人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

台風一過、被害はなかったが ・・・

b0102572_11492788.jpg

 7月上旬の西日本豪雨、逆走台風12号、そして今回の台風20号と今年は3回ほど、災害に直結するような豪雨、台風が襲来したが、今回の台風が暴風雨の度合いが一番強かった。ピークは、深夜12時ころの30,40分ほど。姫路あたりに再上陸したが、家が揺れるくらいの暴風が吹き、その音が家中に響いていた。でもピークを過ぎると、急速に収まり、安堵のため明け方まで爆睡してしまい、起きた頃には、朝ドラがもう始まっていた。被害は、風で園芸道具がなぎ倒されたくらい。個人的には、前日の山作業で転倒した際の太ももの打ち身の方が堪えている。しばらくは階段の上り下りがこたえそう。

 今年は台風も含め、豪雨の当たり年。そこで、多くの方の声を代弁して、今宵の曲は、「I Can't Stand In The Rain」。「この雨、私はもう耐えられない」。そんな意味でしょうか。ソウル・シンガー、「アン・ピーブルス/Ann Peebles」ほか、「ドン・ブライアント/Don Bryant」、「バーナード・ミラー/Bernard Miller」による1973年の曲。のち、「イラプション/Eruption」、「ティナ・ターナー/Tina Turner」のカバーによりヒットした。

【 I Can't Stand In The Rain 】 by Bernard Miller, Don Bryant, Ann Peebles

「♪ I can't stand the rain      降り続くこの雨にもう我慢できないわ
  Against my window        窓に打ち付ける雨
  Bringing back sweet memories  幸せだった思い出を蘇らせる

  I can't stand the rain       この雨にもう我慢できないわ
  Against my window        窓に打ち付ける雨
  Cause he ain't here with me    だってもうあの人は去ってしまったから

  Hey windowpane          ねえ、窓ガラスさん
  Tell me, do you remember     覚えていたら言って
  How sweet it used to be      あの頃どれだけ幸せだったかを

  When we were together       ふたりが一緒だったときは
  Everything was so grand       なんもかもが最高
  Now that we've parted        別れてしまったいまは
  There's just one sound        ただ雨の音だけが聞こえるだけ
  That I just can't stand        もう耐えられないわ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

b0102572_13304269.jpg
 さて、歌姫は、目力姉御、「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」。アルバム、「Blue Light 'Til Dawn」(1993)、「Closer To You: The Pop Side」(2009)に収録されている。ミシシッピ州ジャクソン生まれのカサンドラにとってブルースは、彼女自身のアイデンティティそのものであり、ルーツでもある。その彼女の親しんできた愛唱曲を集めたアルバムが、「ブルー・ライト」。彼女の力強い歌声と自分の世界を創りあげてしまう天才的な表現力は、まぎれもなく、最高のジャズ・ディーヴァであり、1996年度、2008年度のグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞の受賞者で、1990年代を代表するジャズ歌手の一人である。

ブルー・ライト

カサンドラ・ウィルソン / EMIミュージック・ジャパン



クローサー・トゥ・ユー~ザ・ベスト・ポップ・ヒッツ・コレクション

カサンドラ・ウィルソン / ユーメックス



「Cassandra Wilson - I Can't Stand The Rain」

          
  
   
b0102572_13385771.jpg
 そして、イギリス出身の男性ソウル・ミュージシャン、「シール/Seal」の歌唱も ・・・。アルバムは、「ソウル/Soul」(2008年)から。

 「シール」は、1963年、イギリスのパディントンにてブラジル系の父とナイジェリア人の母の間に生まれた。1980年代後半から地元のクラブやバーでライブ・パフォーマンスを行い、本格的なアーティスト活動を開始させる。1990年に歌手デビュー。デビューアルバム「Seal」(1991)は、英国アルバム・チャート1位を獲得し、ヨーロッパだけでなくアメリカやカナダなどでも大ヒットとなった。

 ソウルフルで男臭さ満載。ハスキー・ボイスでソウル・R&B・ポップスなど様々なジャンルを歌いこなす。世界的なソウル・R&B歌手で日本でも高い人気を獲得している。容貌もごつくて怪異。顔に傷のようなものがあり、また頭髪もないが、これらは幼少の頃にかかった膠原病の一種の後遺症によるものであるという。

Soul

Seal / Warner Bros / Wea




「Seal - I Can't Stand The Rain」


          
by knakano0311 | 2018-08-25 09:36 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28605191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 当たり前ですが、毎年同じように... 台風が近づいてくるので、急いで >>