人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(198) ~ 我が団地にもやっと春が ~

路傍の花、樹々の鳥(198) ~ 我が団地にもやっと春が ~_b0102572_154114.jpg
路傍の花、樹々の鳥(198) ~ 我が団地にもやっと春が ~_b0102572_1542230.jpg

 ウォーキングの道筋にやっと咲き出した「梅」、「サンシュユ(山茱萸)」。都会と田舎の中間の住宅団地。私の住む団地にもやっと春が来たようだ。

 ひさびさの美メロ・ピアノは、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati」の「The Country Life」。再びの鉄壁のピアノ・トリオに回帰したトリオでのアルバム、2013年録音の「Seals」から。

路傍の花、樹々の鳥(198) ~ 我が団地にもやっと春が ~_b0102572_15182287.jpg

 「アレッサンドロ・ガラティ」。1966年、イタリア・フィレンツェ生まれのジャズピアニスト。「ビル・エヴァンス/Bill Evans」を敬愛し、独特の詩情と哀愁を持つ抒情派ピアニストである。6歳でクラシック・ピアノを始め、後にジャズに強い興味を持つ。「ビル・エヴァンス/Bill Evans」や「キース・ジャレット/Keith Jarrett」などに強く影響を受け、内省的で微妙な感情に溢れ、抒情性と哀愁が見事に溶け合つた美しいインプロビゼーションを聴かせてくれる。パーソネルは、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati (p)」、「ガブリエル・エヴァンジェリスタ/Gabriele Evangelista (b)」、「ステファノ・タンボリーノ/Stefano Tamborrino (ds)」。

Seals

Galati Alessandro Trio / Via Vento Jazz



「The Country Life - Alessandro Galati」

          
by knakano0311 | 2018-03-07 10:00 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28176466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 建物のない博物館 スリリングな人間ドラマと’60... >>