大屋地爵士のJAZZYな生活

春一番を食べて動く ・・・

b0102572_11225071.png

「テオ・ヤンセン/Theo Jansen」というオランダ人の彫刻家がいる。彼の作品は、彼自身が「キネティック・スカルプチャー/」とよんでいる巨大な構造物を、風の力だけで歩行させるのである。「風を食べて動く生命体」、そんなキャッチ。プラスティック・チューブを骨格として組み上げられたその作品は、エネルギーを風から取りこみ、自身で歩行することができる。何年か前に、日本で彼の作品の展示会が行われたが、TVでそのニュースを見て、心を奪われるくらいの衝撃を受けた。とにかくその作品を見ていただこう。「ストランド・ビースト/Strandbeest」と名付けられている作品である。

「Theo Jansen ― "Strandbeest" 」

     

単なるモビールとか動く芸術といったレベルのものではなく、それをはるかに超えた自然とテクノロジーの邂逅、調和といった意識や、風力エネルギー、生命の不思議といった科学への関心、あのメカニズムとその仕組み、ものづくりのテクノロジーなど広い範囲への興味を引き起こさせる。哲学的ですらある。まだ実物を見た事が無いが、YOUTUBEにアップされている、いくつかの動画を見たら、三陸の浜辺を鎮魂のために歩かせてみたいという思いがふとよぎった。

b0102572_10483622.jpg

あの「ストランド・ビースト」をミニサイズ化した「テオ・ヤンセンのミニビースト」が学研、「大人の科学」で発売されているので、さっそく買ってきた。全長20cmほどのミニサイズものであるが、組立はいたって簡単で、1時間半ほどで完成。ドライヤーで風をあてるとすっと動き出したので、さっそく山遊びをしている公園の原っぱに持って行って、春風の中で動かしてみた。わずかな風でも風を食べて動く。しばらくして春一番と思われる絶好の風。いや、動く、動く。それを見ていた犬がおびえるほどに。久しぶりの太陽。もうコートもいらない暖かさ。間違いなく春がやってきた。  

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)

学習研究社



その美貌と華麗な歌声で、日本でも高い人気を誇る女性ジャズ・シンガーは、「ソフィー・ミルマン/Sophie Milman」。1983年、ロシアのウラル山脈に生まれ、ユダヤ人差別からイスラエルへと移住するという厳しい生活環境に育ったが、10代の頃からミュージカルのオーディションに合格するなど、音楽的才能を発揮していた。その後、カナダへ移住し、「ジャニス・ジョプリン/Janis Joplin」、「チャック・ベリー/Chuck Berry」などを手がけた大物プロデューサー、「ビル・キング/Bill King」に見いだされ、2004年にアルバム、「ソフィー・ミルマン」で、カナダでのデビューを果たした。ジャズ・スタンダードから、ポピュラー・ソング、ボサノヴァにシャンソン、ロシア民謡といった幅広い選曲と、それらを歌いこなす彼女の歌唱力に多くの人がファンとなった。私も「花丸合格」を与えたひとり。デビュー・アルバムに比べ、やや地味めの2ndアルバム、「メイク・サムワン・ハッピー/Make Someone Happy」から、「It Might As Well Be Spring/春の如く」を。

Make Someone Happy

Sophie Milman / Linus



2007年7月4日に開催されたモントリオール国際ジャズ音楽祭でのコンサートを収録したDVD。

Live in Montreal [DVD] [Import]

Sophie Milman / Linus


                    
サンバのリズムに乗って軽快にソフィーが歌う「春の如く」は、そのモントリオール・ジャズ・フェスでのライブから。


「Sophie Milman - It Might As Well Be Spring」
 
                                                                                                               
                                                           
 
                    
                                             
                             
                         
[PR]
by knakano0311 | 2012-03-19 10:52 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/17925954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春は来ぬ/Spring is ... 「Esperanza」は希望 >>