人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

模索する歌姫たち

音楽CDの売り上げが音楽配信などの影響で落ち込んでいるというのはよく聞く話である。その中でもJAZZの分野はどうであろうか?カテゴリー毎のデータを知らないので断言できないが、相当厳しいのではないだろうか。その証拠に広告収入が激減してJAZZ専門誌の老舗「スイングジャーナル」が休刊するという。コアなJAZZファンというのは、シニア、団塊世代を中心にした高年齢者であると思われ、結局のところ、これらの固定客層を各レコード会社が奪い合っているのではないだろうか。次第に年金生活に入った彼ら、私を含め、CDを自由に買えるほどの余裕もなく、もちろん外国に比べ、べらぼうにといっていいほど高いフィーをとるJAZZクラブやコンサートなどについても同様である。かくして日本におけるJAZZ文化、JAZZ産業は残念ながら、さらに衰退の一途を辿っていくに違いないのである。その点で、JAZZが比較的充実しているご近所のTSUTAYAは本当にありがたい。

模索する歌姫たち_b0102572_1718263.jpg

久し振りに買ったJAZZミューズの新作2アルバムがある。一人目は、「ニッキ・パロット/Nicki Parrott 」。オーストラリア出身で、ブロンドの長い髪をなびかせ、ウッド・ベースを弾きながら歌う彼女のスタイルは、ジャズだけに限らず、多くの音楽ファンの関心を引き、大ヒットのデビューを飾った。もちろん彼女の実力も認めるが、この成功は「ヴィーナス・レコード」のマーケティングの成功のようにも思える。ベースをつま弾きながらテンダーなヴォーカルを聴かせる「ニッキ・パロット」の新作、第三弾は、「ブラック・コーヒー」。「ジュリー・ロンドン」や「ペギー・リー」へのオマージュである。ピアノ・トリオを核として、相変わらずセクシーな歌唱で魅了してくれるが、今回は今までにもまして彼女のベースワークがたっぷり聞ける。サポートは、「ジョン・ディ・マルティーノ」が率いるピアノトリオ他、実の姉を含むおなじみの面々。

JAZZ界低迷の中で、模索しているのは、アーティスト側からすれば、自分自身の個性を表現する新しいスタイル、レコード会社からすれば、JAZZファンにアピールする新しいスターの発掘であろうが、「ニッキ・パロット」の成功により、その方向性の一端が見えてきたのではないか。アーティストは聴いてくれるファンがいればそれでいい訳で、一番模索しているのはもちろん、レコード会社であるのだが ・・・。それにしても、この1500円という低価格はありがたい。今は世の中総じてデフレの時代、それからすれば遅きに失した感もあるが、この価格は我々にとっては大歓迎。

ブラック・コーヒー

ニッキ・パロット / ヴィーナスレコード



聴いてみますか? 「ニッキ・パロット」の歌う「You'd Be So Nice To Come Home To」を。 いやあ、ベースが様になっていますね。魅せるベース、男ではこうはなりませんね。



 

模索する歌姫たち_b0102572_2318218.jpg

二人目のミューズ「ステイシー・ケント/Stacey Kent」の2年半ぶりの新作は、「パリの詩/Raconte-Moi... (Tell Me)」。前回のブルーノートへの移籍第一弾は、日系人の作家「カズオ・イシグロ」の詩を全面的に採用したオリジナル曲集「市街電車で朝食を/Breakfast On The Morning Tram」であった。(参照「読むJAZZ(7)~音楽と夕暮れをめぐる五つの物語~」) このアルバムは、彼女の新しい世界が開け、フランス文化省からの勲章、グラミー・ノミネートなど商業的にも大成功であった。今回はステイシー初の全曲フランス語アルバムである。フランスで何度もコンサートを行ってきた「ステイシー・ケント」。これまでも「セルジュ・ゲーンズブール」や、「シャルル・トレネ」、「アンリ・サルヴァドール」など、フランス語の曲をアルバムに収録していますが、今回は、ジョビンやスタンダードにフランス語詞をつけたナンバーに加え、若手ライター達がステイシーのために書き下ろした新作を加えた全12曲で構成。とびっきりオシャレで耳心地よさ抜群のフレンチ・ヴォーカル・アルバムに仕上がっている。今回のこの新しい模索もきっと成功するだろうが、彼女にとってアルバム作りは、ゴールの見えてこない、永遠に続く終わりなき模索かもしれない。

Raconte Moi

Stacey Kent / EMI France




聴いてみますか? 我がJAZZミューズの一人、 「ステイシー・ケント」が歌う「Close Your Eyes」を。 この曲を聴くといつも私はメロメロになってしまうのです・・・ 。


 
 
by knakano0311 | 2010-05-21 08:52 | ミューズたちの歌声 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/13189907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 笑えない話  ~ 映画・人生に... レジェンド・オブ・ジャズ、「ハ... >>