大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(183) ~ 秋の花 三点セット ~

b0102572_17373618.jpg
b0102572_20354479.jpg
b0102572_1636444.jpg

 ウォーキングをしていると、それとすぐわかる甘い香りが漂ってくる。「キンモクセイ(金木犀)」である。周りを見回すと、咲き始めていました。この花と、「コスモス(秋桜)」、「ヒガンバナ(彼岸花)」、別名「マンジュシャゲ(曼珠沙華)」を見かけると、「うん、秋が来た!」という実感が湧く。

 「さだまさし」が作詞作曲し、「山口百恵」が歌った日本歌謡の名曲「秋桜(コスモス)」。この歌、「徳永英明」などJ‐POPS系の歌手がよくカバーをしているが、いくつかのJAZZバージョンでもカバーされている。「ケイコ・リー/Keiko Lee」もその一人。国内人気No.1ジャズ・ヴォーカリスト、「ケイコ・リー」の「ポップ・サイド」にスポットを当てたアルバム、「アナザー・サイド・オブ・ケイコ・リー/Anther Side Of Keiko Lee」では、英語バージョンが、「ヴォイセズ・アゲイン/Voices Again」なら、日本語バージョンが聴ける。

アナザー・サイド・オブ・ケイコ・リー

ケイコ・リー / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル



 たまにはこんな曲もいいかな ・・・。

「Keiko Lee - 秋桜 (Autumn Cherry "Cosmos") 」

          

  

  
[PR]
by knakano0311 | 2017-09-28 16:39 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/27161478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 電脳鉄馬を走らせJAZZを聴く ご近所の伝説 >>