大屋地爵士のJAZZYな生活

北欧美女シンガー図鑑(その3) ~ノルウェイ、癒しの熟女は ・・・ ~

b0102572_14591075.jpg

百花繚乱、数ある癒し系、あるいは「Jazzy,Not Jazz」系シンガーの中にあって、私のイチオシかもしれないシンガーは、「インガー・マリエ(・グンデルセン)/Inger Marie Gundersen」。オーガニック系の美女シンガーが多い中で、彼女達とは一線を画し、アンニュイで少しダーク、大人のムードを湛え、いぶし銀のように一際光っている。2004年のJAZZシーンに彗星のごとくデビューした時から、ずっと気になっている歌手である。1959年生まれというから、45歳のデビュー、相当な遅咲きである。今年になってリリースされた最新作を含めても、アルバムはまだ4枚という寡作なシンガーでもある。

デビュー作「Make This Moment 」(2004)、セカンド・アルバム「By Myself 」(2006)、第三作「My heart would have a reason 」(2009)、そして今年1月にリリースされた最新作が、「For You」。

b0102572_15504861.jpg

三作目のライナーノーツにのっていた彼女の座右の銘は、「Less is more ・・・」。歌においても人生においても、「歌いすぎない」、「音を溢れすぎさせない」、「飾り過ぎない」・・・。音の空白や無音の瞬間を大事にする、そんな彼女の歌唱スタイルが成熟した女性を感じさせる。

アンニュイで、ちょっとダーク、決して明るく健康的とはいいがたい声であるが、かえってそれが北欧の乾いた空気と、さらっとしたぬくもりを感じさせ、私にとってこよなく心地いい。

「キャロル・キング/Carole King」の大ヒット曲「Will You Still Love Me Tomorrow」を始め、「Fool On The Hill/Nature Boy」などのポップスや、ジャズのスタンダードを中心にジャンルを越えて、多くの人々の心をつかんだデビュー・アルバムは、「Make This Moment」。 

Make This Moment

Inger Marie Gundersen / CD Baby



2作目のタイトルを『BY MYELF』にした理由を聞かれて、「 『BY MYELF』は、ある意味このアルバムの雰囲気を表していると思う。ちょうどアルバムを準備している時の孤独感のような…。また、これはとてもステキな昔のスタンダード曲のタイトルでもあるのよ。」と答えているが、先駆者「カーリン・クローグ/Karin Krog」のデビュー・アルバムが「By Myself」だったことを思うと、多分トリビュートの意味も込められていたんだと思う。

By Myself

インガー・マリエ / コロムビアミュージックエンタテインメント



前作同様、「ジョージ・ハリソン/George Harrison」の名曲「Something」をはじめ、「スティング/Sting」、「ジョニー・ナッシュ/Johnny Nash」など多様なアーティストのヒット曲をカバーしている。さらに、「ロバータ・フラック/Roberta Flack」の「The first time ever I saw your face」も。相変わらずのアンニュイな雰囲気の中にも美しさと上品さが漂う。

マイ・ハート・ウッド・ハブ・ア・リーズン

インガー・マリエ / インディーズ・メーカー



「私のすべての想いを、大震災と津波による被害を被り、愛する人さえも失った日本のすべての人々に捧げます。このアルバムをFOR YOU、あなたのために・・・」と語る「インガ―・マリエ」。最新作、「フォーユー」。ここでの「How Insensitive」は、今まで聴いたいくつもの「How Insensitive」の中で、ベストの部類の歌唱に入る。

フォー・ユー

インガー・マリエ / T.A.C.S



私にとって、究極の癒し歌かもしれないヘビー・ローテの曲は、「Fool On The Hill/Nature Boy」、「Will You Still Love Me Tomorrow」。デビューアルバム「Make This Moment」から。

「Fool On The Hill/Nature Boy - Inger Marie Gundersen」

       



「Inger Marie Gundersen - Will You Still Love Me Tomorrow」

          

「By Myself」より、「ジョージ・ハリソン」のカバー、「I Will」。

「I Will ‐ Inger Marie Gundersen」

          

最新アルバム、「For You」から「Answer Me, My love」。円熟し、美しく老いている彼女。

「Inger Marie - Answer Me, My love (Official Video) 」

                

        
YOUTUBEから4曲も紹介するとは、相当な入れこみかもしれません ・・・。
[PR]
by knakano0311 | 2012-05-29 00:26 | おやじのジャズ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/18342074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Yves Saint L.. at 2014-10-17 09:09
タイトル : Yves Saint Laurent イヴサンローラン
ノルウェイ美女シンガー : 大屋地爵士のJAZZYな生活... more
<< 北欧美女シンガー図鑑(その4)... 北欧美女シンガー図鑑(その2)... >>