人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

寒・・・暖・・・懐

b0102572_2304330.jpg
b0102572_231361.jpg


「冬の間はすこしお休み ・・・」と思っていたが、そうもいかなくて、今年もまた「弾丸帰省」が始まった。今回初めてスタッドレス・タイヤを装着し、故郷へ。実家に着いてまずすることは雪掻き。松本地方、寒さは例年通り厳しいが、今年の積雪はまだ大したことがなく、そんなに苦労することもなく雪掻きを終える。そして、施設に入っている母親のケアと訪問看護の段取りだけをつけ、慌ただしく故郷を後にする。

そして、第1回目の炭出しと、第2回目の窯入れとを行った今日は快晴、山でも10度を超えるポカポカ陽気。一面の雪。零下6度まで冷え込んだ故郷とは大変な差である。公園の「シデコブシ(幣辛夷、四手拳)」の蕾も大きく膨らんできた。もう1ヶ月半もすると、白い花が咲く。

関西地方に移り住んでから、46年。もうあの厳しい寒さには体がとてもついてはいけないだろうが、あの雪景色には懐かしさを覚えてしまう。

b0102572_23405226.jpg

さて、今日は久しぶりにピアノ・トリオを ・・・。「ヘルゲ・リエン・トリオ/Helge Lien Trio」の「Natsukashii(懐かしい)」。なぜ日本語のタイトルなのかはわかりませんが、2011年リリースのアルバム。

「ヘルゲ・リエン」。ノルウェーを代表するピアニスト。1975年、ノルウェイ生まれの弱冠39歳。最初に音楽的影響を受けたのが、「ピンク・フロイド/Pink Floyd」だという。16歳でクラシックを志したが、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」を聴いて、JAZZの世界に。最初、ピアノ+チューバ+サックスという変則トリオを立ち上げるも、それと時期を同じくして、標準的編成のピアノ・トリオ、「ヘルゲ・リエン・トリオ」も立ち上げたという。デビュー・アルバムは、「What Are You Doing The Rest Of Your Life」(2001)。(拙ブログ「木槿、利休、そしてノルウェイへと ・・・」より)

Natsukashii

Helge Lien / Ozella Music



日本の自然を紹介する映像のバックに流れていたとしても、全く違和感はないタイトル曲、「Natsukashii」。

「Helge Lien Trio - Natsukashii」

          
 


 
by knakano0311 | 2015-01-25 23:00 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/24050153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今シーズンの炭焼きを終えて反省... 今年も新春から子供達と遊ぶ >>