人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

オオムラサキ翔んだ 

オオムラサキ翔んだ _b0102572_17305083.jpg

オオムラサキ翔んだ _b0102572_17314947.jpg


 活動拠点の公園が、今年から行っているプロジェクト、「オオムラサキの人口飼育」。幼虫が無事育っていることは、1カ月ほど前に取り上げたが、今日見ると、雌の「オオムラサキ(大紫)」一頭が羽化し、ケージの中を飛び回っていた。数日前に羽化したという。
  
 私がこの公園で「オオムラサキ」を見るのは10年ぶりくらい。もっともっと増やして森に帰ればいいなあ。もし、子供たちが、野生の「オオムラサキ」を見れば、その感動は一生残るに違いない。 


オオムラサキ翔んだ _b0102572_17354697.jpg

オオムラサキ翔んだ _b0102572_17360683.jpg


 「タケニグサ(竹似草)」を駆除する今日の作業中に見つけたのは、「カマキリ(蟷螂)」の「卵鞘(らんしょう)」、または「卵嚢(らんのう)」とよばれる包み。スポンジ状で結構分厚く、暑さ、寒さ、乾燥、湿気を防ぎ、また外からの衝撃から卵をしっかりと守っているのだそうだ。
  
 見つけた「卵鞘」は、長さ、20~30㎜ほどなので、この森でよく見かける小型の「ハラビロカマキリ(腹広螳螂)」のものでしょうか。「卵鞘」にはもう孔が開いているので、すでに孵化は終わっている。一斉に100~300匹の赤ちゃんが生まれるという。たしか先週幼体を見かけたが、ここから孵化したのだろうか。2枚面の写真は「カマキリ」の孵化の様子で、NETより拝借したものですが、なにかすごく感動的ですね。これも、一度見てみたいものです。

オオムラサキ翔んだ _b0102572_18013721.jpg
    
 今宵のピアノ。現代のジャズ・シーンを賑わせているイスラエル出身のアーティストのひとり、「ヤニフ・タウベンハウス/Yaniv Taubenhouse」のトリオの演奏で、「Blue Forest」。
  
 イスラエル、テルアビブ出身の彼は、6歳からピアノ演奏を開始。15歳から聖歌隊の伴奏者としての活動を開始。2009年にはアメリカに渡り、2013年からは、ニューヨークを拠点に活動し、名門校「ニュー・スクール」ではジャズや現代音楽を学んでいるというから、まだ若い逸材でしょう。その、「ヤニフ・タウベンハウス」の演奏は初聴き。「MOMENTS IN TRIO VOLUME ONE」(2015年録音)、「Perpetuation」(2018年)に続く 「MOMENTS IN TRIO」シリーズの第3弾、「Roads. Moments In Trio: Volume Three」(2020)を聴く。
  
 自作曲とスタンダード・ナンバーをミックスしたこのアルバム、端正でリリカル、情感豊かなピアノ・ジャズを聴かせてくれる。阿吽の呼吸で絡み合いながら展開していくメンバーは、「ヤニフ・タウベンハウス(p)」、「リック・ロザート/Rick Rosato(b)」、そして「ジェラッド・リッピ/Jerad Lippi(ds)」。前2作も聴いてみたくなりました。


オオムラサキ翔んだ _b0102572_22570718.jpg

 Roads. Moments In Trio: Volume Three
 Yaniv Taubenhouse
 Fresh Sound France







「Blue Forest - Yaniv Taubenhouse」

      

   
   
 「Blue Forest」のライブ・バージョン、スタンダード「You'd Be So Nice to Come Home To」を ・・・。

「Yaniv Taubenhouse Trio - Blue Forest(Live)」

「You'd Be So Nice to Come Home To - Yaniv Taubenhouse」






# by knakano0311 | 2021-06-18 00:30 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

雨が良く似合う

雨が良く似合う_b0102572_16573349.jpg

  
 今日も朝から雨。「アジサイ(紫陽花)」は、なぜか雨が良く似合う。花も葉も瑞々しさが一層増し、色鮮やかに見える。ご近所のあじさい寺はどうだろうか。

 今宵の曲、文字通り、生涯を「デューク・エリントン/Duke Ellington」の影武者として活躍した、「ビリー・ストレイホーン/Billy Strayhorn」の曲で、「Multi-Colored Blue」。直訳すれば、「色とりどりのブルー」。ちょっと矛盾していますが、歌詞を読んでいただければ、納得できるでしょう。

【 Multi-Colored Blue 】 by Billy Strayhorn

「♪ Out of sorrow   悲しみから抜け出して
   In the daylight  陽の光を浴びたら
   Comes a blue sound ブルーなサウンドが聴こえてきた
   Wisperin' gently   優しく囁くように
   Hearts wide open   心は大きく開かれ
   Life will shine with the colors of new day 人生は新しい色に彩られ輝くでしょう

   Yellow the daffodil  黄色はたんぽぽの色で
   Violet the morning sky ヴァイオレットは朝の空の色
   Red the rose      赤は薔薇の色で
   Purple the night     紫は夜の色
   Brown the autumn leaf  茶色は秋の葉っぱの色で
   Blue , so blue my heart  ブルー、そうブルーは私の心の色
   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


雨が良く似合う_b0102572_22090668.jpg
 
 さて、今宵の歌い手、正統派ジャズ・ヴォーカルの系譜に連なるイタリアの歌姫、「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」。豊かな表現力と圧倒的な歌唱力で、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」、「サラ・ヴォーン/Sarah Vaughan」、「カーメン・マクレエ/Carmen McRae」といった伝説的ジャズ・シンガーたちの再来とも呼ばれているという。

 1972年、トリノ生まれ。ジャズ好きの両親の間に生まれ、17歳から北イタリアのジャズ・クラブで歌い始めたが、18歳で、ジャズ・シンガーとしてのキャリアを築くためミラノに移る。数々の国内フェスティバルやコンペで入賞後、1998年には、活動の拠点をニューヨークに移し、その年の「セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・ヴォーカル・コンペティション」で3位に入賞、本格的にジャズ・シンガーとしてのキャリアを歩みだした。
   
 「エラ・フィッツジェラルド」のような技巧的なスキャット、「サラ・ヴォーン」のような幅広い音域、「カーメン・マクレー」のような圧倒的声量といった要素を持っているということで、その当時相当期待された新人歌手。デビュー・アルバムは、グラミー賞ベスト・ジャズ・アルバム部門にノミネートされ、SJ誌ゴールド・ディスクにも選定された「Easy to Love」(2006)。その後、日本でも多くのファンを獲得し、度々の来日を果たしている。「Multi-Colored Voice」で歌う「Multi-Colored Blue」、アルバム「Easy to Love」から。
  

雨が良く似合う_b0102572_17192848.jpg

 イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love
 ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini
 SPACE SHOWER MUSIC







「Multi-Colored Blue - Roberta Gambarini」

      

  


   

# by knakano0311 | 2021-06-17 00:30 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~

 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_17594140.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_17585775.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_18001127.jpg

   
 蒸し暑さをこらえながら、日課のウォーキング。目にとまるのは、もう春ではなくて初夏の花。「シャラノキ/サラノキ(娑羅樹)」、「サラソウジュ(沙羅双樹)」などと呼ばれる「ナツツバキ(夏椿)」の純白、「タイサンボク(泰山木)」の大きな花の白さが、鮮やかに目を射る。
   
 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_18090654.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_18093254.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_18151142.jpg

  
 「バラ(薔薇)」や「サツキ(皐月)?」もまだまだ負けていません。「タチアオイ(立葵)」は、もう上まで花が開いてしまいましたが、梅雨は ・・・。

  
 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_18161987.jpg

   
 我が家の鉢植えの「ナニワノイバラ(浪花野茨)」は相当遅れ、やっと咲きだした。それにしても蒸し暑い。暑さを吹き飛ばしてくれる一陣の風が欲しくなる。


   
 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_10282904.jpg
   
 今日の曲、台風のような恋心を歌った「Wild Is The Wind」。「Love me, love me ・・・」という言葉で歌い出される切ない歌詞と哀切漂う美しいメロディで、多くのアーティストにカバーされている曲である。今宵の歌い手は、最近聴いていいなと感じた、米国西海岸を拠点に活躍するヴォーカリスト、「カリ・​カークランド/Kari Kirkland」。彼女のデビュー・アルバムで同名のタイトルの、「Wild Is The Wind」(2021)から。
  
 「野性の息吹き」という邦題がついているが、「マイ・フェア・レディ/My Fair Lady」で知られている「ジョージ・キューカー/George Cukor」監督の1957年の同名の映画の主題歌として、「ジョニー・マティス/Johnny Mathis」によって歌われたという。その後、「ニーナ・シモン/Nina Simone」、「デヴィッド・ボウイ/David Bowie」など多くの歌手によってカバーされている。作曲は、あの映画音楽の巨匠、「デミトリー・ティオムキン/Dimitri Tiomkin」。


【 Wild Is The Wind 】 by Ned Washington / Dimitri Tiomkin

「♪ Love me, love me,        愛してよ 愛してよ
        love me, say you do  愛していると言ってよ
  Let me fly away with you   わたしと一緒にここから飛び立とうよ
  For my love is like the wind,    だって、わたしの愛は風だから
     and wild is the wind     激しく吹きすさぶ風なの
  Wild is the wind          激しく吹きすさぶ風なんだから


  Give me more than one caress,       もっともっと抱いて
     satisfy this hungriness          この飢えを満たすほどに
  Let the wind blow through your heart  風よ 私の心を吹き抜けてよ
  For wild is the wind,           だって、わたしの愛は風だから
        wild is the wind       激しく吹きすさぶ風だから
     
  You touch me         あなたが私に触れるとき
  I hear the sound of mandolins 私にはマンドリンの音が聞こえる
  You kiss me          あなたが私にキスをするとき
  With your kiss my life begins  そのキスで私の人生がよみがえる
  You’re spring to me, all things to me あなたは私の源、すべてなの
  Don’t you know, you’re life itself! わからないの 私の人生そのものなのよ


  Like the leaf clings to the tree  木にしがみつく木の葉のように
  Oh, my darling, cling to me   愛する人よ 私から離れないで
  For we’re like creatures of the wind, だって、わたしたち二人は風が作り出したもの
      and wild is the wind   激しく吹きすさぶ風が
  Wild is the wind         激しく吹きすさぶ愛の風が二人を ♪」
  
   
 

 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_10232829.jpg
  
 「カリ・​カークランド」、かなり異色のキャリアの持ち主で、二人ともミュージシャンの両親は米国出身であるが、彼女はカナダ生まれ。ツアーで北米大陸を車で旅して過ごしたという。
 
 2000年代は、カナダでいろいろなジャンルの音楽活動をし、さらにヨーロッパへ渡り4年間を過ごし、シアトルでは8年間、なんとサーカスの空中ブランコ・パフォーマーとして活躍し、その相方と結婚したという。きっと苦労人なんでしょうね、初志貫徹、その後、歌手デビューとなった。(空中ブランコ・パフォーマーの頃の写真がNETにアップされている)
  
 彼女は、「ナンシー・ウィルソン/Nancy Wilson」、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」、そして「ジュリー・ロンドン/Julie London」を深く敬愛しているという。そんな感じは彼女の歌唱を聴くと、さもありなんと思えるし、その辺が、私が好印象を持った所以でもある。ピアニスト、「シェリー・バーグ/Shelly Berg」が、アレンジも含め、全面プロデュースしたアルバム。

 それぞれの曲を艶やかな歌声で丁寧に歌い上げているが、タイトル曲、「Wild Is The Wind」と懐かしいスタンダード「It's Alright With Me」、「Steamroller Blues」を。


 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_10213593.jpg
   
 Wild Is The Wind
 Kari Kirkland
 Slea Head







「Wild Is The Wind - Kari Kirkland」

      
  
「It's Alright With Me - Kari Kirkland」
  

「Steamroller Blues - Kari Kirkland」


 2016年1月になくなってしまった「デヴィッド・ボウイ/David Bowie」を偲んで、彼の歌唱も聴いてみましょうか。アルバム、「Station to Station」(1976)に収録されていますが、オフィシャル・ビデオと、2000年のロンドンでの熱唱のライブ映像で。


 路傍の花、樹々の鳥(414) ~ 蒸し暑さをこらえて ~_b0102572_1522912.jpg

 STATION TO STATION
 デビッド・ボウイ/David Bowie
 EMI







「David Bowie - Wild Is The Wind (Official Video)」


「Wild is the Wind - David Bowie (Live BBC Radio Theatre 2000)」


 追)やはり、「ニーナ・シモン/Nina Simon」も聴きたくなりました。

「Nina Simone - Wild Is The Wind (Live In New York 1964)」

  


  
# by knakano0311 | 2021-06-16 00:30 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

久々の雷鳴に驚く

久々の雷鳴に驚く_b0102572_13075162.jpg

久々の雷鳴に驚く_b0102572_13092235.jpg

  
 昨夜、日付の替わる頃であったか、久々に聞いたものすごい雷鳴と稲妻、そして激しい雨。これも久々で、瞬時停電も起こった。ちょうどPCを使っていたので、ちょっと心配になったが、最近の機器やネットワークはそういう対策はちゃんとできているようで、案の定何事もなかった。雷は30分ほどのどんちゃん騒ぎの末、遠くへと去っていった。
  
 翌朝、空は、秋空かと思うほどの、雲一つない真っ青な空。少し花弁は散っていたが、「ユリ(百合)」も「アジサイ(アジサイ)」も何事もなかったように、鮮やかさを増していた。

 今宵の曲は、ブルースの名曲で、ジャズ・スタンダードでもある、「Come Rain Or Come Shine」。「降っても晴れも」という邦題がついている。「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」作詞、「ハロルド・アレン/Harold Arlen」作曲で、1946年に「St. Louis Woman」というミュージカルのために作られて曲だそうだ。

 「come rain or shine」、「人生晴れる時も曇りの時も・・・」とおんなじ意味の、「どんなことが起きようとも」と言う意味。


【 Come Rain Or Come Shine 】 by Johnny Mercer , Harold Arlen

「♪ I'm gonna love you like nobody's loved you, 他の誰よりも君が好きさ
  Come rain or come shine.   どんなことが起きたってね
  High as a mountain and deep as a river,  山のように高く海のように深く愛してる
  Come rain or come shine.   どんなことが起きたってきっと 

  Well I guess when you met me    君と初めて会った時は
  That it was just one of those things,  これは単なる一つの出来事と思っていた 
  But don't you ever bet me,   今もそんな風に思っていると思わないでくれ
  'Cause I'm gonna be true if you let me.  許してくれるなら一途にそう思うよ

  You're gonna love me like nobody's loved me, 他の誰よりも僕を好きになってくれ
  Come rain or come shine.   どんなことが起きたってね
  Happy together, unhappy together,  幸せでも不幸もでもね
  Won't that be fine?     そして、それが最高じゃないか?

  Day may be cloudy or sunny,  人生、曇りの時も晴れの時もあるさ
  We're either in or we're out of the money. 富める時も貧しい時も
  I'm with you always.   でもいつも君のそばにいるよ
  I'm with you rain or shine.  どんなことがあってもね

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」


 ブルースのレジェンド二人、「B.B.キング/B.B. King」、「エリック・クラプトン/Eric Clapton」の初のデュオ・アルバム、グラミー賞受賞に輝く、「Riding With The King」(2000)から。


久々の雷鳴に驚く_b0102572_13494434.jpg

 Riding With the King
 B.B.キング&エリック・クラプトン/B.B. King & Eric Clapton
 Reprise







「B B King & Eric Clapton - Come Rain Or Come Shine」

      


 すこしジャズの色合いを濃くしましょうか。この人ももうレジェンド、「カッサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」。当時若手で売り出し中のピアニストだった「ジャッキー・テラソン/Jacky Terrasson」を起用したデュオアルバム、「テネシー・ワルツ/Rendezvous」(1997)から。


久々の雷鳴に驚く_b0102572_13593341.jpg

 テネシー・ワルツ / Rendezvous
 カサンドラ・ウィルソン&ジャッキー・テラソン
 EMIミュージック・ジャパン







「Come Rain or Come Shine - Cassandra Wilson」

 「イーデン・アトウッド/Eden Atwood」、「This Is Always: Ballad Session」(2004)、「アーロン・ネヴィル/Aaron Neville」、「Nature Boy: The Standards Album」(2003)も聴いてみてください。

久々の雷鳴に驚く_b0102572_14081784.jpg

 This Is Always: The Ballad Session
 Eden Atwood/イーデン・アトウッド
 Groove Note Records







「Come Rain or Come Shine - Eden Atwood」


久々の雷鳴に驚く_b0102572_14133193.jpg

 Nature Boy: The Standards Album
 Aaron Neville/ アーロン・ネヴィル
 Verve







「Come Rain Or Come Shine - Aaron Neville」

  


   


# by knakano0311 | 2021-06-15 00:30 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~

 路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~_b0102572_16365151.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~_b0102572_16370905.jpg

    
 「トウネズミモチ(唐鼠黐)」に代わって、この時期、団地の公園でよく見かける花は、「ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)」。「ツクバネウツギ(衝羽根空木)」の園芸種で、春から秋(6〜10月)のかなり長期間に渡って、​鐘形の小さい花を多数咲かせる。暑さ寒さや乾燥に強く、公園や道路の脇などによく植えられる。果実がプロペラ状の「萼(ガク)片」をつけ、羽根突きの「衝羽根(ツキバネ)」に似ること、枝の様子が「ウツギ(空木)」に似ていることに由来するという。(「萼片」の写真はNETより拝借)

 路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~_b0102572_16360675.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~_b0102572_16362181.jpg

    
 そして、「サンゴジュ(珊瑚樹)」。「ガマズミ科ガマズミ属」に属する常緑高木で、厚くて水分の多い葉や枝は、火をつけても泡をふくばかりで燃えにくく、そのため、防火樹として庭木や生垣によく用いられるという。秋に真っ赤に熟した果実をびっしりとつけ、その姿を海の「サンゴ(珊瑚)」に見立てて、「珊瑚樹」と名付けられた。(「果実」の写真はNETより拝借)
    
 さて今宵の曲、少し夏向きに参りましょうか。「Beyond the Reef (珊瑚礁の彼方に)」。去ってしまった恋人を想う切ない歌で、ハワイアン・ソングのスタンダードでしょうか。「ジャック・ピットマン/Jack Pitman」というなぜかカナダ出身の作曲家が、1948年に作ったという。1950年に、「ビング・クロスビー/Bing Crosby」がカバーして、全米で大ヒット。私が覚えているのは、ハワイアン・バンドの全盛期、ほとんどのバンドがカバーしていたこと、たしか「エルヴィス・プレスリー/Elvis Presley」が主演映画、「ブルー・ハワイ/Blue Hawaii」で歌ったことくらい。
    

【 Beyond The Reef 】 by Jack Pitman

「♪ Beyond the reef        珊瑚礁の彼方
  Where the sea is dark and cold 暗く冷たい海に
  My love has gone        私の愛は去ってしまった
  And our dreams grow old    そして育んだ私たちの夢も

  There’ll be no tears    涙は流していないかもしれないし
  There’ll be no regretting  後悔もしていないかもしれない
  Will he remember me   でも私のことは覚えているかしら?
  Will he forget?      それとも忘れてしまったかしら?
   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」
   
 歌い手は「小野リサ」。アルバムは、ベスト・アルバム「LISA CAFE ~Tempo Feliz~」(2014)、オリジナルの「Bossa Hula Nova」(2001)。

 路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~_b0102572_17541689.jpg

 LISA CAFE~Tempo Feliz~
 小野リサ
 ソニー・ミュージックダイレクト





  

 路傍の花、樹々の鳥(413) ~ 初夏の公園で咲く ~_b0102572_17543055.jpg

 LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA
 小野リサ
 EMIミュージック・ジャパン







「Beyond The Reef - Lisa Ono」

      



  

# by knakano0311 | 2021-06-14 00:30 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)