人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

ナラ枯れはピークを越えたか

ナラ枯れはピークを越えたか_b0102572_11491552.jpg
ナラ枯れはピークを越えたか_b0102572_1012067.jpg
ナラ枯れはピークを越えたか_b0102572_16434430.jpg

今年もまた「ナラ枯れ」対策を始める。「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、真夏から晩夏にかけ急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色に枯れてしまう。1本の木から数万頭が羽化するといわれ、一度罹ると、その森には爆発的に被害が拡がるという。我々は、幼虫が羽化し、被害木から飛び出すまえに、捕獲するため、「アース製薬/かしながホイホイ」という、粘着シートを被害木に巻くという対策を取っている。

ナラ枯れはピークを越えたか_b0102572_1013543.jpg

ここ3年ほど実施した結果、枯死にまで至る「コナラ(小楢)」、「クヌギ(椚、櫟)」、「アベマキ(棈)」は、被害木全体の1割にも満たなく、ほとんどないといって良かった。結構耐えてくれるものである。「カシノナガキクイムシ」の群れも、六甲山方面へ移動したという情報もあり、この秋の被害木の状況を見ないと断言はできないが、ピークを越えたようであり、そう神経を尖らせなくても良さそうである。

とはいえ、特に目立つ尾根筋の観察路の周辺の被害木に、粘着性のシートを巻くという今までどおりの対策を施すことにして、被害木の詳細な調査は割愛することにした。ちょうど地元での仕事体験教育の「トライやるウィーク」で来ている中学生にも手伝ってもらい、先週今週併せて30本近い被害木に対策をした。

満開の「ヤマボウシ(山帽子、山法師)」ももう終わりである。

ナラ枯れはピークを越えたか_b0102572_18113097.jpg


樹木が枯れて、新しい芽が出て、大きな木に育っていく。その永遠の繰り返しで、形作られた森が続いていく。そのバランスがうまく取れ、サイクルが回るように手を添えてあげるのが、森林ボランティアの働きだと思っている。植物が枯れることを、人と同じように英語で「die」というが、この山で、芽を出し、育っては枯れる。それを繰り返していった気の遠くなるような時間を思う。

今宵の曲は、「Pavane For A Dead Princess(邦題:亡き王女のためのパヴァーヌ)」。フランスの作曲家、「モーリス・ラベル/Maurice Ravel」が1899年に作曲した曲である。れっきとしたクラシック であるが、なぜかジャズメンに好まれ、ジャズのカテゴリーでも多くのカバーがある。そんな中から、趣の違う演奏をいくつか ・・・。

まずは、ピアノ・トリオ。「スティーヴ・キューン・トリオ/Steve Kuhn Trio」の演奏で、同名のアルバム(2005)から。パーソネルは、「Steve Kuhn (pf)」、「デイビット・フィンク/David Finck (b)」、「ビリー・ドラモンド/Billy Drummond (ds) 」。

亡き王女のためのパヴァーヌ (紙ジャケット仕様)

スティーブ・キューン・トリオ / ヴィーナスレコード



「Pavane - Steve Kuhn Trio」

          

がらっと雰囲気は変わり、ブラジル出身、フュージョンの鬼才、その昔一世を風靡した感のある「デオダード/Deodato」からは「デオダード2/Deodato 2」。

Deodato 2

Deodato / Sbme Special Mkts.




「Eumir Deodato - Pavane for a dead princess」


          

最後は、「アート・ファーマー/Art Farmer」と「ジム・ホール/Jim Hall」をフューチャーしたアルバム、「ビッグ・ブルース」から。サポートは、「スティーヴ・ガッド/Steve Gadd(ds)」、「マイケルムーア/Mike Moore(b)」、「マイク・マイニエリ/Mike Mainieri(vib)」。

ビッグ・ブルース

アート・ファーマー&ジム・ホール / キングレコード




「PAVANE FOR A DEAD PRINCESS - ART FARMER & JIM HALL」


          

 


 
by knakano0311 | 2016-06-09 18:01 | 炭焼き小屋から | Comments(2)
Commented by reikogogogo at 2016-06-10 23:33
木を守る、森林を守る素晴らしいお仕事をされているのですね。
Commented by knakano0311 at 2016-06-11 00:08
reikogogogo さん  そんな大層なものではありません。じいさんたちが集まって、出来る範囲で楽しく森で遊んでいるだけです。
<< 一大事です ・・・ 口に含んでみたら ・・・ >>