人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(192) ~ 遠いバブルの名残り ~

路傍の花、樹々の鳥(192) ~ 遠いバブルの名残り ~ _b0102572_2294347.jpg

 雑草が一面に生い茂る原っぱ。吹き抜ける冷たい風に、なんとなくうら悲しさが漂う。ここはかってのフェア・ウェイ。元旦に登った山の脇は、何年か前まではゴルフ場だった。しかし、その下を通る新名神高速道路のトンネル工事のため、ゴルフ場は閉鎖されたのだ。高速道路開通後は、ゴルフ場も再開されるという噂もあったが、ゴルフのマーケットがこれだけシュリンクしている中で、莫大な投資をしてリニューアルをし、再開するだろうか? ティー・グラウンドに立ってみた。私の目には、遠いバブルの名残りとしか映らなかった ・・・。まだゴルフを続けている山の仲間は一人もいない。

路傍の花、樹々の鳥(192) ~ 遠いバブルの名残り ~ _b0102572_22101095.jpg

 ウォーキングの道筋にある溜池。ことしも水鳥が集まりだしたようだ。一時期、まったく見かけない年もあったのだが、ここ2、3年前から戻ってきたようだ。「カイツブリ(鳰、鸊鷉〈へきてい〉)」かなとも思うのだが、遠目なので種類はよくわからない。まだ数は少ないが、元気に潜っては魚を採っているようだ。

路傍の花、樹々の鳥(192) ~ 遠いバブルの名残り ~ _b0102572_2251994.jpg

 さて、新春の宵、初ピアノトリオは、透明感のある美メロのピアノ、「ミシェル・ビスチェリア・トリオ/Michel Bisceglia Trio」。ベルギーのピアノ・トリオです。 

 「ミシェル・ビスチェリア」。1970年生まれ。一家の出自はイタリアだという。6歳の時にはもう電子キーボードを始め、その後クラッシック・ピアノを習ったが、ほどなくジャズへ転向、19歳の時にはシンセサイザーなどで演奏ツアーに参加したという。「ウェルナー・ラウシャー/Werner Lauscher (bass)」、「マルク・レーハン/Marc Léhan (drums)」と自身のトリオを結成したのは26歳の時。その後、世界各地のジャズ・フェスティバルへの参加でキャリアを積み重ねている。

 そんな彼が日本で注目されたのが、3作目のアルバム「Inner You」(2007)。その中の1曲を「寺嶋靖国」氏が「Jazz Bar 2007」で取り上げたからであろうか。この人のピアノは、音数がとても少ない印象がある。戸惑いながらポツポツと弾いているといった感じすらある。しかし、その少ない音を紡ぎながら、透明感と哀愁に満ちた独自のピアノ世界を目の前に展開して見せてくれる。

 久しぶりに聴くアルバムは、鳥と子供の青いジャケが印象的な、「Blue Bird」(2015)。その中から、「Dry Water」を ・・・。
  
路傍の花、樹々の鳥(192) ~ 遠いバブルの名残り ~ _b0102572_22384650.jpg

Blue Bird CD, Import
Michel Bisceglia
Prova Records




「Michel Bisceglia trio - Dry Water (Official Video) 」

          
  
  
  
by knakano0311 | 2018-01-04 14:20 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/27926686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新春愚痴放談 ~ IoT時代の... 家族が集まり、祝い膳を囲む >>