人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

ふるさとエレジー(2) ~七夕人形がつなぐ想い~

b0102572_13554973.jpg

ふるさと松本の七夕は、旧暦で行われる。仙台の七夕などと同じように八月六日から七日にかけて行われる。そして思い出す七夕の光景はといえば、「七夕人形」。全国でも松本地方だけの風習らしいが、この地方では七夕に「人形」を飾るのである。願い事や「天の川」、「彦星」、「おりひめ」などと書いた短冊を笹や竹につるして飾るという一般的な「七夕飾り」と共に、男女一対の木製や和紙製で作られた「七夕人形」を軒下につるしてお祝いをするのである。この「七夕人形」を飾る風習は、江戸時代から今に伝えられている風習で、お雛様や五月人形と同じように、赤ちゃんの誕生の初節句に、その健やかな成長を祈って贈られる人形である。松本は城下町。「松本てまり」、「姉様人形」とともに「押絵びな」が武家の子女により盛んに作られたという。その延長上にこの「七夕人形」もあるという。そして旧家の「七夕人形」のコレクションも市の重要有形民俗文化財になっている。

b0102572_1653384.jpg

「ぼんぼん」、「青山様」そして「七夕人形」といい、山国の信州松本の城下町に、このような江戸時代からの風習が残っているのは、松本の人たちが伝統を重んじ、親から子へ、さらに孫へと七夕には人形を飾って、その思いを伝えてきたからなのである。本当に素晴らしい行事だとおもう。

市内の人形店が軒を連ねる小路を訪ね、妻は一つは自分のために、そしてもう一つは、ちょっと気が早いが、11月に生まれる予定の初孫の健やかな成長を祈って贈るため、冒頭の写真のような「七夕人形」を買い求めたのである。

b0102572_1657562.jpg

実家に戻って、戸棚を整理していると、もう今はすっかり年老いたので、作ることもないが、「和紙人形」づくりを趣味としていた母親が、かって自分で作った可愛らしい小さな「七夕人形」を見つけた。きれいな和紙を使って丁寧に作ってある。こんな趣味を楽しんでいたころは母も活き活きとしていたのだが ・・・。早速、その人形をもらってきたが、妻も手芸を趣味としているので、いづれそれを手本として「七夕人形」を作ってみようと思っているらしい。私の母親から妻へ、妻から息子のお嫁さんへ、そして孫へと、「七夕人形」を通じて「想い」がつながっていけば本当に素晴らしいし、そこに伝統行事や風習というものの本質をうかがうことが出来る ・・・ 。



わたしは晩生(おくて)だったので、少年時代には、こっちが一方的に思いを寄せる「おりひめ」はいたが、私自身はついぞ「彦星」にはなりえなかった。そんなほろ苦さを感じさせるアルバムは、「村下孝蔵/初恋~浅き夢みし」か ・・・ 。1999年に46歳の若さで急逝した「村下孝蔵」が1983年に発表したアルバム。「初恋」、「踊り子」など、彼の代表作は私にとって、心の中にかろうじて残っている少年時代を思い起こさせるエレジー。

初恋~浅き夢みし

村下孝蔵 / ソニーレコード



聴いてみますか? 「初恋」。

          

 
by knakano0311 | 2010-08-03 09:24 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/13689335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キッズ at 2010-09-01 22:20
タイトル : キッズ
可愛い赤ちゃんに水着を着せて初めてのお家のビニールプールで水遊びに海や川デビューを応援しています 水遊び用のオムツやグッズも用意して楽しい思い出を作ってあげませんか 子供と赤ちゃん 幼児の水着通信販売 Kids... more
<< 路傍の花、樹々の鳥 (8) ~... ふるさとエレジー(1) ~幼な... >>