人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

60歳過ぎても観たい恋愛映画

私は、心の初々しさや色気を失わないためにも、結構「恋愛映画」を見ますが、シニアの皆さんにも、照れずに見ることを、ぜひお薦めします。映画館ではシニア料金は1,000円、夫婦どちらかが50歳以上であれば、夫婦で2000円の「夫婦50割引」サービス。レンタルビデオ店では、旧作DVDを半額のシニアサービス、または100円キャンペーンなどで手軽に楽しめるからです。

さて、退職してからは、「義理チョコ」などまったく縁がなくなった「バレンタイン・ディ」が近づいてきました。そんなバレンタインの時期だからこそ、シニアの皆さんにお薦めしたい恋愛映画があります。お薦めするのは、すこし遠回りかもしれないが、ひたむきさを貫く一途な愛、そんな東洋的な情感に彩られた恋愛映画、私が好きな「泣ける」アジア系恋愛映画です。

最初は、北京オリンピックの開会式・閉会式の総監督を手がけた「チャン・イーモウ/張芸謀」監督が、「グリーン・デスティニー」、「HERO」、「SAYURI」、「女帝」などのいまや中国を代表する人気女優「チャン・ツィイー/章子怡」の初主演で描いたラブストーリー「初恋のきた道」(1999年)。都会から来た若い教師に恋心を抱いた村の少女は、なんとかその想いを手作り料理に込めて、教師に伝えようとするが…。  

初恋のきた道 [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント



香港ラブストーリの名匠「ピーター・チャン/陳可辛」監督の代表作「ラヴソング」(1997年)。「チャン・ツィイー」と並んで「HERO」にも出演していた香港映画を代表する女優「マギー・チャン/張曼玉」、「花の生涯〜梅蘭芳〜」の「レオン・ライ/黎明」が織りなす10年の恋を描く。夢を抱いて中国大陸から香港に渡って来たばかりの、純朴で優しい青年シウクワン(レオン・ライ)、同じ大陸出身者ながらも器用にたくましく社会にとけ込んで働くレイキウ(マギー・チャン)。一見対照的ではあるが、二人の出会い、別れ、そして再会するまでを、返還直前の香港を舞台に、この映画のキーワードにもなっている「テレサ・テン/鄧麗君」のヒット曲に乗せて描く、切なくも暖かい10年の恋物語。映画中、主題歌や挿入歌として、中国のカラオケでは大人気の、テレサ・テンの歌う「甜蜜蜜」、「涙的小雨(長崎は今日も雨だった)」「再見!我的愛人(グッド・バイ・マイ・ラブ)」、「月亮代表我的心」などが流れる。

ラヴソング [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



中国のカラオケ・バーなどで日本人の駐在員が必ずといっていいほど歌っている歌が、「甜蜜蜜」、「月亮代表我的心」。語学習得にも、カラオケ・バー嬢とのコミュニケーションにも絶大なる威力を発揮するらしいテレサの歌が聴けるアルバムは「テレサ・テンエッセンシャル・ベスト」。中国・台湾へ訪問の予定のある方は、中国語の歌の練習にどうぞ・・・。

注)甜蜜蜜;蜜のように甘い 君の笑顔はとても甘い まるで春風にゆれる花のように ・・・
  月亮代表我的心; ・・・・私の愛は本物なの 月が私の心を表しているわ ・・・

テレサ・テンエッセンシャル・ベスト

テレサ・テン / ユニバーサル ミュージック

 

韓国は「イ・ジェハン」監督の「私の頭の中の消しゴム」(2004年)。建設会社の社長の娘スジン。彼女は妻ある男性と不倫の関係にあったが、ついに破局を迎える。その夜、傷心のまま彷徨っていた街で一人の男性チョルスと出会う。やがて再会した2人は、ほどなく恋に落ち、幸せの中結婚するが ・・・・。記憶を失う難病に冒された妻とその夫の愛を描くラブストーリー。

私の頭の中の消しゴム [DVD]

ジェネオン エンタテインメント



これら映画が描くのは、あまりにも純粋な恋愛の世界、もはや日本の現実とはかけ離れていて、日本の俳優ではもう演じられないかも知れない。そして、恐らくは経済的成長が著しい中国や韓国の社会でも急速に失われつつある純粋さであるかも知れない。物質的には恵まれないが、どこまでも純情で真っ直ぐな人々が生きていけたかっての社会。この映画はそんなもう失なわれてしまったかもしれない、人が持つ純粋な想いや感情に、心をつかの間向けさせてくれる映画である。

さあ照れずに、ご夫婦?で観て、色気も恋心もたっぷりとあった、あの頃の時代に一瞬でも帰ってみましょうか ・・・。
by knakano0311 | 2010-02-05 13:17 | シネマな生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/12744069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 炭焼き小屋から(1) 炭焼き体験 匠を支えた道具たち・竹中大工道... >>