人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

「007」の作曲家 ジョン・バリーさん死去

b0102572_1563288.jpg

ロイター通信によると、ジョン・バリーさん(英国出身の作曲家)が1月30日、心臓発作のためニューヨークで死去した。77歳。
ロンドンで作曲を学び、ジャズ・バンド活動後、映画音楽を数多く手がけた。「007」シリーズの「ゴールドフィンガー」「ロシアより愛をこめて」などのテーマ曲が有名。映画「愛と哀しみの果て」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」などでアカデミー賞を5回受けた。 (朝日新聞ニュースより)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

私のとって思い出深い作曲家である。007シリーズの映画は全部見たし、全24巻のDVDも持っている。「イアン・フレミング/Ian Lancaster Fleming」の原作も早川書房のペーパーバックでずいぶんと読んだ。そして、ボンドガールの「ウルスラ・アンドレス/Ursula Andress」、「ダニエラ・ビアンキ/Daniela Bianchi」などにずいぶん心をときめかしたものである。そして、そのバックにいつも流れていた音楽は「ジョン・バリー/Jonathan Barry Prendergast OBE」のあのテーマ曲であった。エレキギターの乾いた音を効果的に映画音楽につかった最初の曲ではなかったろうか。

合掌 ・・・・ 。


「007危機一発より/ジョン・バリー楽団」

         
 
 
 
by knakano0311 | 2011-02-03 14:59 | 訃報を聞いて | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/14854101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 続・ご近所の冬景色 ご近所の冬景色 >>