大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(200) ~ 薫りたつ ~

b0102572_1012480.jpg

 ウォーキング。香り立つ春の花。といえば、「ウメ(梅)」か「ジンチョウゲ(沈丁花)」。ご近所玄関脇に満開。やっぱり春です。

 ということで、今宵は、デンマークを拠点に活躍している新鋭ピアニスト、「サン・ビービー(ソレン・ベベ/Søren Bebe」率いるトリオの演奏で、「Luft/Air」。「Luft」はドイツ語で、「Air」は英語でいずれも「空気」。

b0102572_1744939.jpg
  
 「サン・ビービー」。2004年にデンマークの「Royal Academy Of Music」を卒業、2006年から「アンダース・モーゲンセン/Anders Mogensen(drums)」、「ニールス・ライド/Niels Ryde(electric Bass)とトリオを結成。初めて聴いてのが、端正で優しく、ロマンに溢れた一枚、「ア・ソング・フォー・ユー/A Song For You」(2012年1月録音)。一聴、すぐ惹き込まれた。新しき北欧ジャズ・ピアノ・トリオが、私のカテゴリーに加わった瞬間であった。

 今回の曲はアルバム、「サン・ビービー・トリオ・フィーチャリング・マーク・ジョンソン/Soren Bebe Trio Featuring Marc Johnson」(2013)から。アルバムのタイトル通り、1979年から1980年の死に至るまで「ビル・エヴァンス/Bill Evans」の音楽性を支え、また1987年からは、イタリアの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツイ/Enrico Pieranunzi」のトリオ活動したベーシスト、「マーク・ジョンソン/Marc Johnson」との共演アルバム。アルバム・ジャケットのロゴとして象形化された文字は「EVA」。「Bill Evans」からデザインされたことは容易に想像できる。

 何度となく訪れた北欧の風景や印象が目に浮かぶような曲、「Luft/Air」 ・・・。

 サン・ビービー・トリオ・フィーチャリング・マーク・ジョンソン

サン・ビービー・トリオ / スパイス・オブ・ライフ



「Luft/Air - Soren Bebe Trio featuring Marc Johnson」

          
[PR]
by knakano0311 | 2018-03-20 17:37 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28197738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(201) ... インスタント・ラーメンに似てい... >>