人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

秋探しウォーキング

いつも季節の変わり目になると、「季節探しウォーキング」と称して歩くコースがある。我が家から、1時間40分ぐらいかけて歩く。私の住んでいる地域は、住宅地と農地と里山とゴルフ場が微妙に混在している地域である。付近には、いくつものゴルフ場が点在しているが、最も近いのは歩いて20分ぐらいか。しかし、この近辺のゴルフ場では一度もプレイしたことはなく、ゴルフを止めた今は近くに在っても、「宝の何とやら・・・」となっている。

そのうちの3つのゴルフ場と里山を抜けていくウォーキング・コースが、季節の訪れ、気配をいちはやく感じ取れるため、私のお気に入りコースになっていて、季節の変わり目になると、いつも歩くのだ。自然の移ろう気配をゆっくりと感じながら、ウォーキングし、終着点のスーパー・マーケットで昼食、買い物をして電車で帰ってくる。先日のウォーキングの道すがらに撮ったスナップ写真を掲載しますが、少しは秋の気配が感じ取っていただけるでしょうか?

秋探しウォーキング_b0102572_17345971.jpg秋探しウォーキング_b0102572_17352615.jpg







 山の小径にはどんぐりが一杯       咲き始めた萩の花 

秋探しウォーキング_b0102572_1736764.jpg秋探しウォーキング_b0102572_1741245.jpg







 収穫間近の大粒の能勢栗       里山、蓮池と黄金色の稲穂  

秋探しウォーキング_b0102572_1744616.jpg秋探しウォーキング_b0102572_17442710.jpg







 芝と木々の深まるコントラスト     わずかに色づきはじめた木々


家に帰ったら、故郷から秋の贈物、葡萄が届いていた・・・ 。


9月を代表するスタンダード曲といえば「September Song/セプテンバー・ソング」。この「セプテンバー・ソング・・」という語感、響きに、えもいわれぬ郷愁、センチメンタルを感じる。「センチメンタル・ジャーニー」なんて曲も、私にとっては同一線上のイメージに並ぶ曲である。この曲、もともとは、1930年代のミュージカルの曲であるが、1951年の映画「旅愁」に主題歌として使われ、一躍有名になった曲である。『5月から12月までは長い長い日々がある。だけど、9月になると、もう残りの日は少なくなる。私ももう人生の9月、残りの貴重な日々をあなたと過ごしたい。』という、ちょっと深い人生の意味を歌う愛のバラード。皆さんは人生の何月にさしかかっているのでしょうか・・。

1933年生まれ、76歳。この歳でも音楽活動意欲は衰えず、最近も、「ノラ・ジョーンズ」、「ダイアナ・クラール」らとコラボした新アルバム「アメリカの歌」をリリースした、アメリカが誇る国民的シンガー「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」。そのポップス史上に残るスタンダード傑作集「スターダスト/Stardust」から、「セプテンバー・ソング」を。このアルバムで彼は、スタンダードを本当に渋く、年輪を重ねた人にしか歌えないような味わいで歌っている。カントリー出身の歌手であるが、もはやカントリーという枠では括りきれない、真のアメリカン・ミュージックを歌う「ウィリー・ネルソン」。

Stardust
Willie Nelson / Sony Budget
ISBN : B00002DEUF
スコア選択:

「SEPTEMBER SONG - WILLIE NELSON」

          

そして、オーディオ・ファンたちにモテモテの女性シンガー「ジャシンサ/Jacintha」の「Lush Life」から。(拙ブログ「アジアの癒し姫たち」、 「オーディオ・ファンは癒し姫の夢を見る」参照) その深く柔らかな癒しの歌声にはオーディオ・ファンならずとも癒されるのは間違いない。

Lush Life

Jacintha / JVC



「SEPTEMBER SONG - JACINTHA」

          
by knakano0311 | 2009-09-09 15:30 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/11871298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 店頭のピアニスト さあ、騙されてみようか ・・・ >>