人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

あれほど勇壮ではないが ・・・、もうひとつの御柱祭り

b0102572_17415283.jpg

数えで7年に一度(満6年間隔)で行われる「諏訪大社」の「御柱(おんばしら)祭り」。今年、平成28年はその年に当たり、その勇壮な「木落し」の様子がニュースで報じられていた。(左の写真はNETより拝借)

実は私の実家のある松本、お隣の安曇野地方にあるいくつかの神社でも「御柱祭り」がある。同じく満7年に一度であるが、それは、総大社である「諏訪大社」の「御柱祭」の翌年に行われるのである。実家の氏神様は、「須々岐水(すすきがわ)神社」、そこでも「御柱祭」は行われる。前回行われたのは、「諏訪大社」が平成22年(2010年)、「須々岐水神社」が、翌年の平成23年(2011年)、東日本大震災の年であった。

b0102572_21215230.jpgb0102572_21223071.jpg

「諏訪大社」は、上社の本宮、前宮および、下社の秋宮、春宮の計4宮に4本づつ、計16本の「御柱」が建つが、わが「須々岐水神社」の「御柱」は2本である。「諏訪大社」ほど勇壮、壮大ではないが、「里曳き」と柱の建立が行われる5月5日の本番に先立って、「諏訪大社」に倣って、「御柱」を山から切り出す「山出し」、山から神社の近くまで曳行する「中出し」が行われる。樹齢100年以上、根回り1.8m、長さは15mほどある2本の杉の大木を山から切り出し、地域を引き回すのである。

東日本大震災直後、母親のケアで帰省したとき、この「中出し」の神事に初めて出くわしたことがある。「初めて」というのも、私が大学入学で松本を離れたのち、両親が現在の地に実家を建てたため、祭りに参加することがなかったためである。里山への感謝、木や自然への畏敬がごく自然に感じられた。

「諏訪大社」の創建の年代は不明だが、日本最古の神社の1つといわれるほど古くから存在し、「御柱」の起源は、平安時代以前とされる。「須々岐水神社」も、867年(貞観9年)の「日本三代実録」に記録が残るというから、この神社の御柱の歴史も相当なものであろう。

「木落し」のニュースを見ながら、そんなふるさとの祭りのことを懐かしんでいた。

b0102572_004374.jpg

「御柱」。なにか心や人生の象徴として大きな木を歌った歌がある。「Tall Trees In Georgia」。歌うディーヴァは、「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」。

アメリカ合衆国、ワシントン特別区に生まれ、ワシントンD.C.近郊のメリーランド州で育つ。年少の頃から音楽・芸術への興味を示し、エヴァが9歳のときにはギターを弾き始めたという。1992年にジャズ、フォーク、ゴスペル、カントリー等の音楽を独自の解釈で表現したアルバム、「The Other Side」でデビュー。その魂の歌声は、1996年に皮膚癌で亡くなるまでの33年の短い生涯の間、人の心に響きつづけた。

ワシントンD.C.にある老舗のジャズクラブで亡くなる10ヶ月前、1996年1月3日に行われた、「ブルース・アレイ/the Blues Alley」でのライブ。そのライブ・アルバム、「Live at Blues Alley」から。

『両親がこのレコードを持っていて、小さな頃から何回も何回も聴いて育った歌。そして、ずっと歌いたいと思っていた歌です。』 そんな語りから歌い始める「Tall Trees In Georgia」。

【 Tall Trees In Georgia 】    作詞・作曲:Sainte Marie Buffy

「♪ Tall trees in Georgia,   ジョージアの高い林
   They grow so high    大きく育ったその木の影は
   They shade me so     わたしをすっぽりと覆うくらい
   And sadly walking     苦労して低木の茂みを抜けて   
   Through the thicket I go  やっとたどり着いたものだ  

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   When I was younger      私が若かった頃
   The boys all came around   たくさんの少年たちがわたしを取り囲んだ
   But now I'm older          しかし、大人になった今
   And they've all settled down  彼らは皆結婚して身を固めてしまった
   Control your mind my girl     もういい加減にしなさいよ   
   And give your heart to one     一人の男に絞りなさい
   For if you love all men         多くの男にうつつを抜かしても
   You'll be surely left with none    結局、誰とも続かないよ

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

Live at Blues Alley

Eva CassidyEva Music



Nightbird

Eva Cassidy / Imports




「Eva Cassidy - Tall Trees in Georgia」


          

 



 
by knakano0311 | 2016-04-14 14:59 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/25655225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 桜のあとは ・・・ 思えば遠くへ来たもんだ >>