人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

ノコギリは少し難しかったかな

ノコギリは少し難しかったかな_b0102572_15595660.jpg
ノコギリは少し難しかったかな_b0102572_160953.jpg

台場クヌギと伐採した炭焼きの窯木を見ている子供達。里山自然体験学習のウォーク・ラリーで学んでいる小学校3年生たちである。春に、秋にと、年間何校もの小学生たちが体験学習に訪れるが、今年はこの子達が最後の組である。近隣の街I市から、なんと178名もの子供たち。今年最多。I市は阪神間にあって、大型のマンションの建設が急速に進んだベッドタウン。どこもかしこも少子化の昨今にあって、この学校だけはびっくりするほど子供が多い。

今日のメニューは、ウォーク・ラリー、木のコースター作り、ノコギリ体験であったが、一番難しかったのが、のこぎり体験のようである。とにかくノコギリを使った経験のある子は皆無。まず挽く姿勢が悪いのは言うまでもないが、力も握力もない。直径4、5cmほどの枝を伐るのに5分以上もかかる。私の子供時代には、勝手に親父ののこぎりを持ち出し、自分の遊び道具を作っていたのだが ・・・。こんなところにも、体力低下、遊びへの適応力のなさが垣間見られる。178名の鋸体験。時間がなく多分全員はできなかったが、サポートしてあげただけで、爺さんたちはもうぐったり疲れてしまった。

ウォーク・ラリー、今日の花の名前を探す問題は、「サザンカ(山茶花)」。椿に劣らない美しい大輪の山茶花が、今豪華に咲いている。

ノコギリは少し難しかったかな_b0102572_1602927.jpg


ノコギリは少し難しかったかな_b0102572_22223914.jpg

さて今宵の哀愁の男唄、癒しの男唄とくれば、それはもう私の大好きな嗄れ声、だみ声である。スペインは、フラメンコの歌い手、「フラメンコ・カンタオール/flamenco cantador」と呼ばれる「ディエゴ・エル・シガーラ/Diego el Cigala」と、キューバ・ジャズの「ゴッドファーザー」とも呼ばれる、キューバ音楽界の伝説的ピアニスト、「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」、ふたりの共演による「Lágrimas negras(黒い涙)」。

「ディエゴ・エル・シガーラ」。1968年生まれ、マドリッド出身。私はフラメンコの世界はよく知りませんが、この世界で絶大なる人気を持っているそうだ。「ベボ・バルデス/Bebo Valdés」。1918年、キューバ、ハバナ出身で、現在も活動していれば94歳である。1950年代のハバナのナイトクラブでピアニストとしてキャリアをスタートさせ、キューバ音楽の黄金期に活躍したが、1960年に「フィデル・カストロ/Fidel Castro」率いる革命政権後のキューバを去り、どのような政治信条であろうとも、独裁的な政権のある場所には二度と戻らないという本人の意思から、妻の故郷のストックホルムに住み、その後一度もキューバを訪れていないという硬骨の音楽家だという。

そのふたりが組んで、2003年に発表したのが、「ラグリマス・ネグラス/Lágrimas negras(黒い涙)」。このアルバムは、世界的大ヒットとなり、2004年のラテン・グラミー賞の最優秀トラディショナル・トロピカル・アルバム賞を受賞した。「ベボ・バルデス」はこの時なんと85歳。普通のミュージシャンならとっくに引退している歳になって、初めて世界的な評価を獲得した。お見事!

ノコギリは少し難しかったかな_b0102572_22294212.jpg


「Lágrimas negras(黒い涙)」は、失恋した心の痛みを唄ったキューバの名曲。そしてこのアルバムは、キューバ音楽とフラメンコというジャンルを越えた哀愁のアルバムである。

Lagrimas Negras

Bebo Valdes & Diego El Cigala / Bmg



「♪ あなたが去ってしまったので深く傷ついてしまったわ
    あなたの知ら ない所で私は涙にくれる
      私の命のような黒い涙をながして 
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

フラメンコ独特の絞り出すようなしゃがれ声、キューバのリズムに乗って哀愁ほとばしるピアノ、胸の奥深いところに、深々と沁みてくるような嘆き節 ・・・・。スペインを旅し、こんな声を聴いたフラメンコ酒場を思い出す。

「Bebo Valdés y Diego "El Cigala" - Lagrimas Negras (Black Tears)」

          

「Bebo Valdes & Diego El Cigala - Veinte Anos」

          
by knakano0311 | 2015-11-26 16:59 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/25118234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 急に寒くなってきたが、クヌギの... 手入れをすれば森は確実によみがえる >>