人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

我が青春のフュージョン

我が青春のフュージョン_b0102572_14333425.jpg

 一週間ぶりの山仕事。この一週間はずっと雨模様。そのせいでしょう、山のあちこちに「キノコ(茸)」が顔を出している。先達が声をあげたのが、このキノコ、「アカヤマドリタケ」。直径30cm程もある大型のキノコ。食用キノコで、味と香りが良く、ヨーロッパ料理でよく使われるという。しかし、キノコはド素人。触らぬ神になんとやら。そのままにして通り過ぎる。

 さて、「今田勝」やら「松岡直也」を持ち出してくると、懐かしくなってくるのが、我が青春のフュージョン(fusion)。このフュージョン、我々の時代は、「ジャズ・ロック(Jazz Rock)」とか「ラテン・ジャズ(Latin Jazz)」なんて呼ばれ方をされていたように思うのだが、やがて「クロスオーバー(Crossover)」、そして「フュージョン(fusion)」というカテゴリーに定着していき、1970年から1980年代後半にかけて、日本ではフュージョン・ブームが全盛期を迎えた。

我が青春のフュージョン_b0102572_17344795.jpg
 私が最初にフュージョン触れたのは 「デオダート/Eumir Deodato」の「ツァラトゥストラはかく語りき(原題;Prelude」(1973) あたりだったでしょうか。その後、日本でも、「カシオペア /Casiopea)」が、1977年に結成、1979年にデビュー。「T-SQUARE」が、1976年に結成され、1978年にデビューなど現在も活動しているフュージョン・バンドが続々現れた。そんな中で、心を揺すぶったのが、キーボード奏者、「本田竹広」と, サックス奏者、「峰厚介」を中心に、1978年結成された、「ネイティブ・サン/Native Son」。当時、日本を代表するフュージョン・バンドであった。1STアルバム、「ネイティブ・サン」(1979)は、30万枚を越えるヒットとなったという。もちろん、なけなしの小遣いでLPを買いましたとも。

 メンバーは、「本田竹曠(Keyboards)」、「峰厚介 (Tenor & Soprano Saxophone)」、「大出元信 (Guitar)」、「村上寛 (Drums)」、「 川端民生 (Bass)」。結成当時5人のメンバー中、本田、大出、川端の3人が鬼籍に入り、バンドそのものも永遠に幕を閉じてしまった。我々世代にとっては、まさに「青春のフュージョン」といっていいが、若い世代にとっては、「バブル時代のフュージョン」かも知れない。「ご陽気」、「ノリ」、「ダンサブル」、「ファッショナブル」「車」、「西海岸」といったキーワードが似合う曲が多かったから。

ネイティブ・サン

ネイティブ・サン / ビクターエンタテインメント



「SUPER SAFARI - NATIVE SON」

          

 ほぼ同じ時代に結成されたが、今も衰えずに大活躍しているご贔屓のフュージョン・バンド(?)が、1985年に結成された「東京スカパラダイスオーケストラ/TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA」。「スカ (Ska) 」とは、50年代中頃にアメリカのR&Bやジャズの影響を受けて成立したジャマイカの音楽ということらしいから、「ラテン・ジャズ」、「フュージョン」といってもいいでしょう。「スカパラ」のその迫力、ノリは今でも色褪せることなく健在。

Gunslingers~LIVE BEST~

東京スカパラダイスオーケストラエイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ



「東京スカパラダイスオーケストラ - STROKE OF FATE」
  
          

「東京スカパラ - ルパン三世」

          
  
 結成後、30年以上も第一線で活躍し続けてきたのは、フュージョン・バンドだけに、自分たちのスタイルやカラーを守りつつも、「さかなクン」、「高橋一生」、「志村けん」、「タモリ」、「横山健」、「上原ひろみ」などといったあたらしい才能や異分野のタレントたちとのコラボを繰り返してきたことも、その要因だと私は見てますが ・・・。「上原ひろみ」とのコラボを、アルバム「Goldfingers」(2010)から。

Goldfingers

東京スカパラダイスオーケストラ / カッティング・エッジ



「水琴窟 -SUIKINKUTSU- feat.上原ひろみ/TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA」

          
  
  
by knakano0311 | 2017-07-14 09:39 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/26983760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏です! ラテン・ジャズです! 続・夏仕様のフュージョンでも聴いて >>