大屋地爵士のJAZZYな生活

「毎日じいさん」しています

b0102572_1733271.jpg

秀逸な映画(DVD)を観た。人気漫画家「西原理恵子(さいばらりえこ)」のベストセラー漫画を映画化した「毎日かあさん」。かって実際の夫婦であった「小泉今日子」と「永瀬正敏」が夫婦役で共演したことで、芸能ニュース的な話題を呼んだ映画でもある。しかし、そんなミーハー的な関心事は見事に吹き飛ばし、秀逸な二人の演技で、大きな感動を呼ぶ映画であった。女性漫画家とその夫でアルコール依存症の元戦場カメラマン、やんちゃ盛りの6才の息子と4才の娘からなる家族のリアルな日常生活のドタバタが、リアルな視点とやや毒気のあるユーモアで描かれていく。カメラマンであった夫、「鴨志田穣」と西原自身の実体験に基づいた話であるというが、決してきれいごとでは進んでいかない、どこにでもある家族の実生活が淡々と描かれているが、その視点の温かさに感動を覚える佳作であった。監督は「小林聖太郎」。

漫画家のサイバラは、子供たちに振り回されながらもたくましく毎日を送っていた。一方で元戦場カメラマンの夫カモシダは、アルコール依存症から入退院を繰り返す毎日。やがてふたりは離婚を決意し…。

毎日かあさん(通常版) [DVD]

キングレコード



それにしても元アイドル「小泉今日子」は、「グーグーだって猫である」(2008年)、「トウキョウソナタ」(2008年)でもそう思ったが、本当にいい女優になったと思う。

b0102572_16214160.jpg

そして、エンディングに流れていた歌、これがまたすごかった。DVDでも鳥肌が立ったくらいストーリーにマッチしていたし、何と言ってもその声のチカラと存在感に圧倒された。「ケサラ/CHE SARA」。歌っているのは  「木村充揮(きむら あつき)」。「天使のダミ声」と評されている歌手である。確かに「ジョー・コッカー/Joe' Cocker」、「トム・ウェイツ/Tom Waits」などブルースの系譜に連なる歌手を想起させる声である。それもそのはず、かって一世を風靡したブルース・バンド「憂歌団」のリード・ヴォーカルであったのだ。「鴨志田穣」さんも生前は「憂歌団」の曲が好きだったと、西原理恵子さんが語っているというので、そんな縁からエンディングに使われたのかもしれない。

「ケサラ/CHE SARA」。そうとう昔であるが「ケ・セラ・セラ」という「江利チエミ」でよく知られた歌とは違うが、スペイン語?で意味は同じ「なるようにしかならないさ」いった意味であろう。原詩は、貧しい村の様子と、その生活に退屈した若者が村を捨てて出て行くといったストーリーらしいが、これがなぜか、反戦・革命の歌に変貌してしまい、世に知られるようになったというから不思議である。木村は、それとはまったく別の訳詞をつけ、愛と希望の歌に再び変貌させたのだ。

「♪ ・・・ ケサラ ケサラ ケサラ/今日の一日を/前を向いて歩いてく/ケサラ サラ サラ ・・・ ♪」

東北の被災地で圧倒的に支持されていると聞く。

さあ、わたしも明日からもまた「毎日じいさん」。前を向いてを生きていくとしますか ・・・・。

小さな花

木村充揮 / ヒップランドミュージック



「木村充揮 - ケサラ/Che Sara」

         
[PR]
by knakano0311 | 2011-09-26 09:19 | シネマな生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/16334645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< シャボン玉飛ばせ 虫めづる爺い >>