人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

シルバー民主主義って

b0102572_10324258.jpg


大阪都構想の是非を問う大阪市の住民投票は、わずか1万票あまりの差で、反対が賛成を上回った。世代別の投票行動では、年代別・性別の出口調査のグラフ(読売TVより)では、60代以下では賛成が過半数を上回ったのに対し、反対が多数なのは70代以上だけだったという。

あくまでも一民放の投票日の出口調査にしかすぎないが、大阪市の年代別有権者人口の割合を見ると、70代以上が最も多いのは事実だが、30代~40代に比べ突出しているわけでもない。多分この層の投票率の高さが僅差になって現れたのではと思うのだが、この結果にコメントを求められた「小泉進次郎」議員は「シルバー民主主義の象徴的な事例」とコメントしたという。この投票結果に対し、いろいろな見方があり、異論もあろうかと思うが、一つの視点ではある。大阪の住民投票結果はさておき、この「シルバー民主主義」という言葉、今の日本を表す言葉として、言い得て妙であると感じた。

「知恵蔵mini」の解説によれば、「シルバー民主主義とは、少子高齢化の進行で有権者に占める高齢者(シルバー)の割合が増し、高齢者層の政治への影響力が増大する現象。選挙に当選したい政治家が、多数派の高齢者層に配慮した政策を優先的に打ち出すことで、少数派である若年・中年層の意見が政治に反映されにくくなり、世代間の不公平につながるとされている。主に民主主義体制の先進国で見られる。」

確かに先の市会議員、県会議員の地方選挙で、高齢化率が35%を超える我が団地では、演説する候補者たちはいずれも高齢者のための政策を訴えていた。この層は投票率が高いのである。だから当選するためには、シルバー票の獲得が必須で、彼らに不利益、不人気になるような政策は掲げられないのである。そして、自治会や地域のコミュニティ。関心が高く、役員や運営を引き受けようかというのは、ほとんどシルバー層。これでは、高齢者中心の街づくりにより重点が置かれていくのも当たり前。私も含めて、高齢者は誰しも老後の生活の安定を願うのも無理からぬこと。しかし、それを願いすぎるがあまり、政策のバランスを欠いて、若年世代、勤労世代に負担のしわ寄せがいくのもいかがなものだろうか。現実も大事だが、その先に繋がっている未来も大事である。若い世代にもシルバー世代にも活力をもたらす政策は取れないものだろうか。もっとも、投票に行くことが基本中の基本。しかしよく考えてみると、「シルバー民主主義」という言葉、なんとなくこの世代の高投票率への揶揄、相次ぐ年寄りバッシング政策への言い訳を感じるのは、私の僻みであろうか。

【追記】 今日(6月4日)、選挙権を18歳に引き下げる法案が全会一致で衆議院を通過したという。参議院で可決されれば、来年の参議院議員選挙からは18歳から選挙が可能になるという。私が大学を卒業した時期の70年安保の時ですら20代の投票率は最低。以後ずっと最低であるという。果たして、それでシルバー民主主義が覆るとはとても思えないのだが ・・・。

b0102572_2214508.jpg

さて、音楽界にも世代交代、世代間競争、世代共存の動きはある。そんな代表格が、昨年ジャズ・ヴォーカル・シーン最大の話題となった「トニー・ベネット/Tony Bennett」と「レディ・ガガ/Lady Gaga」のコラボでしょうか。2014年7月28日、ニューヨークは「ジャズ・アット・リンカーン・センター/Jazz at Lincoln Center」内の「フレデリック・P・ローズ・ホール/Frederick P. Rose Hall」で行なわれた二人のスペシャル・ライヴ。

その模様は、CD、DVD、Blue-ray でコラボレーション・アルバム、「Cheek to Cheek」としてリリースされ、今年の「グラミー賞最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞」を受賞した。「Anything Goes」で始まり、「Cheek To Cheek」、「Nature Boy」と続き、最後は、お決まりの「スウィングしなけりゃ意味がない/It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)」で締めるスタンダードのオンパレード。

Cheek to Cheek

Tony Bennett & Lady Gaga / Interscope Records



チーク・トゥ・チーク ライヴ! [DVD]

トニー・ベネット&レディー・ガガ / ユニバーサル ミュージック



途中で終わっていますが、11曲40分弱までのステージの様子がYOUTUBEにアップされていました。あの「レディー・ガガ」はジャズへ転向したんでしょうかと思わせるほど。それにしても「トニー・ベネット」、1926年生まれ、89歳。もう脱帽ですね。ちなみに「レディ・ガガ」、1986年生まれ、29歳。

「Tony Bennett and Lady Gaga - Cheek to Cheek LIVE!」

         
by knakano0311 | 2015-06-01 10:04 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/24534611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 昔のお仲間が ・・・ 断捨離のお裾分け >>