大屋地爵士のJAZZYな生活

公園の多様な生き物たち

b0102572_15585266.jpg
b0102572_1559485.jpg

 なんといっても活動の最盛期を迎えているのが、「モリアオガエル(森青蛙)」。ビオトープの辺に満開の「ヤマボウシ(山帽子、山法師)」の枝先に真っ白な卵塊を産み付ける。この日数えたら、卵塊は15を超えていた。圧巻の光景。

b0102572_15593441.jpg
b0102572_15594729.jpg

 前回記事に書いた「エントツドロバチ(煙突泥蜂)」。気をつけて見てみると、あちこちに巣を作っています。たくさんの子供たちがやってくるので、蜂にはすまないがご遠慮を願っている。これから「スズメバチ(雀蜂、胡蜂)」も活動の時期を迎えるので、要注意。

b0102572_16193.jpg

 そして、こんな危険な動物も。「マムシ(蝮)」。この個体はまだ小さいので、生まれたばかりか。結構多く公園に生息しているので、注意を呼びかけている。

 とまあ、われわれにとっての天敵、鹿を含めて多くの生き物がこの公園には生息し、サバイバル競争を繰り広げているが、これも自然の摂理、多様性が保たれていることはいいことには違いない。

 さて、1978年、「ジョン・トラボルタ/John Travolta」主演、映画「サタデー・ナイト・フィーバー/Saturday Night Fever」の公開によって、日本中にディスコ・ブームが到来した。そんな年に大ヒットした曲が、「I Will Survive/邦題;恋のサバイバル」。アメリカR&B歌手、「グロリア・ゲイナー/Gloria Gaynor」の最大の代表曲でもあり、世界的な大ヒット。

 「♪ ・・・ さあ出て行ってよ。いますぐそのドアから出て行ってよ!アンタなんかに頼らないで生き抜いていって見せるわ ・・・ ♪」 失恋を経験した女性の高らかな独立宣言のような曲。難しい歌なんですが、カラオケで女性が熱唱したのを聞いて、その上手さにびっくりしたことがあります。また、1994年(平成6年)8月31日、東京に出張していて、JR田町駅前で出くわした異様な光景。聞くと、「ジュリアナ東京」の最後の日だという。青春とは程遠い時期だったが、その日の光景とダブって浮かぶ曲である。

【 I Will Survive 】 by Dino Fekaris / Frederick Perren

「♪ At first I was afraid I was petrified  最初は心配したし、混乱もした
  Kept thinkin' I could never live    あなたがそばにないと
  Without you by my side        生きていけないのではと考えて

  But then I spent so many nights    長い間、孤独の夜を過ごし
  Thinkin' how you did me wrong    自分は間違っていたんじゃないかと考えもした
  And I grew strong           でも私は強くなったのよ
  And I learned how to get along     一人でも生きてゆけるってわかったの

  And so you're back from outer space  でもあんたは戻ってきた
  I just walked in to find you here     情けない顔して戻ってきたあんたを
  With that sad look upon your face    見てしまったの
  I should have changed that stupid lock  もう錠を変えるわ
  I should have made you leave your key  あんたと同じ鍵なんか持つ気はないの
  If I'd've known for just one second   あんたが私のことを気にかけて帰ってきたなんて
  You'd back to bother me         一秒たりとも思いたくない

  Go on now go, walk out the door    さあ出て行ってよ。
  Just turn around now          いますぐそのドアから出て行ってよ!
  'Cause you're not welcome anymore   もうあんたなんかまっぴらよ
  Weren't you the one           わたしを傷つけたあんたなんか
  Who tried to hurt me with goodbye    サヨナラよ
  Did I crumble              落ち込むと思った? 
  Did you think I'd lay down and die?    死ぬほど泣き崩れるとでも思った?

  Oh no, not I, I will survive        ばかばかしい 私はひとりで生きてゆけるわ
  Oh as long as I know how to love     愛することができる限り
  I know I'll stay alive            生き続けるわ
  I've got all my life to live          わたしの人生すべてをかけて
  I've got all my love to give         わたしの愛すべてを捧げて 
  And I'll survive, I will survive, hey hey   生き抜いていって見せるわ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 まず、ゲイナーですかね。しかし元気が出ますね、この歌は ・・・。

I Will Survive: the Very Best of Gloria Gaynor

Gloria Gaynor / Polydor



「Gloria Gaynor - I Will Survive」

          

b0102572_13584924.jpg そして、ゲイナーとは全く対照的な歌唱のドイツを代表するジャズ・シンガー、「リザ・ヴァーラント/Lisa Wahlandt」。この歌唱の方が好きかもしれない。アルバムは、彼女にとって6枚目のアルバム、「ハートに火をつけて/原題;Stay a while ~ A Love Story in 9 Songs」。

 ロリータ・ボイスといっていいでしょう、妙にくすぐりますね。そんなリザが歌うのは、「ドアーズ/The Doors」の「ハートに火をつけて/Light my fire」や、「ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones」の「As tears go by(涙あふれて)」、「ビートルズ/The Beatles」の「Here there and everywhere」などのロック/ポップス・カヴァーである。そしてドイツを代表するピアニスト、「ウォルター・ラング/Walter Lang」率いるピアノ・トリオがリザのボーカルをひきたてる。

ハートに火をつけて

リザ・ヴァーラント+ウォルター・ラング / ミューザック



「Lisa Wahlandt - I Will Survive」

          

   


    
[PR]
by knakano0311 | 2018-06-14 13:55 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28357945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 花菖蒲に酔う 夏は来ぬ  >>