人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

大きな手毬も小さな手毬も

b0102572_17121285.jpg
b0102572_17123150.jpg
b0102572_9433251.jpg


我が家の庭に咲く「オオデマリ(大手毬)」、「コデマリ(小手毬)」。毎年ほぼ同じ時期に咲き、楽しませてくれる。そして、亡き母が趣味で作った「松本手毬」。松本の民芸を代表する「松本手毬」は、江戸中期ごろ松本藩の士族の子女を中心に身近な玩具として手作りされたのが始まりで、その後藩士の家庭に限らず、一般の家庭にも普及し、正月には母や祖母から子供・孫へと玩具として与えられてきたようである。「母の日」も近づいた今日、ちょっと偲んでみた。実家の氏神様、来年の5月5日は諏訪大社に1年遅れての御柱祭り、今年は舟形の山車を曳くお船祭りが行われる。

「ジョン・レノン/John Lennon」の曲に「マザー/Mother」という曲がある。1970年に、「ビートルズ/The Beatles」解散後、初のソロ・アルバム発表された曲。幼い頃、父は失踪、母は同棲してたためにおばさんに育てられたという体験を持つジョンの深い心の傷が、最後の「お母さん、いかないで!、お父さん、戻ってきて!」という悲痛な叫びに現れているという。

【 Mother 】

「♪ Mother, you had me               お母さん 僕はあなたのものだったけど
        but I never had you          あなたは僕のものじゃなかった
   I wanted you,                    僕はあなたを求めたけれど
        you didn't want me           あなたはぼくを求めなかった
   So I, I just got to tell you           だから、だから今こそ言うよ
   Goodbye, goodbye                お母さん さようなら

   Father, you left me               お父さん あなたは僕を捨てたけれど
         but I never left you         僕はあなたを捨てなかった
   I needed you,                   僕はあなたを必要としたけれど
         you didn't need me         あなたは僕を必要としなかった
   So I, I just got to tell you          だから、だから今こそ言うよ
   Goodbye, goodbye                お父さん さようなら

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   Mama, don't go                  お母さん、いかないで!、
   Daddy, come home               お父さん、戻ってきて!  
      繰り返し                                      ♪ 」

PLASTIC ONO BAND

JOHN LENNON / Capitol



イマジン

ジョン・レノン / EMIミュージック・ジャパン



母の日には、かなり重い曲ですが ・・・。

「John Lennon - Mother」

          
by knakano0311 | 2016-05-06 14:24 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/25755200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(116) ... 筍が旬です >>