人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

閑話休題:山の花、家の花、公園の花、花づくしの一日

b0102572_1891233.jpg

30cmくらいあろうか、この山で一番大きな葉っぱを持つ木「ホウノキ(朴の木)」の花が咲いている。「モクレン(木蓮)」とおなじ「マグノリア系」の落葉高木で大きな花が咲く。花の咲いている期間は短いので、一週間後にはもう落下しているだろう。

葉は芳香があり、殺菌作用があるため食材を包んで、「朴葉寿司」、「朴葉餅」などに使われる。また、火に強いため味噌や他の食材をのせて焼く「朴葉味噌」、「朴葉焼き」といった郷土料理の材料として利用されることもご存知でしょう。われわれも野外で食事をするときの器代わりによく利用する。

b0102572_18232681.jpg
b0102572_18271738.jpg

 
この山に自生したものではないだろうが、今目立って満開になっているのは、「ヒトツバタゴ(一つ葉タゴ)」。白いひも状の花が枝先につく。別名は「ナンジャモンジャノキ」。「タゴ」とは「トネリコ」の別名で、「トネリコ」は複葉だが、これは単葉なので「一つ葉のトネリコ」という意味で「ヒトツバタゴ」の名前が付いたという。別名の「ナンジャモンジャ」は、昔明治神宮に植えられていたが、この木の名前を誰も分からなかったので、こう呼ばれたという説がある。そして、山頂へと続く道は、「モチツツジ(黐躑躅)」が満開。  

b0102572_22303348.jpgb0102572_2230463.jpg

そして、家の庭はといえば、「オオデマリ(大手毬)」が主役。「コデマリ(小手毬)」よりやや遅れて咲き出すが、咲き始めは黄緑色であった花の色は、今まさに純白。自然が作り出すこの「白」は、光沢や輝きがあって奥深い神秘さを感じさせる。そして、妻のお気に入り、ドイツ生まれなのでしょうか、青のグラディエーションが美しい「西洋アジサイ(紫陽花)」の園芸種、「HBA ババリア」もほかのアジサイに先駆けて満開。

b0102572_22455421.jpgb0102572_2246821.jpg

さあ、山遊びから帰って、午後にやってきたのは、恒例、伊丹・荒牧バラ公園。20年前の平成4年に開園し、1.7ヘクタールの園内に世界のバラ約250種1万本が咲き誇る。天気も上々、老人施設からやってきたの多くのお年寄りたちが、色とりどりの薔薇やその香りを楽しんでいた。母もそんな風に楽しんでいてくれたら ・・・、ふとそう思う。

b0102572_07423.jpg

さて、大輪のマグノリア系の花、あるいは大輪の真っ赤な薔薇を見て想起される歌手といえば、「ジェーン・モンハイト/Jane Monheit」である。写真のように、どうみても「猫科系猛獣」の肉食系女子。今私が紹介している「スエーディッシュ・ビューティ」とは真逆の感じです。まあ、たまには爺さんでも、こってりしたステーキなんぞ頬張りたくなる時があるのです ・・・。

「ジェーン・モンハイト」は1977生まれの生粋のNYっ子。音楽一家に育ち、1998年、数あるジャズのコンクールのなかでも現在最も権威あるといわれる「セロニアス・モンク・コンペティション」のヴォーカル・コンペで2位を獲得し、弱冠22歳の若さで、アルバム「Never Never Land(邦題;マイ・フーリッシュ・ハート)」で、レコード・デビューした実力派。その肉食系の美貌には似合わず、意外と可愛げな甘い歌声で、ノリもいい本格派といえよう。歌唱力に深みがないという評もあるが、観て、聴いて楽しめる歌手であることは間違いない。「百聞は一見にしかず」、「レインボー・ルーム」で行われたライブの映像をご覧いただこうか。

「レインボー・ルーム」は、、ニューヨークのシンボルの1つ「ロックフェラー・センター」内の「ロックフェラー・プラザ」65階にある。マンハッタンの美しい夜景を眺めながら、高級料理と音楽を楽しむための、もっとも豪華なディナー&ダンシング・レストランが「レインボー・ルーム」であるという。男性はタキシード、女性はイブニング・ガウン、またはカクテル・ドレスとドレス・コードも厳しいという。もちろん私は行ったことはありませんがね ・・・。

ライヴ・アット・ザ・レインボールーム [DVD]

ジェーン・モンハイト / ビクターエンタテインメント



b0102572_2356172.jpg
Live at the Rainbow Room/Jane Monheit/Encoded Music



客へのサービスも満点、ノリノリの「チーク・トゥ・チーク/Cheek To Cheek」。
                                                                             

「Cheek To Cheek-Jane Monheit-Live at the Rainbow Room」
                                                                         
    
                                                                         
   
  
by knakano0311 | 2012-05-18 10:39 | 我が家の歳時記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/18304400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スエーデン美女シンガー図鑑(そ... スエーデン美女シンガー図鑑(そ... >>