大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(216) ~ 梅雨入りを前にして ~

b0102572_0115714.jpg
b0102572_13494627.jpg

 九州地方は梅雨入りしたと報じられている。色づき始めた「アジサイ(紫陽花)」の奥のほの暗い中に、「ウノハナ(卯の花)」と呼ばれる、「ウツギ(空木)」が満開。森林ボランティアをしている公園の山に自生する「ヤマグリ(山栗)」は、もうすっかり花が落ちてしまったが、里の栗の花ははまだ満開。栗の花は、梅雨の時期までに散ってしまうことから、「墜栗花(ついりばな、あるいは、ついり)」と呼ばれる。「ついり」とは、「梅雨入り」のことだという。

b0102572_1350643.jpg
b0102572_044191.jpg

 この時期、あちこちで見かけるのが、よく似た二つの花。上の写真の方が、雄しべが長いので、「ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)」ではないかと思うが、赤い実が、実に可愛らしい。下の写真が「キンシバイ(金糸梅)」でしょう。

 今宵の曲、ブルースのスタンダード・ナンバー、「Come Rain or Come Shine」、「降っても晴れても」という邦題が付いている。1946年のミュージカル、「セントルイス・ウーマン/St.Louis Woman」のために書かれた、「ハロルド・アーレン/Harold Arlen」作曲、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」作詞の曲。

【 Come Rain or Come Shine 】  by Harold Arlen , Johnny Mercer

「♪ I'm gonna love you like nobody's loved you,  君のことを愛している、他の誰よりも
  Come rain or come shine.            雨が降ろうと、晴れようと
  High as a mountain and deep as a river,    山のように高く、川のように深く愛してる
  Come rain or come shine.            雨が降ろうと、晴れようと

  Well I guess when you met me         たしか最初に会った頃は
  That it was just one of those things,      そんな風には思っていなかったと思う
  But don't you ever bet me,           今は違うんだ、どうして信じてくれない
  'Cause I'm gonna be true if you let me.     本当なんだ 信じてくれ

  You're gonna love me like nobody's loved me,  君のことを愛している、他の誰よりも
  Come rain or come shine.            雨が降ろうと、晴れようと
  Happy together, unhappy together,       幸せな時でも不幸な時でもふたり一緒
  Won't that be fine?                それって素敵じゃないか?

  Day may be cloudy or sunny,          晴れの日も曇りの日もあるだろう
  We're either in or we're out of the money.    お金があるときもないときもね
  I'm with you always.               でも君と一緒
  I'm with you rain or shine.            雨でも晴れでも君と一緒だよ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_14435627.jpg
 久しぶりに男性ボーカルの雄、「21世紀のフランク・シナトラ」と評され、世界的にも活躍する­イケメン・ジャズシンガー、「マット・ダスク/Matt Dusk」。1978年、カナダ・オンタリオ州トロント生まれ。女性も男性もカナダはボーカル王国ですね。アルバムは、80人編成ものオーケストラを従えて、「チェット・ベイカー」の代表­曲を大人の魅力でで歌い上げたアルバムで、没後25周年、チェットへのトリビュート・アルバムでもある、「My Funny Valentine: the Chet Baker Songbook」(2013)。

MY FUNNY VALENTINE-THE CHET BAKER SONGBOOK-

マット・ダスク / Rambling Records


  

「Matt Dusk - Come Rain or Come Shine」


          

 ジャズ・ピアノのレジェンド、「ビル・エバンス/Bill Evans」。トリオ演奏は、伝説的名盤、「Portrait in Jazz」(1960)から。パーソネルは、「ビル・エヴァンス(ピアノ)」、「スコット・ラファロ(ベース)/Scott LaFaro」、「ポール・モチアン(ドラム)/Paul Motian」。

ポートレイト・イン・ジャズ+1

ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック



「Bill Evans Trio - Come Rain Or Come Shine」

          

 やはり、ブルースでも聴きたくなりますね。ロック・レジェンド、「エリック・クラプトン/Eric Clapton」とブルースのレジェンド、「B.B.キング/B.B. King」のコラボ・アルバム、2000年のグラミー賞最優秀トラディショナル。ブルース・アルバムに輝いた「Riding with the King」(2000)から。

ライディング・ウィズ・ザ・キング

B.B.キング&エリック・クラプトン / ワーナーミュージック・ジャパン



「B B King & Eric Clapton - Come Rain Or Come Shine」

          
    
     
      
[PR]
by knakano0311 | 2018-05-29 16:38 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28336390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 収穫、食卓に上がる ビオトープは小さな宇宙 >>