大屋地爵士のJAZZYな生活

夏は来ぬ 

b0102572_23155121.jpg
b0102572_116398.jpg

 梅雨の中休みですか、暑くなってきました。夏になると、公園の「丘の流れ」には、水遊びをする多くの子供たちがやって来る。車でしかくる手段がないので、天気の良い休日は、開園してすぐに駐車場も満車になってしまうくらい。入園料も駐車料金も無料。お弁当を持ってくれば、広い自然の中で、一日安全で楽しく遊べるし、いろいろなイベントも行っている。そんなことから、口コミで人気が広がっているらしく、年々来園者がふえているという。今年は、開園してから20周年を迎える。

 今宵は、夏讃歌。「サマー・ソング/Summer Song」。1961年、あの「デイブ・ブルーベック/Dave Brubeck」が作曲し、奥さんの「アイオラ・ブルーベック/Iola Brubeck」が作詞した曲。恋の素晴らしさを夏に例えた歌で、「ルイ・アームストロング/Louis Armstrong」をフューチャーしたアルバム、「ザ・リアル・アンバサターズ/The Real Ambassadors」で発表したという。

【 Summer Song 】 by Iola Brubeck / Dave Brubeck

「♪ Love to me is like a summer day,      私にとって愛は夏の日のよう
  Silent, 'cause there's just too much to say. 静かで、簡単には言えない多くの理由もある
  Still and warm and peaceful !        ひっそりとして暖かくそして平和
  Even clouds that may drift by,        流れる雲でさえ
  Can't disturb our summer sky.        私たちの夏の空を乱すことはできない
  I'll take summer, that's my time of year.   夏が一番いい、夏こそが一番
  Winter shadows seem to disappear.     冬の気配は全くせず
  Gayest, warmest season!          最も陽気で、暖かい季節
  That's the reason I can say,         それが理由さ
  That's I love a summer day.          私が夏を愛する理由さ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_1835356.jpg
 歌うは、 イタリア出身のジャズ歌手で、美しく艶やかでいて情熱な「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」。アルバム、「カムズ・ラヴ/Comes Love」(2008)から。

 「アリーチェ・リチャルディ」は、1975年イタリア、ミラノ生まれ。「プッチーニ」などを輩出した「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」に入り、バイオリンとピアノを学び、その後、「ミラノ国際音楽アカデミー」で、彼女より一足先にJAZZシンガー・デビューを果たしている「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。デビュー作後、消息を聞かなかったが、2ndアルバム、「Optics」(2014)を聴いた時は、「しばらく見ぬ間に、すっかり大人の風格をもち、本格派のジャズ歌手に脱皮した」、そんな印象を持った。

カムズ・ラヴ

アリーチェ・リチャルディ / EMIミュージック・ジャパン



「Alice Ricciardi - Summer song」

          
[PR]
by knakano0311 | 2018-06-13 10:03 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28354453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 公園の多様な生き物たち 伝統の粽(ちまき)作りを学ぶ   >>