大屋地爵士のJAZZYな生活

熱中症も怖いですが ・・・

b0102572_186381.jpg

 
さて本日、猛暑の中での山作業は「熱中症」が怖いのであきらめて、手入れをしている山の「ナラ枯れ調査」をすることになった。「ナラ枯れ」は、「松枯れ」とならんで、全国に被害が拡大していて、深刻な問題になっている。「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。

b0102572_1114930.jpg
ミズナラ、ブナ、コナラ、クヌギなどのナラ類、シイ、アラカシ、シラカシなどのカシ類は、身近な森林を形成している馴染のある樹木であるから、「ナラ枯れ」は身近な自然に係わる怖い問題でもある。「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、真夏から晩夏にかけ急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色に枯れてしまう。1本の木から数万頭が羽化するといわれ、一度罹ると、その森には爆発的に被害が拡がるという。

実は、京都府は全域、兵庫県でも丹波篠山あたりまで被害が拡大しており、この近くの山でも被害が見つかったという報告もあるので、我々の山でも時間の問題かと危惧されていた。早い時期に被害を発見し、拡大しないように、対策うつため、幼虫が羽化した後の被害を発見しやすいこの時期に、目視により被害確認を行おうとするものである。

「ナラ枯れ」は木に水分が上がらないために発症し、「熱中症」も水分不足で熱がこもるため発症する。ナラ枯れ調査の我々が、熱中症になってはシャレにもならないので、十分な水分と塩飴などを持って、調査を開始する。2時間ほど調査を行ったが、我々の受け持ち区域では、幸いなことに被害木は発見できなかった。

森に入ると、緑陰。すっと暑さが和らぎ、尾根に出ると吹き抜ける風に爽快感を覚える。今年初めて聴く蝉の声。やはり梅雨は明けたんだ。山頂近くで見つけた「野いちご」の「赤」が、この日の厳しい暑さを忘れてしまうほど、一際鮮やかであった。
 
午後からは、この暑さにめげずやってきたシニアの里山ウォーキングのグループを案内し、さらにこの暑さで例年より早く熟れてしまった「ヤマモモ(山桃)」の実を、食育イベントのために採集して、この暑い一日を終える。

b0102572_16102589.jpg

「熱中症」も怖いが、もっと怖いらしい「恋の熱中症」に誘う薬は、「惚れ薬、媚薬、ラブ・ポーション/Love Portion」である。「愛の妙薬」という偽の惚れ薬をめぐるオペラを半分眠りながら見たことがありますが ・・・。さて、その昔、1960年ころだったと思うが、「ザ・クローヴァーズ/The Clovers」だったか、「ザ・サーチャーズ/The Searchers」だったかによってヒットした曲に、「ラブ・ポーションno.9/Love Potion No.9」という曲があった。邦題は、「恋の特効薬」、たしか「サザン・オールスターズ」もカバーしていたと思います。いまや「寺嶋レコード」の看板女性ボーカル、「MAYA」もカバー・タイトルのアルバムをコロンビア時代に出しています。ハスキーがかった声で、ジャズ、ラテン、ポップスを自在に歌いこなす小悪魔的な独特の魅力を持つ彼女に、インディ・レーベル時代から魅かれていた。まっ、彼女の振り撒く「ラブ・ポーション」にすっかりやられたのでしょう ・・・。

Love Potion No.9

Maya 松尾明 TAKE TEN フェビアン・レザ・パネ 吉野弘志 岩瀬立飛コロムビアミュージックエンタテインメント



タイトル曲のいいアップがYOUTUBEに見当たらないので、ここはひとつ、「祝!サザン復活」、「夏をあきらめて」と参りましょうか。「LOVE POTION NO.9」、「MAYA BEST」に収録されています。

「MAYA - 夏をあきらめて」

         





 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2013-07-14 10:12 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/20714759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 煩悩の雨が降る 誘われてプールサイド >>