人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

主なき庭にも秋は深まる

b0102572_16553446.jpg
b0102572_16502248.jpg

やはり寒いんですね、信州は ・・・。実家の冬支度に訪れた松本の朝は10°Cを下回っているので、朝晩はストーブを欠かせない。主なき庭にもちゃんと季節は訪れるもので、もみじはもう真っ赤に色付いている。しかし、艶やかな紅葉よりも、この庭には、病葉が似つかわしい。2時間ほどかけて、植木の枝を落としたり、雑草を刈り込んだ。10年ほど前に亡くなった親父が丹精込めた庭であったが、母親も亡くなった今は、雑草が伸びるに任せた状態で、年に数回の手入れではとても雑草に勝てるべくもない。なかなか手入れだけに訪れるのも難しく、決心をしなくてはならない時期にきている。

b0102572_1723343.jpg

ぶらっと実家の界隈を散歩してみたら、近所にひろがる林檎園の林檎は、大きく実り、もうすぐ出荷の時期を迎えるので、真っ赤に色づいていた。林檎の出荷の季節を迎えれば、もうすぐ木枯らしが吹き始める。この地域のあちらこちらにある道祖神も、なんとなく寒そうに見える。こんな道祖神のある光景が大好きなのだが、また来年の春までしばらく来れそうにない。


b0102572_1447083.jpg

さて、「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」である。しばらく新譜のリリースがなかったが、この9月にリリースされたのが、おなじみの鉄壁トリオを従えてのアルバム、「The Sting Variations」。「スティング/Sting」の世界を映し出す。相変わらずのアレンジの冴え、クリアな歌声に酔う。パーソネルは、ティアニーのほか、「クリスチャン・ジェイコブ/Christian Jacob(piano)」、「ケヴィン・アクスト/Kevin Axt(bass)」、「レイ・ブリンカー/Ray Brinker(drums/percussion)」。

STING VARIATIONS

TIERNEY SUTTON BAND / BFMJA



最新アルバムから、「スティング」の代表作のカバーを2曲。


「Tierney Sutton Band - Fragile/The Gentle Rain」


          

「Tierney Sutton Band - Fields of Gold」

          

b0102572_14221745.jpg

それから、もう一つ最新の彼女の歌声がありました。「クリント・イーストウッド/Clint Eastwood」監督の最新作、「トム・ハンクス/Tom Hanks」主演の映画、「ハドソン川の奇跡/原題;SULLY」の主題歌を歌っています。タイトル、「Sully」は、モデルとなった主人公、「チェズレイ・サレンバーガー/Chesley Burnett "Sully" Sullenberger III」機長の愛称。



「Flying Home (Sully's Theme)/Soundtrack - The Tierney Sutton Band」

          

予告編も ・・・。

映画『ハドソン川の奇跡』予告編

          

  



  
by knakano0311 | 2016-10-28 14:24 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/26305050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 木漏れ日のコントラストが美しい 愛でる人もいなくなった庭だが、... >>