人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

ビオトープで小舟を浮かべる

ビオトープで小舟を浮かべる_b0102572_1619520.jpg


今日は、子供たちと工作をして遊ぶイベントの日。鰯缶の空き缶でポンポン船をつくって遊ぶ工作である。夏休みに入り、山遊びの公園は水遊びができる格好の場所があるので、朝から親子連れの来園者で一杯である。夏休みの宿題の工作ができるとあって、我々のイベントも参加者で一杯。

ビオトープで小舟を浮かべる_b0102572_10111474.jpg
鰯の缶詰の空き缶、予めコイル状に巻いたアルミチューブ、アルミのキャップ、針金、固形燃料。材料は、基本的にはこれでOK。作り方はいたって簡単。鰯缶の船の後部となる箇所に穴を開け、コイルを通し、針金で支える。そして、固形燃料を入れる火皿を作れば基本的に完成。後は舵や旗などの飾りをつける。

早速できた船をビオトープに浮かべる。火皿に固形燃料を入れ、アルミチューブのコイル部分を熱すれば、しばらくたって鳴動を始め、ゆっくりと走りだす。波紋を描きながら、ゆっくりと進んでいく姿は、なんともレトロでアナログでほほえましい。

さて、小舟にちなんだボサノバに「小舟/O Barquinho/My Little Boat」という名曲がある。作曲「ロベルト・メネスカル/Roberto Menescal 」、作詞「ロナウド・ボスコリ/Ronaldo Boscoli」。多くのミュージシャンが歌唱、演奏しているが、そうですね、ジョビンなどのボサノバ創世期のメンバーの一人、「ナラ・レオン/Nara Lofego Leão」にしましょうか。

ビオトープで小舟を浮かべる_b0102572_10345069.jpg

「ナラ・レオン 1942年1月 - 1989年6月」。ボサノバ創生期、学生たちの間でミューズ、女神と呼ばれたが、軍事政権下のブラジルで、自由を求め、ブラジル政府批判を繰り返したため、軍部に徹底的に目をつけられた。結局、1968年ナラは「カエターノ・ヴェローゾ/Caetano Veloso」、「ジルベルト・ジル/Gilberto Gil」等と同様パリに亡命し、ボサノバと決別した。しかし、自身の出自と向き合いボサノバとの和解を決意し、1971年、堰を切ったように全編ボサノバのアルバム「Dezanos Depois(美しきボサノバのミューズ)」を録音する。シンプルなギターの伴奏で、ボサノバの定番をうたう。

美しきボサノヴァのミューズ

ナラ・レオンユニバーサルインターナショナル



そんな彼女のベスト・アルバムが「ジサフィナード~ベスト・オブ・ナラ・レオン」。

ジサフィナード~ベスト・オブ・ナラ・レオン

ナラ・レオン / ユニバーサル インターナショナル



ここから、「小舟」を ・・・。明るい歌詞の中にも、哀愁が漂う。
「♪ 輝く太陽 お祭りのような日差し/小船は海の滑らかな青さの中を/静かにすべっていく ・・・ ♪」

「Nara Leão - O Barquinho」

          




 
 
 
by knakano0311 | 2013-07-29 10:44 | 炭焼き小屋から | Comments(0)
<< Up Up and Away ・・・ 梅田の地下街で道に迷う >>