人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

情熱のピアニズム ~ミシェル・ペトルチアーニ奇跡の生涯~

b0102572_15234473.jpg

聴覚異常を装い、経歴を偽り、ゴースト・ライターを使い、異能の天才を演出し、世間を欺き、作曲家としての名声を一瞬掴んだかのように見えた「大馬鹿野郎」がいた。

凄まじい障害を抱えながらも、自信家で、ビッグマウス、好奇心の塊。きまぐれで楽天的。孤独を嫌い、女から裏切り者と呼ばれながらも、音楽と女たちから愛された天才ジャズ・ピアニストがいた。                                                                                                     
  

「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」。彼の短くも劇的な生涯を描いたドキュメンタリー映画(DVD)を見た。「映画「情熱のピアニズム」(原題:Michel Petrucciani Body&Soul) オフィシャル・サイト」

「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」(1962年12月28日 - 1999年1月6日)は、フランス出身のジャズ・ピアニスト。遺伝的原因から、生まれつき背負っていた「骨形成不全症」という障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。その奇跡の生涯を、何回かこのブログでも取り上げたことがある。(参照拙ブログ「安曇野遠望 ・・・」「マン・マシン・インターフェース(MMI)」「ミシェル・ペトルチアーニの奇跡」

b0102572_17162859.jpg

「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」(1962年12月28日 - 1999年1月6日)。彼の人生は全身の骨が折れた状態で生まれた時から始まった。生まれつき「骨形成不全症」というガラスのような骨を持つ病気のため、幼少時は歩くことも出来ず、身長は成人後も1mしかなかった。また、しばしば肺疾患に苦しめられた。しかし、桁外れの音楽的才能と、カリスマ的人格を神から授かっていたのである。彼の関心はもっぱら音楽に向けられるようになったが、特に「デューク・エリントン/ "Duke" Ellington」の音楽を好み、ピアニストになりたいと願うようになった。そこでクラシック・ピアノを習い始め、何年も練習を続けたが、その一方でジャズから心が離れることはなかった。

b0102572_16553090.jpg

ペトルチアーニは、13歳で最初のコンサートを迎え、18歳の時に初めてトリオを組んだという。しかし、彼の骨は非常にもろかったので、演奏席までは他人に運んでもらわねばならなかった。またペダルに足が届かないため、ペダル踏み機を使わねばならなかったが、腕は標準的なサイズであったので、鍵盤を弾くことができたのである。やがて彼の天才的な演奏は広く注目を集めた。そして名門ブルーノートとヨーロッパ出身のアーティストとして初めて契約を交わし、彼の才能は世界中に知れ渡ることとなる。1982年、ペトルチアーニはアメリカへ渡り、1980年代~1990年代を代表するジャズ・ピアニストの一人となるのであった。

b0102572_17175147.jpg

世界的名声を得た天才の素顔は、豪快で自信に溢れ、享楽的でユーモアを解する愛すべき人物だったが、常に女性問題を抱えていて、女たちが周囲からいなくなることはなかったという。「寿命は20歳程度まで」と宣告されていた身だったが、36歳の誕生日を迎えた直後、1999年肺炎で急逝した。(Wikipedia、DVD紹介などから)

2011年制作のこのドキュメンタリー映画を手掛けたのは、「マイケル・ラドフォード/Michael Radford」監督。幼少時から死の直前までの演奏風景や日常を撮り溜めた貴重な映像を中心に、短い生涯を駆け抜けた天才ピアニストに迫っている。

情熱のピアニズム 【DVD】(通常版)

キングレコード



「ミシェル・ペトルチアーニ - 「情熱のピアニズム」 予告編」
 
          

そして、1時間37分ほどの映画全編がYOUTUBEにアップされています。日本語の字幕ではありませんが、言葉がわからなくても、十分ストーリーが理解でき、大きな感動が味わえると思います。埋込みができませんので、ご覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

「Michel petrucciani - body and soul (情熱のピアニズム)」

そして、数多くのアルバムの中から、わたしの好みのアルバムを挙げるとすれば、「エスターテ/Estate」、「ピアニズム/Pianism」あたりでしょうか。

エスターテ

ミシェル・ペトルチアーニ / SOUND HILLS



「Estate - Michel Petrucciani」
 
          

Pianism

Michel Petrucciani / EMI Import



そして、「ライヴ・アット・ブルーノート東京」も ・・・。

ライヴ・アット・ブルーノート東京

ミシェル・ペトルチアーニ / ビデオアーツ・ミュージック



ライブ・アルバムにも収められている「カンタービレ」。YOUTUBEにアップされているのは、1998年、シュツッツガルトでのライブ演奏。パーソネルは、来日メンバーと同じ、「Michel Petrucciani(p)」、「Anthony Jackson(b)」、「Steve Gadd(ds)」。
  

 
「Michel Petrucciani - Cantabile」 
 
          
 

『人間であるために、身長が180cmある必要はないことを、人々は理解しない。
    大切なのは、頭と体の中にあるもの、特に、精神の中にあるものなんだ。』 
                                    ・・・・ ミシェル・ペトルチアーニ
by knakano0311 | 2014-03-31 17:47 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/22350046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やっぱりエドヒガン(1) ~我... やはり桜だ! >>