人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

ああ、日陰が欲しい

b0102572_13422438.jpg

 本日も酷暑の中の作業。先日、苗の一部が大雨で土砂とともに流された台場クヌギ再生林に土留めを設ける作業。35度を超えるこの暑さの中では、1時間が限度である。その時間でできる作業量に止め、早めに作業を終える。それにしても、日陰が欲しい。

 さて今宵は、往年の名曲、「ネイチャー・ボーイ/Nature Boy」。「ナット・キング・コール/Nat King Cole」の1948年のヒット曲。今の森林ボランティア・グループを立ち上げる時に、考えたグループ名の候補の一つが、この歌に由来する「ネイチャー・ボーイズ/Nature Boys」だった。

【 Nature Boy 】  作詞・作曲;エデン・アーベ/Eden Ahbez

「♪ There was a boy…               昔あるところに少年がいたんだ
   A very strange enchanted boy.        とても変わった魅力のある少年だった
   They say he wandered very far, very far   彼はとてもとても遠い場所から
   Over land and sea,              長い旅をし、やって来たのだと人は噂した
   A little shy and sad of eye           内気で、悲しい目をしていたが 
   But very wise was he.            その少年は大変賢かった

   And then one day,               そして、ある日
   One magic day, he passed my way.      ある不思議な日、少年は僕の前に現れた
   And while we spoke of many things,      僕達はたくさんのことを話した
   Fools and kings,                 愚者や王様たちについての話を
   This he said to me,               そして、彼は僕にこう言った
   ”The greatest thing you’ll ever learn      『君が学ぶべき大事な事は
   Is just to love and be loved in return”     人を愛せば、自分も愛される』 と ♪」


b0102572_14212451.jpg
 その「Nature Boy」を歌うのは、世界最高のア・カペラ・グループと言っていいでしょう、2014年に結成30周年を迎え、「奇跡のヴォーカル・グループ」とも呼ばれるスウェーデンのジャズ・アカペラ・グループ、「ザ・リアル・グループ/The Real Group」。この「Nature Boy」は、彼らのレパートリーの中でも、定番曲といっていいほど人気の高い曲。

 世界に数あるア・カペラ・グープのなかでも、そのハーモニーの美しさは傑出しており、日本にもたびたび来日している。「スウェーデン王立音楽アカデミー」で出会った5名のメンバーによって1984年に結成。1987年にアルバム、「Debut」でCDデビューし、1995年には米国現代アカペラ協会(CASA)から、ア・カペラ界の最大の栄誉の1つである「The World's Best Vocal Group」賞を授与されているという。現在はソロ活動をしている「マルガリータ・ベンクトソン/Margareta Bengtson」が初代のソプラノであった。

 スウェーデンと日本の友好条約が締結されて150周年を迎える2018年。その特別な年に8年ぶりに発売された新アルバム、「エレメンツ/Elements 」にも収録されている。

b0102572_14311989.jpg
 
エレメンツ/Elements
ザ・リアル・グループ/The Real Group
Spice of Life



 すこしでも涼を感じていただけたら幸いです。

「The Real Group ー Nature Boy」

          
   
   
by knakano0311 | 2018-08-02 14:33 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28530676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maya653 at 2018-08-02 17:28
今年は私たちのコーラスもスウェーデンの
コーラスなどとの交流機会を何度かもちます。
スウェーデンの音楽レベルはとても高いですよね。
実は先日、新たにアカペラカルテットを作ったのですが
グループ名をNaturalにしようと思っていたところでした。
なんか不思議な偶然。
私たちは女性4人だからNature Girls かしら?^^
Commented by knakano0311 at 2018-08-03 10:26
maya653 さん  時々ブログを拝見していますが、二胡のほかに、コーラスグループもやっていらっしゃるんですね。目指せ! リアル・グループ!
<< 万葉の花、「ヒオウギ(檜扇)」... 嵐が過ぎた日曜日 >>