大屋地爵士のJAZZYな生活

強いパパの腕、優しいママの指先

b0102572_17475626.jpg
b0102572_15393938.jpg
b0102572_17565189.jpg
b0102572_17364378.jpg

 この日は、クラブが月一で開催している木工工作のイベントの日。「木を使ったかわいい動物やクラフト作り&竹パン」。加えて「父の日」である。梅雨の晴れ間とあって、朝から来園者が多く、朝10時には丘の駐車場ははや満車。木工教室の方も8家族を超える大盛況。

 ここぞとばかり木工を手伝う力強いパパの腕、パンを捏ねる優しいママの指先。子供たちは、魔法の手のように感じたかもしれない。立派な作品と美味しい竹パンができました。

 さて、今宵は「父の日」にちなんだ曲ということで、最初は、ハード・バップの曲で、ファンキーなマイナー・ブルース、「One For Daddy-O」。アルバムは、どのジャズ本にも名盤として紹介されている「キャノンボール・アダレイ/Cannonball Adderley」の「サムシン・エルス/Somethin' Else」(1958)。ジャズのスタンダード中のスタンダードとされる「枯葉/Autumn Leaves」が収録されていることでも有名であるが、契約上の問題で、「マイルス・デイヴィス/」名義ではなく、「キャノンボール・アダレイ」名義とされたという。アダレイの弟、「ナット・アダレイ/Nat Adderley」によって書かれた曲で、シカゴの人気ディスク・ジョッキー、「タディ・オー・デイリー/Daddy-O Daylie」に捧げられているという。

Somethin' Else

Cannonball Adderley / Blue Note



「Cannonball Adderley - One for Daddy-O」

          

b0102572_17492879.jpg
 お次は、イタリアが誇るソウル海坊主、「マリオ・ビオンディ/Mario Biondi」の「I'm Her Daddy」。1971年生まれ、イタリア シチリア島の出身。12歳から教会で歌い始め、ソウル・ミュージックを愛し、17歳の時には「レイ・チャールズ/Ray Charles」のイタリア公演の前座を任されるまでになったという。活きの良さが売りの人気のジャズ・コンボ「High Five Quintet」をバックに、6万枚を売上げた、デビュー・アルバム「Handful Of Soul」(2006)から。

 別れた女性の娘の父親が、その娘に寄せる歌。切なる思いが伝わってくる。

【 I'm Her Daddy 】 by Bill Withers

「♪ How do you do, Lucy?   ルーシー 元気かい
  You sure been hard to find  やっと探し当てたんだ
  I heard you had a daughter six years old  君に娘がいて6歳になるんだってね
  And I just can keep from crying    そう聞いたけど泣かないようにしているんだ

  Six years and Lucy    6歳の娘と君に
  Lord, have mercy     神様の恵みがありますように
  That's a long time     長い時間だったね
  That's a long time     本当に長い時間だったね

  Is she pretty? Has she grown?  可愛いんだろうね 大きくなったんだろうね
  Does she sleep well in a room of her own? 自分の部屋でちゃんと寝ているかい?
  Can I see her? Does she know   会えるだろうか? 僕が父親だってこと知っている?
  That I'm her daddy? I'm her daddy   僕が彼女の父親だってことを

  Did you give her love, love,     もちろん君は彼女に愛を与えているさ
      one of my pictures?       でも僕の写真はどうかな?
  Does she carry, yeah, yeah, picture with her? 彼女は僕の写真を離さずに持っている? 
  Does she show it to the baby sitter     ベビーシッターにも見せて
  And say, see that man, that's my daddy  「これ私のパパよ」なんて言ったりして
  That's my daddy, yeah           「これ私のパパよ」なんてね

  You should have told me, Lucy       そうだと言ってくれよ ルーシー
  You should have told me, Lucy       そうだと ・・・ 言ってくれ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

Handful Of Soul

Mario Biondi & The High Five Quintet /




「Mario Biondi - I'm Her Daddy」


          
[PR]
by knakano0311 | 2018-06-19 10:20 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28381623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(219) ... 今朝の地震に驚く >>