Reys
 ユニバーサルJ






「Satin Doll - Rita Reys · Oliver Nelson」
          


# by knakano0311 | 2020-02-19 17:40 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_17571574.jpg

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_17574809.jpg

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_17582942.jpg


 いつものウォーキングの道より一筋外れた道。我が団地の一角、空き地だったところに、立派なゲートが建っている。なんだろうと思ってみると、「TOHSHIN ROSARIUM」と書いてある。何年か前までは、確か住宅が建っていて、それを取り壊して、平地になっていたところ。1、2年前くらいからか、シニアの男性が一人でコツコツと鍬を入れたり、肥料を撒いたり、物置を設置していたので、家庭菜園でも始めるのかなと思っていた。ところが、しばらく見ない間に、ゲートや洋風の東屋が建ち、たくさんの薔薇の苗が植わっている。「薔薇園(ロザリウム/rosarium)」を作っていたんだ。薔薇の育成は大変だと聞いている。しかも、手作り薔薇園である。この春には、これらの苗に薔薇が咲き、かぐしき香りが立ち込めるだろう。それにしてもどんな人が ・・・。

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_23281870.jpg



 今宵の曲、ブラジルの歌手、作曲家で、ボサノヴァの創始者、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」や「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」ら、ブラジル音楽に大きな影響を与えたとされる「ドリヴァル・カイミ/Dorival Caymmi」の薔薇にちなんだ曲を。2008年8月、リオデジャネイロのコパカバーナにある自宅で、多臓器不全のため94歳で亡くなったという

 まず、「バーデン・パウエル/Baden Powell」の叙情的なギター演奏で、「Das Rosas/バラについて」。 アルバムは、「Tristeza on Guitar」(1966)から

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_23230101.jpg

 
 TRISTEZA ON GUITAR
 バーデン・パウエル /Baden Powell
 MU PR






「BADEN POWELL - Das Rosas」
          

 1964年、アメリカの国民的ポップスター、「アンディ・ウィリアムズ/Andy Williams」がドリヴァルの「Das Rosas」を歌って大ヒットしたという。1965年、「The Andy Williams Show」でのデュオで。

「Das Rosas - Dorival Caymmi & Andy Williams」
          

 次の曲は、ずっと歌い継がれて、彼の名曲の一つに挙げられている「Rosa Morena/ポルトガル語;ホーザ・モレーナ スペイン語;ロサモレナ」。「どこにいくんだい? バラの髪飾りのモレーナ 気取らないでサンバをしようよ! みんな待ちくたびれてるよ!」という内容のようだ。

 「イリアーヌ・イリアス/Eliane Elias」などブラジル出身の歌手のカバーが多くあるが、ドリヴァルを崇拝するという「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」の弾き語りで。アルバムは、晩年来日した時の「João Gilberto In Tokyo」(2004)にも収録されているが、アップされていないので、2000年、ブエノス・アイレスでの「カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso」とのライブから。

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_00141302.jpg


 
 In Tokyo by Joao Gilberto
 ジョアン・ジルベルト
 Verve





「João Gilberto - Rosa Morena」
          



# by knakano0311 | 2020-02-18 10:06 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

太陽の塔を見て昔を懐かしむ


太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_12033796.jpg

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_12040371.jpg
太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_09571256.jpg


 冬物と春ものを買いに、暖冬により早まったバーゲン・セール訪れたのは、「エキスポシティ」。1970年、入社2年目にあった大阪万博、「EXPO'70」の会場跡地にできた大型ショッピングモールと映画館、水族館、大観覧車などのエンターテイメントが組み合わさった複合施設。あれから50年。その後は、「風神雷神」という絶叫型ジェット・コースターで知られた「エキスポランド」という遊園地になり、それが痛ましい事故で閉鎖のやむなきにいたり、紆余曲折を経て、そのあとにオープンした施設である。会社生活の後半は、毎朝モノレールで見ながら通勤していた「太陽の塔」。首都圏に住んでいた妻も万博を訪れたという。二人で「太陽の塔」を懐かしく見、あの頃を思い出しながら、フード・コートで食事を楽しむ。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_23590984.jpg



 今宵のアルバム。観覧車のジャケットで、2018年グラミー賞「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」最終ノミネート作品の「The Subject Tonight Is Love」(2018)。「ケイト・マクギャリー/Kate McGarry」の作品。日本でも多くのファンを持つ実力派女性ヴォーカリスト/ソングライター、「ケイト・マクギャリー」が気心の知れたミュージシャン、長年の伴侶である「キース・ガンズ/Keith Ganz」のギターと、売れっ子鍵盤奏者、「ゲイリー・ヴェルサーチ/Gary Versace」によるオルガンとピアノというシンプルな編成を軸にして吹き込んだ、親密な空気感に心潤うアルバム。スタンダードからオリジナルまで、凛として透明感あふれる歌声と、ベテランらしいリラックスした軽やかな演奏、シンプルでアコースティックなサウンドで聴かせる。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_16485851.jpg


 THE SUBJECT TONIGHT IS LOVE
 KATE MCGARRY
 Inpartmaint





 プロモーション・ビデオ、グラミー賞ノミネートを受けてのライブの模様、アルバム冒頭の「Prologue: The Subject Tonight Is Love」を。

「Kate McGarry - Keith Ganz - Gary Versace – The Subject Tonight Is Love」
          

「Kate McGarry Trio - 2019 Grammy Nominees for Best Jazz Vocal Album」
          

「The Subject Tonight Is Love - Kate McGarry Trio」
           

 さて、遊園地といえばお決まりだったのが、「メリーゴーランド」。我々シニアには、「回転木馬」と言ったほうが馴染みが深いかもしれない。「スタジオ・ジブリ」制作、「宮崎駿」監督の日本の長編アニメーション映画に「ハウルの動く城」(2004年公開)がある。このテーマ曲が、「久石譲」作曲の「人生のメリーゴーランド」。このテーマ曲を気に入ったシャンソン歌手の「クミコ」が、「宮崎駿」監督に手紙を出し、「歌詞をつけて、自分に歌わせてもらえないだろうか」という手紙を出し、快諾してもらったという歌が、「人生のメリーゴーランド」。「クミコ・ベスト わが麗しき恋物語」(2006)から。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_17511298.jpg


 
 クミコ・ベスト わが麗しき恋物語
 クミコ
 avex io





【 人生のメリーゴーランド 】  作詞:覚和歌子 作曲:久石譲

「♪ 回れ星のように  歌え花火のように
   向かい風ににも止められない  メリーゴーランド

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   捨て台詞みたいに  人生は終われない
   やりきれないことばかりならば  なおのこと

   回れ星のように  歌え花火のように
   向かい風にも止められない  メリーゴーランド  ♪」
   
   
「人生のメリーゴーランド - クミコ」
          

   
 ピアノです。イタリア出身の御贔屓ピアニスト、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。彼は、少年時代から日本のアニメファンであり、特に「スタジオ・ジブリ」のアニメが大好きらしく、2015年には、ジブリ作品を中心にカバー収録した「アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~」をリリースし、最近では、「MITAKA CALLING -三鷹の呼聲- 」というジブリ・カバー集のアルバムをリリースしたばかり。「Howl'S Moving Castle(人生のメリーゴーランド)」は、「アニメッシ」にも収録されているが、ちょっとあざとい気もするアニメ企画ではなく、最初に収録され、純粋にピアノ・アルバムとしてリリースされた、「プリマ・オ・ポワ/Prima o Poi」(2005)がいい。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00043101.jpg


 
 アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~
 ジョバンニ・ミラバッシ
 日本コロムビア





太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00052136.jpg


 
 MITAKA CALLING -三鷹の呼聲-
 ジョバンニ・ミラバッシ
 日本コロムビア




太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00113776.jpg

 
 Prima O Poi
 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ
 Bang






「Giovanni Mirabassi - owl's Moving Castle (ハウルの動く城)」
 
          

    
     


# by knakano0311 | 2020-02-17 10:03 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

まだ2月だというのに

まだ2月だというのに_b0102572_17565005.jpg
まだ2月だというのに_b0102572_17571271.jpg
 ほんわかと暖かい朝。山作業に向かうため車を出す。温度計は12℃を示し、車のフロントガラスは結露している。山の麓のダム湖からは、朝靄(あさもや)が立ちこめている。はやくも咲き始めている「オウバイ(黄梅)」を見つけたので、車を止めてパチリ。まだ2月だというのに、ほんわかと春めいた朝だった。

まだ2月だというのに_b0102572_20422841.jpg


 今宵のアルバム、カナダのジャズ・ヴォーカリスト、「エレン・ドーティ/Ellen Doty」の「Come Fall」(2018)。「秋が来る」というタイトル、物悲しさを感じさせる歌詞なのに、メロディや歌唱は、やや気だるく、まったりとして、布団から出たくないような春の朝の気分にさせるといったら、あたっているだろうか。

 「エレン・ドーティ」。ややハスキーで温かみのあるボーカル。ヴォーカルと、ピアノとドラムだけの編成。静謐さが際立つ。ジャズ・ヴォーカリストと紹介されているが、このアルバムを聴いてみたが、「ノラ・ジョーンズ/Norah Jones」などの系譜に属する「Jazzy,Not Jazz」系のように思える。このアルバムの曲は、すべて彼女のオリジナルだという。2014年にアルバム「Gold」でデビュー、「ワールド・クラスの才能」と評価され、大きな期待を集めた。そんな、彼女の2ndアルバムである。

 「このアルバムのために50曲以上の曲を書き、12曲を選びました。そして実際にレコーディングに入る前に、様々なバンド形態を試しました。当初はもっと大人数の編成だったのですが、ある夜、スタジオに残っていたピアニストとドラマーだけで演奏してみたら、それこそが求めていたサウンドでした。」と本人は語る。 発売と同時にカナダでセンセーショナルな反響を呼び、iTunesのジャズ・チャート1位を獲得したという。

まだ2月だというのに_b0102572_18172858.jpg


 
 COME FALL
 エレン・ドーティ/Ellen Doty
 ALMRE






 アルバムの収録曲で印象的な2曲を ・・・。

【 September Moon 】  by Ellen Doty

「♪ Ooaa, aaaa
   She never loved you, she was only passing time   
               彼女はお前を愛していなかった ただ通りすぎただけ
   She never knew you, you were just a run around  
               彼女はお前を理解していなかった お前はただ踊らされていただけ
   This is how it goes, you end up *on* the ground   
               どうあがいたって、結局打ちのめされるのがオチ
   But you can't slow down, but you can't slow down 
               でもお前は、のめり込むのを抑えることができないんだな

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

「September Moon - Ellen Doty」
          


「Dreams You Don't Remember (feat. Scott MacKay) - Ellen Doty」
          
   


    


# by knakano0311 | 2020-02-15 10:46 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

切断すると黒い菊の花、その花は美しい

切断すると黒い菊の花、その花は美しい_b0102572_15520213.jpg
切断すると黒い菊の花、その花は美しい_b0102572_15522611.jpg
 ポカポカ陽気。汗ばむなか、林床整備を早めに終え、第2回目の炭焼きの標準木の切断し、断面を観察する切断すると現れる美しい菊の花のような断面。「菊炭」と呼ばれる所以である。2回目の炭焼きもほぼ満足のゆく出来栄えであった。一同、ほっと胸をなでおろす。水洗いをすれば、粉や灰が取り除かれ、一層艶やかさを増した「黒」が得られる。この自然の作り出した菊の花の「黒」は本当に美しい。

 今宵の曲。昭和歌謡JAZZYバンドとでも呼んだらいいでしょうか、「エゴ・ラッピン/EGO-WRAPPIN'」の「~Midnight Dejavu~ 色彩のブルース」。ボーカルの「中納(なかの)良恵」ら作詞・作曲。

【 ~Midnight Dejavu~ 色彩のブルース 】

「♪ 昨日の夢 オレンジ色の翳り
   今日の夢 沈黙の気配示す
   アルコールの川をゆっくり渡る
   長ぐつのリズム
   心で酔いましょう

   鉛の指から流れるメロディー
   激しく染める光の渦
   あかりの色が奏でるブルース
   やさしく泣いてる吐息に
   甘えさせて

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」


切断すると黒い菊の花、その花は美しい_b0102572_16324114.jpg


 色彩のブルース
 EGO-WRAPPIN’
 RD RECORDS






「EGO-WRAPPIN' - 色彩のブルース」
          

 いくつかのカバーがありますが、最近「Moon」と改名し、ソロ・シンガーとなった「ヘウォン」と、ソング・ライティングも手掛けるというトランぺッター、「ジュハン・リー」の韓国人デュオ・グループ、「WINTERPLAY」、「中森明菜」、「安冨祖貴子」の歌唱で。

切断すると黒い菊の花、その花は美しい_b0102572_16470795.jpg


 ソングス・オブ・カラード・ラヴ/Songs of Colored Love
 WINTERPLAY
 ユニバーサル ミュージック クラシック






「WINTERPLAY - SONGS OF COLORED LOVE~色彩のブルース~ 」  
          


切断すると黒い菊の花、その花は美しい_b0102572_16542063.jpg


 ZERO album~歌姫II
 中森明菜
 ビクター/キティMME






「中森明菜 - 色彩のブルース」
          


切断すると黒い菊の花、その花は美しい_b0102572_16591661.jpg


 マイ・ブルース
 安富祖貴子
 SPACE SHOWER MUSIC






「色彩のブルース - 安富祖貴子」
          

   

    


# by knakano0311 | 2020-02-14 09:59 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

チョコを噛じると、少し昔の映画を思い出した


チョコを噛じると、少し昔の映画を思い出した_b0102572_23385954.jpg
 次男のお嫁さんと孫娘から、うれしいバレンタイン・ギフト。業界の仕掛けに踊らされていることは十分承知だが、義理チョコでも、送った人、送られた人、双方に笑顔をもたらすなら、それは意味があること。

 噛じりながら、思い出したのは、映画「ショコラ/原題:Chocolat」(2000年公開)。「ラッセ・ハルストレム/Lasse Hallström」監督が、「ジュリエット・ビノシュ/Juliette Binoche」、「ジョニー・デップ/Johnny Depp」主演で描く愛のファンタジー。古くからあるフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきて、チョコレート・ショップを開店する。古き伝統を頑迷に守るこの村に似つかわしくないチョコだったが、母、ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて氷のように閉ざされた村人の心を開いていくが ・・・。

チョコを噛じると、少し昔の映画を思い出した_b0102572_11230429.jpg


 ショコラ [DVD]
 ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ(主演)
 ラッセ・ハルストレム (監督)
 パイオニアLDC








 この映画では、ヨーロッパ・ジャズの祖でもある伝説のJAZZギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト/Django Reinhardt」の創始した音楽、「ジプシー・スイング/Gypsy Swing」がふんだんに聴ける。本当に弾いているかどうかはわからないが、デップがギターを引くシーンも見られる。ラインハルトの代表曲といえば映画の中でも演奏される「マイナー・スイング/MINOR SWING」。「ショコラ」のサウンド・トラックで「Minor Swing」と映画のシーンを ・・・。

「Johnny Depp; Malcolm Ross; Ian Stoddart - Minor Swing」   
          

 そして、「ショコラ」の中でデップがギターの弾き語りをしていた曲が、「ジプシー・イン・マイ・ソウル/The Gypsy in My Soul 」。ラインハルトの曲ではないが、古いスタンダードらしい。ギターを弾く姿がなかなか様になっているが、もともとミュージシャンとしてキャリアをスタートさせたデップは自分のバンド、「ハリウッド・ヴァンパイヤーズ/The Hollywood Vampires」を持つようになったのは、この映画がきっかけだっただろうか?

 その「Gypsy in My Soul」。ご贔屓「コニー・エヴィンソン/Connie Evingson」の自身のアルバム、「Gypsy in My Soul」(2004)から。ジプシー・スイングを基調とした、うきうきするようなスイング感あふれるサウンドにのせて、有名なスタンダード曲が、彼女の艶やか声で響き渡る。「ジプシー・イン・マイ・ソウル」。ヴァースに続くイントロは「マイナー・スウィング」のメロディーで、いつの間にか「ジプシー・イン・マイ・ソウル」になり、エンディングは再び「マイナー・スウィング」に戻るというアレンジが面白い。

【 Gypsy in My Soul 】 by Moe Jaffe, Clay Boland, Clay Boland

「♪ If I am fancy free        もし私が自由奔放で
  And love to wander       放浪が好きだとしても
  It's just the Gypsy in my soul  それは私の中のジプシーの血がそうさせるのだ

  There's something calling me  私を呼ぶ声が聞こえる
  From way out yonder      どこか知らないところから
  It's just the Gypsy in my soul  それは私の中のジプシーの魂が呼んでいるのだ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

チョコを噛じると、少し昔の映画を思い出した_b0102572_23515938.jpg

 
 Gypsy in My Soul
 コニー・エヴィンソン/Connie Evingson
 Minnehaha Music






「Gypsy in My Soul - Connie Evingson」
          

  


# by knakano0311 | 2020-02-13 12:31 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)