人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

母の詠みし花々

b0102572_10215448.jpg

 ウォーキングの道筋にある雑草に埋もれた古き道標。先日の弾丸帰省、実家の周辺にあるいくつかの野の仏や道祖神を思い出させる。初夏。実家の庭には、母が趣味で歌に詠んだ花のいくつかが咲いていた。

b0102572_1401586.jpg


  初咲きの間近き蕾むらさきの色滲ませりミヤコワスレは

  石賣りのたくましき男ひと株の赤きなでしこ呉れと持ちゆく

b0102572_1455092.jpg


  たちまちに白馬乗鞍かき消して水芭蕉たたき走り雨ゆく

  ためらひて花瓶のバラを捨つる手にはらはらと散る心あるがに
 

b0102572_14355358.jpg
 今宵は、「バーデン・パウエル/Baden Powell」のギター。「バーデン・パウエル(1937年 - 2000年)は、ブラジルの音楽家、またブラジル音楽のギター奏者、作曲家。最初、ヴァイオリンを習っていたが、4歳の頃、ギターに転向。8歳の頃から正統派ブラジル古典音楽の教育を受け始めたという。10代の頃は、エスコーラに所属し、また15歳でナイト・クラブで演奏を始めたりと、ギタリストとしての腕を上げていく。

 19歳で作曲した「悲しみのサンバ/Samba Triste(サンバ・トリスチ)」がヒットし、一躍有名となる。24歳の頃、「ヴィニシウス・ヂ・モライス/Vinicius de Moraes」と出会い、その後アルバム作りや、「クロード・ルルーシュ/Claude Lelouch」監督の映画、「男と女/原題;Un homme et une femme」(1966年制作)のサウンドの製作などで共作を持つ。

b0102572_1533657.jpg
 1967年にベルリンで開催されたGuitarworkshopでは、楽曲に対するその独特のアプローチと奏法で聴衆の度肝を抜き、その名がヨーロッパ中に知れ渡ることとなる。70年代にはヨーロッパに活動の拠点を移し、「ヴィニシウス・ヂ・モライス」と産みだした土着的宗教をテーマとした世界観やブラジル民謡、バッハなどクラシックを取り入れた作曲をさらに追求し、ボサノヴァの範疇に納まらないギター奏者として活躍する。(Wikipediaより)

 最初聴いたときは、クラシックギター1本から繰り出される、機関銃のような速弾きにびっくりしたものです。

 ボサ・ノヴァの偉大な詩人「ヴィニシウス・ヂ・モライス」へのトリビュート作「Poema on Guitar」(1968)からいくつか ・・・。

ポエマ・オン・ギター

バーデン・パウエル / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Baden Powell - Reza(祈り)」

          

「Baden Powell - Samba Triste(悲しみのサンバ)」

          

「Baden Powell - Consolacao」

          

「Baden Powell - All The Things You Are(君がすべて)」

          


  
by knakano0311 | 2017-06-23 00:33 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/26940569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梅雨に咲く花 凌霄花の花が咲く >>