人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

愛でる人なき秋の庭

愛でる人なき秋の庭_b0102572_1455853.jpg
愛でる人なき秋の庭_b0102572_15264145.jpg


半日かかってどうにか実家の草刈を終える。小春日和のため、草刈り機も使ったが、汗だくである。しかし雑草を刈ると、今まで見えにくかった紅葉の赤や、花の黄色が鮮やかに目立つようになった。といっても、愛でる人はもういない庭。少し哀しい。

実家近くをウォーキングしていてその鮮やかな青に目を奪われる。「ヤマブドウ(山葡萄)」に似ているが、我が遊びの山でも見かける「アオツヅラフジ(青葛藤)」でしょうか。

愛でる人なき秋の庭_b0102572_1485588.jpg
愛でる人なき秋の庭_b0102572_17505935.jpg
愛でる人なき秋の庭_b0102572_17511329.jpg


それにもまして、鮮やかに目に飛びこんで来るのは、どこを歩いていても一望できる北アルプスの峰々。私に登山の趣味はないが、それでも、燕岳、八方尾根、上高地、乗鞍岳 ・・・、数少ないが訪れた山を思い出す。両親が亡くなり、妹も去年他界し、近しい親戚もほとんどいなくなってしまったこの故郷に、後どのくらい訪れるだろうか ・・・。

真っ赤な林檎が鈴生りの林檎畑、その脇に野菊にうもれて道祖神や観音菩薩が微笑んでいた。いつもながらの風景であるが、先祖代々この地に暮らしてきた人たちの心の証でもある。

さて、今宵の故郷ソング、「坂田明」の「家路」。ドボルザークの有名なシンフォニ­ー「新世界」から。メンバーは、坂田明(Alt Saxl)、黒田京子(Piano)、バカボン鈴木(Wood Base)。 どちらかというと 前衛ジャズ的なイメージのある「坂田明」ですが、何の何のこんな叙情的なサックスも吹くのです。

赤とんぼ

坂田明 mii / インディペンデントレーベル



「坂田明 - 家路」
 
          



 
by knakano0311 | 2015-11-18 17:25 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/25096807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by JAZZ好き団塊オヤジ at 2015-11-18 20:38 x
実家にお帰りでしたか・・。
田舎の実家を維持していくのは大変ですね・・。
ごくろうさまです・・。
まぁ~我々の世代は今の若い人たちとは違って、農業でも土木でも、草刈りでもなんでも見様見真似でやってきてますから、なにかあってもどうにか対処できるので、便利ではありますね・・笑
坂田明の家路・・いいですねぇ~ 欲しいアルバムですが、いまでも手に入れることができるでしょうか・・。
Commented by knakano0311 at 2015-11-18 23:57
JAZZ好き団塊オヤジさん  家庭菜園をやっておられる由、ブログで拝見しています。坂田明のアルバムですが、「ひまわり」は持っていますが、「赤とんぼ」は持っていません。手に入りますが、レア物でバカ高い値が付いているようです。アルバムのところをクリックしてください。ダウンロードという方法もあるようですが ・・・。
Commented by JAZZ好き団塊オヤジ at 2015-11-19 10:19 x
あらら・・
結構なお値段で取引されているのですね・・。
諦めます・・笑
「赤とんぼ」に収められている数曲はYouTubeにアップされているので、ダウンロードして、個人的に楽しむことにします・・笑
オーディオは好きですが、そんなに音にこだわるほうではないので、YouTube音源で十分満足できます。
有難うございました・・。
<< You'd Be So... やはり故郷の空気は澄んでいた >>