人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

唖然 ・・・

唖然 ・・・_b0102572_11253048.jpg
 昨日あたりから、私の周辺が慌ただしくなってきている。新型コロナ・ウィルスへの対応である。三月は年度末。自治体関連、自治会、趣味の会、ボランティア団体などで多くの総会が行われる。また春到来ということで、待っていたように多くのイベントが行われる。それらが、ことごとく実施、延期、中止の判断を迫られているからである。

 それにしても政府の対応は、まったくもってお粗末の一言に尽きる。すべての対策が後手に回り、判断が中途半端で曖昧である。何よりも腹立たしいのは、感染しているのか否かの決め手となる検査ができない、キャパがないということ。従って感染がどれだけ広まっているのかも把握できないはず。これでどう対策が立てられるというのだろうか。危機管理能力がない、危機とすら認識していなかったのかもしれない。唖然とせざるを得ない。

 長期政権、一強内閣。一連のトップの不祥事は、官僚が忖度して、都度尻拭いしてきた。今回はそうはいかない。こと人命に関わることである。アベノミクスとやらで内閣支持の柱ともなってきた株価、経済の状況。しかし、予測を語れなくなったんでしょう、当日になって、キャンセルの電話が入った投資セミナー。株価の大幅下落。暗雲が立ち込め始めたお得意の外交、オリンピック ・・・。多分、政権の命取りにもなりそうだが、そんなことはどうでもいい。心配なのは医療崩壊、経済大不況、日本の行く末。

 「致命的なミス」を英語で「fatal error、fatal mistake」などというが、今宵の曲、「Same Mistakes」。「同じ過ち」という意味でしょうか。「ローリン・タリーズ/Laurin Talese」の歌唱。アルバムは、「Dangerous Chaos」、いや、「Gorgeous Chaos」(2016)から。歌詞が見つからなかったので割愛です。

唖然 ・・・_b0102572_14411657.jpg

 
 ゴージャス・ケイオス/Gorgeous Chaos
 ローリン・タリーズ/Laurin Talese
 Pヴァイン・レコード







「Laurin Talese - Same Mistake (Live in Philly) 」 
          


 

# by knakano0311 | 2020-02-28 14:43 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)

いち早く河津桜を見に

いち早く河津桜を見に_b0102572_23460835.jpg
いち早く河津桜を見に_b0102572_23463749.jpg
いち早く河津桜を見に_b0102572_23465620.jpg
     
 「いち早く桜を見に ・・・」と出かけたのは、箕面の大規模ショッピング・センター、「みのおキューズモール」。ここに「カワヅザクラ(河津桜)」が咲いているという。この桜、まだ見たことがなかったので、早速出かけてきた。ここは、かって、フランスに本社をおくスーパー、「カルフール/Carrefour」が日本に出店し、「カルフール箕面店」として華々しくオープンしたが、結局業績悪化で撤退し、「イオン」に売却したところ。現在「千里中央」までの御堂筋線・北大阪急行がさらに北へ延伸し、2023年開業予定ということで、新駅の工事の真最中。それを受け、モール全体も、全面リニューアル中であった。 

 そんなことで人出は全くなかったが、「カワヅザクラ(河津桜)」はほぼ満開。「カワヅザクラ」は、「オオシマザクラ(大島桜)」と「カンヒザクラ(寒緋桜)」の自然交雑種であると推定されているが、ここの桜は、発見された河津町より寄贈されたものだという。花は美しい濃い桃色、おやじの遠足の目的は達成できた。

 さて、今宵の歌。「The First Time I Ever Saw Your Face」。「愛は面影の中に」という邦題がつけられている。英国のシンガー・ソングライター、「イーワン・マッコール/Ewan MacColl」が、作詞・作曲した曲で、1960年代に、数々のフォーク・グループに歌われたあと、「ロバータ・フラック/Roberta Flack」が1972年に歌ったバージョンが大ヒットし、1973年の「グラミー賞」の「ソング・オブ・ザ・イヤー/Song of The Year」に選ばれている。その後も多くのアーティストがカバーをしている曲である。

【 The first time I ever saw your face 】 by Ewan MacColl

「♪ The first time, ever I saw your face  初めて君の顔を見たとき
  I thought the sun rose in your eyes   瞳の中に朝日が昇ったように思えた
  And the moon and the stars      太陽だけでなく月も星もね
  Were the gifts you gave        君がくれた贈りものだと思った
  To the dark, and the endless skies   果てしなく続く暗闇の世界へのね
  My Love                愛する人

  And the first time, ever I kissed your mouth   初めてキスをしたとき
  I felt the earth move in my hands   僕の手の中で地球が震えたかと思った
  Like the trembling heart        まるで小鳥の
  Of a captive bird            心臓が震えるように
  That was there, at my command    この世界でも願いがかなうんだと
  My Love               愛しい人
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」


 まず、「ロバータ・フラック」のベストアルバム、「Softly with These Songs: The Best of Roberta Flack」(1993)からお聴きいただこうか。

いち早く河津桜を見に_b0102572_00092940.jpg

 
 Softly with These Songs: The Best of Roberta Flack
 Roberta Flack/ロバータ・フラック
 イーストウエスト・ジャパン(1993)/Atlantic UK(1995)







「The First Time Ever I Saw Your Face - Roberta Flack」
          

 ご贔屓のノルウェー出身、「インガー・マリエ/Inger Marie」。アンニュイで少しダーク。大人のムードを湛え、いぶし銀のように鈍い光を放つ。一度聴いたら、その声が深く心に刻まれる、そんなシンガー。「ビートルズ/The Beatles」、「スティング/Sting」、「ロバータ・フラック」などのカバー・アルバム、「My Heart Would Have a Reason」(2009)から。

いち早く河津桜を見に_b0102572_00152945.jpg

 
 My Heart Would Have a Reason
 Inger Marie Gundersen/インガー・マリエ
 Stunt






「Inger Marie - First Time Ever I Saw Your Face」
          

    

   


# by knakano0311 | 2020-02-27 16:34 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)

むべなるかな ~ 妻の音楽環境もストリーミングに ~


むべなるかな ~ 妻の音楽環境もストリーミングに ~_b0102572_18031247.jpg
 妻が最近FM放送で音楽を聞いていたが、我が家は4方を山に囲まれ、電波状況はすこぶる悪い。「もっといい音質にならないか」とのリクエスト。提案したのが、妻が最近、スマホと同時に使いだしたタブレット端末に「amazon music」や「net radio」のアプリを入れ、小型の外部スピーカーで聴くという提案。これが、見事に彼女のニーズにはまり、妻は大満足。

 今宵の曲、甘く繊細な歌声の北欧、デンマークの歌姫、「シゼル・ストーム/Sidsel Storm」の「スカンジナビアン・ロマンス/Scandinavian Romance」(2013)から、「私のお気に入り/My Favorite Things」を ・・・。
 
むべなるかな ~ 妻の音楽環境もストリーミングに ~_b0102572_15361437.jpg

 
 スカンジナビアン・ロマンス/Scandinavian Romance
 シゼル・ストーム/Sidsel Storm
 ビクターエンタテインメント






「My Favorite Things - Sidsel Storm」
          


 そんな時、「TSUTAYA」より、3月31日をもって店舗を閉店するとのメール。映画好き、音楽好きの私は、「TSUTAYA」は随分と利用した。毎週のように行っていたと思う。しかし、ニッチといえばそうなんでしょう、ジャズのカテゴリーの品揃えが次第に希薄になり、TVドラマ、映画、音楽を配信によって視聴する方向に傾いていき、ここ2,3年は店にレンタルに行くこともなかった。時代なんですね。「TSUTAYA」の閉店。これも、むべなるかな。

 「時代の流れ」を英語で「the times」と言うが、サックスの才人、「ジョシュア・レッドマン/Joshua Redman」のカルテット演奏で、「タイムレス・テイルズ/The Times They Are A-Changin' 」。アルバムは、「Timeless Tales (For Changing Times) 」(1998)。「時代は変わる」という邦題の「ボブ・ディラン/Bob Dylan」の曲です。他のパーソネルは、「ブラッド・メルドー/Brad Mehldau(p)」、「ブライアン・ブレイド/Brian Blade(ds)」、「ラリー・グレナディア/Larry Grenadier(b)」。

【 The Times They Are A-Changin'  】  by Bob Dylan

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  If your time to you is worth saving  自分の時間を救う価値があると思うなら
  Then you better start swimmin’    すぐに泳ぎ始めたほうがいい
        or you’ll sink like a stone   そうでないと石のように沈んでしまうから

  For the times they are a-changin’   だって、時代は変わりつつあるんだ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

 「イエスタデイズ/Yesterdays」や「ラブ・フォー・セール/Love for Sale」などのスタンダードにまじって、「ボブ・ディラン/Bob Dylan」や「ビートルズ/The Beatles」、「ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell」、「スティービー・ワンダー/Stevie Wonder」、「プリンス/Prince」などのポップスがカバーされている不思議な魅力を持ったアルバム。

むべなるかな ~ 妻の音楽環境もストリーミングに ~_b0102572_18085169.jpg


 
 タイムレス・テイルズ/Timeless Tales (For Changing Times)
 ジョシュア・レッドマン/Joshua Redman
 Warner Bros / Wea






「The Times They Are A-Changin' - Joshua Redman」
          



# by knakano0311 | 2020-02-26 18:22 | マーケッターとしてのシニアから | Trackback | Comments(0)

我が家のフジ子・ヘミング

我が家のフジ子・ヘミング_b0102572_11332273.jpg
       
 我が家のリビングに一枚の絵が飾ってある。「母の贈りもの」と題された、シルクスクリーンの絵。ピアニストの「フジ子・ヘミング」さんの絵である。たしか定年した頃、記念にと神戸・北野町のギャラリーで求めた絵である。

 彼女の熱心なファンだったというわけではないが、彼女の壮絶な人生を描いたNHKドキュメント番組、「フジコ~あるピアニストの軌跡~」(1999年放映)は見ていたし、2枚ほどのCDを持っていた。「定年の記念になるような絵が欲しい、それも音楽が関わるような ・・・」と思っていたところ、たまたま訪れた北野町のギャラリーでこの絵に出会ってしまった。以来、男の子3人で、女の子には恵まれなかった私たち夫婦にとって、孫娘ができるまでは、娘のような感じでずっと見てきた。

我が家のフジ子・ヘミング_b0102572_11525849.jpg


 そして、2月24日放送のNHK「ファミリー・ヒストリー」、今回のゲストは、「魂のピアニスト」と称賛される「フジコ・ヘミング」さん。ピアニストの「大月投網子(おおつき・とあこ)」さんとスウェーデン出身のデザイナー、「ジョスタ・ゲオルギー・ヘミング」さんとの間に生まれたフジコさんの、ファミリー・ヒストリー。

 「ヘミング,フジ子(フジコ)」。 本名は「Ingrid Fujiko v.Georgii‐Hemming/イングリッド・フジ子・ゲオルギー・ヘミング」。ドイツで暮らしていたヘミング一家は、第二次世界大戦の前、日本にやってきた。しかしまもなく、両親は不仲になり、父は一人、日本を離れた。戦後、母はフジ子さんをピアニストにしようと、女手ひとつで懸命に働く。そんな母親の強い思いを受け、フジ子は17歳でデビュー・コンサートを果たす。東京音楽学校在学中には、音楽賞などを多数受賞、28歳でドイツに留学。ベルリン国立音楽大学を優秀な成績で卒業し、指揮者の「ブルーノ・マデルナ」に才能を認められ、「レナード・バーンスタイン」などからの支持もあり、ソリストとして契約。

我が家のフジ子・ヘミング_b0102572_17253023.jpg


 しかし、リサイタルの直前に風邪をこじらせ、聴力を失い、全てのコンサートをキャンセルするというアクシデントに見舞われる。耳の治療のかたわら、ピアノ教師をしながら、ヨーロッパ各地でコンサート活動を続け、1995年に帰国。そして、それまでのフジ子のピアニストとしての軌跡を描いたNHKのドキュメント番組が大きな反響を巻き起こし、デビューCD、「奇蹟のカンパネラ」(1999)は、クラシック界では異例の90万枚以上の売り上げを記録した。しかし母、投網子さんは、フジ子さんが成功をする姿を見ることなく、亡くなってしまった。1993年、投網子没、享年90歳。

 番組を見て、改めて、母と娘の縁(えにし)、葛藤、絆を感じる。またしばらく新鮮な目で、あの絵を眺めながら暮らせる。

 冒頭の絵、「母の贈りもの」は、イラストを担当した初めての絵本、「紙のピアノの物語」の中の一枚。私の書棚に、彼女のエッセイ、「天使への扉 」(知恵の森文庫)と並んで置いてある。ふたりだけのつつましい生活を送くる母と少女の物語。ピアノが大好きな少女のために母が与えたのは、紙のピアノ。そんな紙のピアノがおこす奇跡とは ・・・?。

我が家のフジ子・ヘミング_b0102572_12180288.jpg



 紙のピアノの物語
 フジ子・ヘミング (著),松永 順平 (原著)
 講談社






彼女の演奏。2ndアルバム、「憂愁のノクターン」(2000)にも収録されている「ショパン」の「ノクターン」。

我が家のフジ子・ヘミング_b0102572_17112353.jpg


 
 憂愁のノクターン
 フジ子・ヘミング
 ビクターエンタテインメント





「フジ子・ヘミング - ノクターン第2番/ショパン」  
          


    


# by knakano0311 | 2020-02-25 17:31 | 音楽のチカラ | Trackback | Comments(0)

リアルな昭和の雰囲気に驚く

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_23503234.jpg
リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_00185138.jpg
リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_23505227.jpg
リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_00201243.jpg
 レトロな昭和の路地に迷い込んでしまった。そんな印象。煙草屋を兼ねた駄菓子屋。おばあさんが一人、居眠りをしながら、店番をしていそう。ハイライト、ピースなどの懐かしいデザインのパッケージ、これもよく見かけた大阪万博記念の「太陽の塔」のミニチュアが置いてある。ドアではなく、町家の玄関は引き戸、狭い和室に飾られたお雛様。

 そう、これは、1/12のサイズで再現された昭和の町並み。川西市郷土館で開催されている「ひな人形展」と同時開催されている「小さな和の世界展 ~お雛様と昭和の町並みをミニチュアで~」での一コマである。作り手は、西宮市で「和風ドールハウス アトリエ kinoe-ne」を主催する、「岸本加代子」さんと、パートナーの「安田隆志」さん。丁寧にリアルに作りこまれていて、あの時代の雰囲気が濃厚に立ち上る。

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_10502625.jpg
 こちらは同じ会場に展示されているリアルサイズの電化製品や家具などで再現された昭和。写真では見分けが付かないほどである。しばしのタイムスリップ。

 「浜田真理子」。昭和ノスタルジーの雰囲気を持つ曲を歌わせたら、この人の右に出るものはいないとさえ思っている。彼女の歌唱を3曲ほど ・・・。アルバムは、「mariko live ~romance~」(2005)と、「赤色エレジー(DVD)」(2007)から。

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_11363001.jpg


 mariko live ~romance~
 浜田真理子  
 美音堂







「浜田真理子 - 昭和ブルース」
          

「浜田真理子 - 俺はお前に弱いんだ」
          


 この「浜田真理子」によるカバー、「赤色エレジー」を挿入歌に起用したのが、1970年代初頭に「月刊漫画ガロ」で連載された「林静一」の代表作を、原作者自ら監督・作画を手掛てアニメ化したのが、「赤色エレジー」。その挿入歌を。オリジナルは、「あがた森魚(あがたもりお)」。余談ですが、「月刊漫画ガロ」は、「白土三平」の「カムイ伝」が始まった創刊号から最終話の号まで全てもっていました。

リアルな昭和の雰囲気に驚く_b0102572_11263058.jpg


 
 赤色エレジー [DVD]
 林静一 
 ビデオメーカー








「赤色エレジー - 浜田真理子」
          
   


   


# by knakano0311 | 2020-02-24 11:45 | サウダージ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12104758.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12111612.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12124672.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12130800.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12133167.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12590503.jpg
    
 いつものウォーキング。団地にある大きな溜池を取り巻く道筋には、なぜか梅を植えている家が多いので、かってに「梅ストリート」と呼んでいる。この「梅ストリート」、今が最高調の時期。「ボケ(木瓜)」もあるが、白、ピンク、赤、しだれ ・・・、様々な梅が一斉に開く。この時期、歩くのが楽しいお気に入りのコースである。そうそう、近くのスーパーで売っていた「ボケ」の鉢を買ってきました。

 さあ、お題は春のストリート。ご存知、「マイ・フェア・レディMy Fair Lady」の挿入歌、「君住む街角/On The Street Where You Live」です。

【 On The Streets where you Live 】 by Alan Jay Lerner / Frederick Loewe

「♪ I have often walked down the street before  いままで何度もこの通りを歩いてきたし
  But the pavement always           足元にある敷石も今までどおり
  Stayed beneath my feet before        前と変わったわけではない
  All at once am I                でも君が住んでいる街だと知った途端
  Several stories high              ビル数階分ほど
  Knowing I'm on the street where you live   舞い上がってしまう気分

  Are there lilac trees               ライラックの樹はあるかい
  In the heart of town?               街の真ん中に?
  Can you hear a lark in any other part of town?  街で雲雀のさえずりが聞こえるかい?
  Does enchantment pour              魅力が溢れ出しているかい?
  Out of every door?                どのドアからも
  No, it's just on the street where you live     いやそうだとすれば、
                             それはきっと君住む街にいるからだ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


まずは、「ヘティ・ケイト/Hetty Kate」。今年になってから、このブログで随分取り上げていますが、イギリス・ハンプシャー生まれ。「ペギーリー/Peggy Lee」の再来という触れ込みで、オーストラリアでデビューし、10年以上活躍、2009年からアルバムをリリースしてきたが 2017年よりフランスのパリを中心に活動しているという。アルバム、「Under Paris Skies」(2019)から。

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_23321809.jpg

 
 Under Paris Skies
 Hetty Kate
 Lisez L'Etiquette






「On The Street Where You Live - Hetty Kate & Frederick Loewe」
          

 
 1966年生まれのオランダ出身のジャズ・シンガー、「イルセ・ヒュイツインガー/Ilse Huizinga」のブロードウェイのナンバーを集めた魅力的なアルバム、「Beyond Broadway」(2005) から。ピアノ・トリオにサックスを加えたカルテット仕立て。ピアノは、彼女の夫で、アレンジャー、作曲家でもある「エリック・ヴァン・デル・リュイート/Erik van der Luijt」とのおしどりデュオ。
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_23223999.jpg

 
 Beyond Broadway(SACD)
 Ilse Huizinga/イルセ・ヒュイツインガー
 Maxanter






「On the Street Where You Live - Ilse Huizinga」
          

    
 次の「ストリート」ナンバーは、「On The Sunny Side Of The Street/明るい表通りで」。「ジミー・マクヒュー/Jimmy McHugh」作曲、「ドロシー・フィールズ/Dorothy Fields」作詞の、1930年のブロードウェイのミュージカル主題歌。古い古いスタンダードです。

【 On The Sunny Side Of The Street 】 by Jimmy McHugh,Dorothy Fields


「♪ Grab your coat and get your hat  コートをつかんで 帽子を持って
  Leave your worry on the doorstep  悩み事なんか玄関のところに置いてさ
  Just direct your feet        さあ、足を向けてごらん 
  To the sunny side of the street   日差しの明るい表通りへ

  Can’t you hear a pitter-pat?     パタパタという音が聞こえるだろ
  And that happy tune is your step   あの楽しげな音は君の足音さ
  Life can be so sweet          人生は楽しくなるさ
  On the sunny side of the street    日差しの明るい表通りを歩けば

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


 1930年といえば、前の年はウォール街株価大暴落による世界的な大恐慌が始まって年。貧困に喘ぎ、活気を失った多くの人々に希望や勇気を与え、大ヒットしたと言われる。


 歌は古いがコンテンポラリーな2人の歌姫で。まずは、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」、「シンプリー・ラブ/Simply Love」(2013)から。
さくらウォーキングのあとは十割蕎麦を ・・・_b0102572_10221770.jpg



 シンプリー・ラブ/Simply Love
 ヘイリー・ロレン/Halie Loren 
 Justin Time Records


            


            
「Halie Loren - On the sunny side of the street」
          

   
 そのスキャットが冴え渡るイタリアの歌姫、「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」。デビュー盤「イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love」(2006)から。
さくらウォーキングのあとは十割蕎麦を ・・・_b0102572_10231375.jpg

 イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love
 ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini
 SPACE SHOWER MUSIC




   
   
「Roberta Gambarini - On The Sunny Side Of The Street」 
          
    
    
    


# by knakano0311 | 2020-02-23 17:57 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11513693.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11515622.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11521943.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11523748.jpg
   
 いつものウォーキングの道筋。いつものアンティーク・ショップやパン屋の店先のディスプレイは、もうすっかり春の雰囲気。これからが楽しくなる春のウォーキング。

 今宵の曲、最初はピアノ・トリオ。御贔屓、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati Trio」で、「You'll Walk In The Field」。アルバムは、「Shades of Sounds」(2018)から。第2次世界大戦中に書かれたトラディショナル・ソングだという。静けさみ満ちた美メロの中にも、春の暖かさや喜びを感じられる。埋め込みができませんので、クリックしてください。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_17254140.jpg

 
 Shades of Sounds/シェイズ・オブ・サウンズ
 Alessandro Galati Trio/アレッサンドロ・ガラティ・トリオ
 寺島レコード






「You'll Walk In The Field - Alessandro Galati Trio」

 歌の方は、「I walk a little faster」。1957年、作詞「キャロリン・リー /Carolyne Leigh」、作曲「サイ・コールマン/Cy Coleman」による古いスタンダード。「当たって砕けろ」と、恋に前向きな歌。この歌好きです。

【 I Walk A Little Faster 】

「♪ Pretending that we'll meet あの人に会えるかもと思うと
   Each time I turn a corner  角を曲がるときはいつも
   I walk a little faster     ちょっと早足になるの

   Pretending life is sweet   きっと甘美な人生が待っているかも
   'Cause love is around the corner だってその角を曲がったところに愛があるかも
   I walk a little faster     そう考えるとちょっと早足になってしまうの

   Can't begin to see my future shine as yet 私の未来が輝いているかわからない
   No sign as yet, you're mine as yet あなたが私のものになるなんて兆しも全くないわ
   Rushing toward a face I can't divine as yet 方向もわからずただ突進してるだけ 
   Keep bumping into walls and taking lots of falls いつも壁に当たって転んでばかり

   But even though I meet  でも曲がり角で
   At each and every corner  いつも災難にしか
   With nothing but disaster  会えなかったとしても

   I set my chin a little higher,     私はちょっと顎を高く上げて
           hope a little longer  もうちょっとだけの辛抱だと考え
   Build a little stronger castle in the air  空想の頑丈なお城を頭の中に建て
   And thinking you'll be there      そこにあなたがいると考えるから
   I walk a little faster          ちょっとだけ早足になるの

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 いまノリノリのイタリアの若手ディーバ、「キアラ・パンカルディ/Chiara Pancaldi」で。同名のタイトルをつけたアルバム、「I Walk a Little Faster」(2015)から。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_18120952.jpg

 
 I Walk a Little Faster
 Chiara Pancaldi
 Challenge







「Chiara Pancaldi - I Walk A Little Faster」
          

  
 アメリカのフォーキー系ジャズ歌姫、「エリン・ボーデ(ボーディー)/Erin Bode」と続けましょう。アルバム、「Don't Take Your Time」(2004)から。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_18200274.jpg

 
 Don't Take Your Time
 エリン・ボーディー/Erin Bode
 Max Jazz






「I Walk a Little Faster - Erin Bode」
          

     








# by knakano0311 | 2020-02-22 18:29 | 地域の中で・・・

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_18023517.jpg
インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_18025680.jpg
インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_18164509.jpg
   
 所用で出かけたのは、大阪のど真ん中。大阪城公園が一望に見渡せるビルの最上階のカフェで遅めのランチ。OBP(大阪ビジネス・パーク)と大阪城。その奥には、奈良と県境の生駒山。その右には、二上山、葛城山と歴史の舞台になった山が連なっている。カフェからは確認できなかったが、駐車場の大型バスの数を見ると、インバウンドの要の観光客である中国観光客もめっきり減っているようだ。

 ということで、今宵のピアノは、「城/castle、chateau」がキーワード。「城」といえば、どうしてもヨーロッパ。ヨーロッパのピアニストの奏でる「城」を聴いてみましょうか。

 まずニューヨーク出身ではあるが、欧州で音楽活動を続けている、「ケニー・ドリュー/Kenny Drew」のトリオ演奏。たしかドロドロの愛憎ドラマだったと記憶している、映画「スウェーデンの城」のテーマ曲から。アルバムは、「Recollections/欧州紀行」(1989)。

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_23594481.jpg

 
 欧州紀行/Recollections
 ケニー・ドリュー・トリオ
 M&I







「Kenny Drew trio - Chateau en Suede」
          

   
 イタリア出身の大御所、ご贔屓の「エンリコ・ピエラヌンツィ /Enrico Pieranunzi」は、「Castle of Solitude」。アルバムは、「Dream Dance」(2009)から。鉄壁トリオは、「マーク・ジョンソン/Marc Johnson(bass)」と「ジョイ・バロン/Joey Baron(drums)」。

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_00101247.jpg

 
 Dream Dance
 エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi
 Camjazz







「Enrico Pieranunzi - Castle of solitude」
          

   
 「ティングヴァル・トリオ/Tingvall Trio」を率いる、スウェーデンのジャズ・ピアニスト、「マーティン・ティングヴァル/Martin Tingvall」の3rdソロ・アルバム、「The Rocket」(2019)から「Castle Song」。

インバウンドのお客さんもめっきり減ったとか ・・・_b0102572_00190017.jpg

 
 Rocket
 Martin Tingvall
 Skip






「Castle Song - Martin Tingvall」
          





# by knakano0311 | 2020-02-21 11:43 | おやじの遠足・街歩き

女雛の愁い

女雛の愁い_b0102572_10084781.jpg
 いつも利用している地域の図書館。毎年この季節になると、地元の旧家から寄贈されたという豪華なひな飾りが飾られる。今年は、新型コロナ・ウィルス騒ぎもあり、お雛様のお顔もなんとなく愁い顔に感じる。

 ということで、今宵の曲のお題は、「doll」。まずは、御贔屓、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。憂いに満ちた美メロ、「Worry Doll」。アルバムは、「テラ・フリオサ/Terra Furiosa」(2008)から。

女雛の愁い_b0102572_10090274.jpg

 
 Terra Furiosa  
 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ
 Discograph/ビデオアーツ・ミュージック




「Worry Doll (feat. Gianluca Renzi, Leon Parker) - Giovanni Mirabassi」  
          

 そして、「サテン・ドール/Satin Doll」という、スタンダード・ナンバーとして世界中で愛され、演奏され続けている曲がある。かのジャズ界の巨人、「デューク・エリントン/Duke Ellington」と「ビリー・ストレイホーン/Billy Strayhorn」による共作であるこの曲、「Satin Doll」が発表されたのは1953年。後に作詞家の「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」が歌詞をつけ、多くのシンガーにうたわれるようになった。まずは、そのご本家の演奏から。

「Duke Ellington - Satin Doll」
          


 歌版「Satin Doll」。歌うのは、「カーメン・マクレエ/Carmen McRae」。アルバム、「The Great American Songbook」(1972)から。彼女をサポートするパーソネルは、「ジョー・パス/Joe Pass(guitar)」、「ジミー・ロウルズ/Jimmy Rowles(piano)」、「チャック・ドマニコ/Chuck Domanico(bass)」、「チャック・フローレス/Chuck Flores(drums)」。

【 Satin Doll 】   by Duke Ellington/Billy Strayhorn, lyrics by Johnny Mercer

「♪ Cigarette holder which wigs me ちょっと気になるね あの長キセル   
   Over her shoulder, she digs me.  彼女は肩ごしに俺を品定め   
   Out cattin' that satin doll.     俺を誘っているのかな あのサテン・ドール
   
   Baby, shall we go out skippin?  外へ行こうかベイビー スキップして   
   Careful, amigo, you're flippin',  気を付けなよアミーゴ ちょっと浮かれすぎ   
   Speaks Latin that satin doll.   あの子はラテン系だぜ サテン・ドール

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 長ギセルの女性。「オードリー・ヘップバーン/Audrey Hepburn」の映画、「ティファニーで朝食を/Breakfast at Tiffany’s」(1961)を思い出しますね。

女雛の愁い_b0102572_17143855.jpg

 Great American Songbook
 カーメン・マクレエ/Carmen McRae
 Atlantic / Wea







「Satin Doll - Carmen McRae」
          

 オランダのピアニスト、「ピム・ヤコブス/Pim Jacobs」の奥さんで、「アン・バートン/Ann Burton」と実力・人気を二分したオランダの歌姫、「リタ・ライス/Rita Reys」の歌唱。アルバム、「Rita Reys Meets Oliver Nelson」( 2003)から。
女雛の愁い_b0102572_17204901.jpg

 
 Rita Reys Meets Oliver Nelson
 リタ・ライス /Rita Reys
 ユニバーサルJ






「Satin Doll - Rita Reys · Oliver Nelson」
          


# by knakano0311 | 2020-02-19 17:40 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_17571574.jpg

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_17574809.jpg

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_17582942.jpg


 いつものウォーキングの道より一筋外れた道。我が団地の一角、空き地だったところに、立派なゲートが建っている。なんだろうと思ってみると、「TOHSHIN ROSARIUM」と書いてある。何年か前までは、確か住宅が建っていて、それを取り壊して、平地になっていたところ。1、2年前くらいからか、シニアの男性が一人でコツコツと鍬を入れたり、肥料を撒いたり、物置を設置していたので、家庭菜園でも始めるのかなと思っていた。ところが、しばらく見ない間に、ゲートや洋風の東屋が建ち、たくさんの薔薇の苗が植わっている。「薔薇園(ロザリウム/rosarium)」を作っていたんだ。薔薇の育成は大変だと聞いている。しかも、手作り薔薇園である。この春には、これらの苗に薔薇が咲き、かぐしき香りが立ち込めるだろう。それにしてもどんな人が ・・・。

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_23281870.jpg



 今宵の曲、ブラジルの歌手、作曲家で、ボサノヴァの創始者、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」や「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」ら、ブラジル音楽に大きな影響を与えたとされる「ドリヴァル・カイミ/Dorival Caymmi」の薔薇にちなんだ曲を。2008年8月、リオデジャネイロのコパカバーナにある自宅で、多臓器不全のため94歳で亡くなったという

 まず、「バーデン・パウエル/Baden Powell」の叙情的なギター演奏で、「Das Rosas/バラについて」。 アルバムは、「Tristeza on Guitar」(1966)から

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_23230101.jpg

 
 TRISTEZA ON GUITAR
 バーデン・パウエル /Baden Powell
 MU PR






「BADEN POWELL - Das Rosas」
          

 1964年、アメリカの国民的ポップスター、「アンディ・ウィリアムズ/Andy Williams」がドリヴァルの「Das Rosas」を歌って大ヒットしたという。1965年、「The Andy Williams Show」でのデュオで。

「Das Rosas - Dorival Caymmi & Andy Williams」
          

 次の曲は、ずっと歌い継がれて、彼の名曲の一つに挙げられている「Rosa Morena/ポルトガル語;ホーザ・モレーナ スペイン語;ロサモレナ」。「どこにいくんだい? バラの髪飾りのモレーナ 気取らないでサンバをしようよ! みんな待ちくたびれてるよ!」という内容のようだ。

 「イリアーヌ・イリアス/Eliane Elias」などブラジル出身の歌手のカバーが多くあるが、ドリヴァルを崇拝するという「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」の弾き語りで。アルバムは、晩年来日した時の「João Gilberto In Tokyo」(2004)にも収録されているが、アップされていないので、2000年、ブエノス・アイレスでの「カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso」とのライブから。

路傍の花、樹々の鳥(369) ~ 手作りのROSARIUM ~_b0102572_00141302.jpg


 
 In Tokyo by Joao Gilberto
 ジョアン・ジルベルト
 Verve





「João Gilberto - Rosa Morena」
          



# by knakano0311 | 2020-02-18 10:06 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)