人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

ボサノバはお好き?(7) 増補~ 忘れちゃいけない ~

b0102572_2321970.jpg
(写真左より;チアォン・ネット、ジョビン、スタン・ゲッツ、ジョアン・ジルベルト、ミルトン・バナナ カーネギー・ホールにて 青土社発行;「アントニオ・カルロス・ジョビン~ボサノヴァを創った男」より)




JAZZボッサのカテゴリーで、何人かのアーティストを紹介するのを忘れていました。ボケの始まりですかねぇ・・・。

ボサノバがアメリカへ渡って花開いた1960年代は、JAZZでは「ビ・バップ」の全盛期。黒人ミュージシャンを中心とした「ハード・バップ」が主流のイーストコースト派が人気を集めていた。これに対し、西海岸、カリフォルニアの白人JAZZマンを中心としたウエストコースト派は、その白人好みのソフィスケートされたJAZZボッサにとびついたのである。ボサノバを持ち込んだ、「チャーリー・バード」や「ハービー・マン」、JAZZボッサの創始者「スタン・ゲッツ」、「デイヴ・ブルーベック」、「ポール・デスモンド」、「ジェリー・マリガン」、「ゲイリー・マクファーランド」、「ズート・シムズ」などが相次いでJAZZボッサ・アルバムを発表した。

その中で、ウエストコースト・ジャズを代表するジャズ・サックス奏者の一人が「ポール・デスモンド/Paul Desmond(1924年11月25日-1977年5月30日)」。「デイヴ・ブルーベック・カルテット」在籍時に作曲した「テイク・ファイヴ/Take Five」などでよく知られるJAZZミュージシャンである。

その「ポール・デスモンド」のJAZZボッサアルバム「テイク・テン/Take Ten」を聞き出してから40年ちかくになるかなあ。確か、学生時代によく通っていた、グリル「B軒」のマスターのMさんが好きだったアルバムのひとつだった。「ポール・デスモンド」とギターの「ジム・ホール」がフィーチャーされたアルバムで、タイトルは「デイブ・ブルーベック・カルテット」の大ヒット作、5/4拍子で演奏される「Take Five」に引っ掛けたもの。粋ですね。「Alone Togather」のほか、「エル・プリンス」、「埠頭」、「黒いオルフェ/カーニバルの朝」、「オルフェのサンバ」など軽やかであるが、哀愁漂う名演がいっぱい。40年間聴いても、いまなお飽きない名盤。

Take Ten

Paul Desmond / RCA



オリジナル曲中心の全編ボサ・ノヴァのアルバム。前作同様、聴けば、コパカバーナの夕暮れの海岸に一人佇む気分。心の底から癒される一枚、「ボッサ・アンティグア」。そのほかのアルバム、「サマータイム」、「デスモンド・ブルー」などもお薦め。

ボッサ・アンティグア

ポール・デスモンド / BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)




アルバム「テイク・テン」から「黒いオルフェのテーマ/Theme From Black Orpheus」 を「Paul Desmond Quartet」の演奏で。ギターは「ジム・ホール」。




同じくウエスト・コーストを代表するひとりが「ジェリー・マリガン/Gerry Mulligan」(1927年4月6日 - 1996年1月20日)。ジャズ界では数少ないバリトン・サックス奏者であり、ピアニストしても知られる。豪快なバリトン・サックスのソロで有名になった「ジェリー・マリガン」だが、ここで繰りひろげるスマートで上品な夜のイメージ。ボサノヴァ曲「カーニヴァルの朝」、ショパンのクラシック曲「プレリュード:ホ短調」、それにスタンダード。イージーリスニング的だけど、イージーリスニングとはひと味違う極上のジャズ。なんと冒頭のタイトル曲ではピアノを弾いているのだ。

Night Lights

Gerry Mulligan / Verve




b0102572_10185111.jpg

そして、わがJAZZミューズ、「ダイアナ・クラール」を忘れてはいけませんね。1990年代以降に最も成功したジャズ歌手の一人が、「ダイアナ・クラール/Diana Krall (1964年11月16日 - )」。カナダ生まれの女性ジャズ・ピアニスト、歌手。15歳の時、レストランでピアノ演奏を始め、17歳になってからは奨学金を得て、ボストンにあるバークリー音楽大学に入学、卒業した。 バークリー音楽学院では、同級生に「小曽根真」がいたという。その後、クラールの演奏を聞き興味を持った著名なベース演奏者、「レイ・ブラウン」と出会い、ロサンゼルスへと旅立ち、1990年からはニューヨークを中心に活動している。
2003年12月にイギリス生まれのロック・ミュージシャン、「エルヴィス・コステロ」と結婚し、ファンを落胆させた。2006年12月には双子の男の子を出産し、一時音楽活動を休止したが最近復活した。

デビュー・アルバムは、「ステッピング・アウト/Stepping Out」。サード・アルバム、「オール・フォー・ユー~ナット・キング・コール・トリオに捧ぐ/All for You: A Dedication to the Nat King Cole Trio」(1996年)は、グラミー賞にノミネートされ、また70週間もの間、ビルボード誌のジャズ・チャートに上がっていた。「ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ/When I Look In Your Eyes」(1999年)では「ジョニー・マンデル」によるオーケストラ・アレンジのバックもあり、再度グラミー賞にノミネートされ、クラールはその年の最優秀ジャズミュージシャンとして表彰された。2001年9月にクラールはワールドツアーを開始し、フランス・パリのパリ・オリンピア劇場でのライブは彼女の初めてのライブ・アルバムとしてリリースされた。これにより彼女は二つ目のグラミー賞(最優秀ジャズボーカル)を受賞したのだ。

その代表的なアルバムから「ザ・ルック・オブ・ラヴ/The Look Of Love」。スローなボッサのけだるさが、オジサンにはたまらない。

ザ・ルック・オブ・ラヴ

Diana KrallUniversal Music =music=



彼女の好みなのか。マーケティングなのか、多分その両方なんでしょう、アルバムには必ずといっていいほど、ボサノバ・テイストの曲を入れている。このアルバムはタイトルでも分かるように、「イパネマの少年」を含む、エレガントかつロマンティックなボサ・ノヴァ&バラード。まさに大人のための極上ミュージック。

クワイエット・ナイツ

ダイアナ・クラール / UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)



リード・トラックの「レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス/Let's Face The Music And Dance」でいきなりノックアウトされてしまう。

ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ

ダイアナ・クラール / ユニバーサル ミュージック クラシック



スタンダード中のスタンダード、「I've Got You Under My Skin」をはじめ、「The Look of Love」、「 Fly Me To The Moon」などがボッサ・テイストで・・・。

ライヴ・イン・パリ

ダイアナ・クラール / ユニバーサル ミュージック クラシック



もちろんベスト盤にもこれらの曲は入っているので、これからダイアナを聴いてみようという人にはお薦め。

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ダイアナ・クラール(初回限定盤)(DVD付)

ダイアナ・クラール / UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)



パリでのライブから、「DIANA KRALL」の「I've Got You Under My Skin」




蕎麦屋でも流れているほどの昨今のボサノバブーム、ボーカルといえば殆ど女性ボーカルが中心。かって「アスラット・ジルベルト」や2人の女性リード・ボーカルを擁した「セルジオ・メンデスとブラジル’66」がボサノバの一つスタイルを創った。そのことが、50年後の今、ボサノバが、なじみやすい、癒し系の音楽として世界的に発展し、女性ボーカル全盛の時代を迎えたのであろう。

さあ、日本のJAZZボーカルもあげておかなければいけませんね。ボサノバに似合うスモーキーな声の持ち主といえば、「鈴木重子」でしょうか。癒し系の代表みたいになっていますが、ちゃんとしたJAZZ歌手だとその実力を私は評価しています。誰かが言っていたように「自然派のヴォーカリスト」というのが正しい評価でしょう。いくつものアルバムでボサノバを歌っているが、ここでは、ボサノバが多く収録されているベスト盤をあげておきましょう。

プレゼンサ~ザ・ベスト・オブ・鈴木重子

鈴木重子 John Lennon Paul McCartney A.Menken Stephen Schwartz Eric Clapton Will Jennings Antonio Carlos BMG JAPAN



ボッサ・アレンジではありませんが、そのナチュラル・ボイスをお聞きください。 「鈴木重子」のうたう「シェルブールの雨傘」。


 

ながながと、「ボサノバ語り」にお付き合いくださいましてありがとうございました。 

では、最後に、「ボサノバ」という素晴らしい音楽を創り出してくれた「アントニオ・カルロス・ジョビン」に感謝と敬意を表して、「マイケル・フランクス」が、「ジョビン」に捧げた米国製ボサノバの名曲、「アントニオの唄/ANTONIO'S SONG」を ・・・・ 。
「マイケル・フランクス/Michael Franks」は、ジャズやボサ・ノヴァなどの要素をとりいれ、都会的でおしゃれなポップ感覚の歌と演奏を聴かせるアメリカのシンガー・ソングライター。



 
by knakano0311 | 2010-03-08 09:28 | サウダージ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/12937616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< これはヤバイ! 韓流JAZZ ボサノバはお好き?(6) ~ ... >>