大屋地爵士のJAZZYな生活

山の春色、三色

b0102572_1774577.jpg
b0102572_178967.jpg
b0102572_1772959.jpg

 山の春色、三色。「サンシュユ(山茱萸)」、「アセビ(馬酔木)」、「ウメ(梅)」。このあと、「コブシ(辛夷)」、「タムシバ(田虫葉)」、「エドヒガン(江戸彼岸)」と一気に春がすすむ。

 前回に続いて思い入れのある曲、「アローン・トゥギャザー/Alone Together」。 「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」のピアノ・トリオ・アルバムは、「Out Of Track」(2009)から。

新世紀~Out of tracks~

ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ / VIDEOARTS MUSIC( C)(M)



「Giovanni Mirabassi ー Alone together」

          

 そしてボーカルは、いろいろな引き出しを持っている人だと感心している「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」。

b0102572_21375682.jpg

 1963年生まれ。アメリカ、ネブラスカ州オマハ出身。名門ウェズリアン大学で文学を専攻、卒業後バークリー音楽大学に入学。バークリー音楽卒業後は、L.A.を拠点として活動する女性ジャズシンガー。1998年のデビュー以降、10枚のアルバム発表、2度のグラミー賞「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」にノミネートされた経験を持つという。ライブ活動をする傍ら、南カリフォルニア大学やロスアンゼルス・ミュージック・アカデミーで指導を行なっている。あの「グレッチェン・パラート/Gretchen Parlato」も「ティアニー・サットン」に師事した一人という。

 アルバムは、「Something Cool」(2002)から。その歌唱力の確かさは、ベースとのデュオ、この「Alone Together」を聴けばすぐに分かる。音程といい、ピッチの確かさといい、いとも簡単そうにまったく危なげなく歌いこなす。

Something Cool

Tierney Sutton/Telarc



「Tierney Sutton - Alone Together」

          
[PR]
by knakano0311 | 2018-03-14 13:19 | おやじのハコものがたり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28187454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鹿も気になる?桜の開花 中途半端でほっておくことなど許... >>