大屋地爵士のJAZZYな生活

紅葉の始まった公園で

b0102572_15532781.jpg
b0102572_15534129.jpg
b0102572_23242268.jpg

 紅葉が始まった。「クヌギ(椚、櫟)」や「イタヤカエデ(板屋楓)」は、もうとっくに色づいているが、主役の「イロハモミジ(いろは紅葉)」、公園で一番早く色づくのは、決まって駐車場脇のそれである。この日は、地域一帯のイベント、「黒川里山まつり」の一環で、クラブ主催の「ひとくら里山ツアー」。我々の活動フィールドである公園内の里山で、今も活用されている、炭窯、クヌギ林など、里山の営みを巡る園内ツアー。薪割り体験、のこぎり体験も。炭の販売はあっという間に完売となってしまった。

 今宵の曲、「ノルウェイの森/Norwegian Wood」。この曲がヒットした当時、「Norwegian Wood」って、「ノルウェイ産の木材」という意味。どうして「ノルウェイの森」という訳になるのか?などと論議を呼んだこともあった。歌詞を読むと、彼女の部屋の内装が「ノルウェイ産の木材」でされているという意味に取れる。


【 Norwegian Wood (This Bird Has Flown) 】  by John Lennon / Paul Mccartney

「♪ I once had a girl         昔、ナンパして付き合っていた女がいた
  Or should I say she once had me  いや、ナンパされたといったほうがいいのかな
  She showed me her room     彼女は僕に部屋を見せてくれた
  Isn't it good Norwegian wood?    いいじゃない ノルウェイ産の白木の内装って

  She asked me to stay        彼女は泊まっていったらと言った
  And she told me to sit anywhere   どこでも好きなところに座ってとも
  So I looked around          そこで周りを見回すと
  And I noticed there wasn't a chair   椅子なんかどこにもない

  I sat on a rug biding my time   仕方がないから絨毯の上に座ってチャンスを待っていた
  Drinking her wine            彼女が差し出したワインを飲み
  We talked until two and then she said  なんと夜中の2時までしゃべった
  "It's time for bed"            そこでやっと彼女は「ベッドの時間」と言った

  She told me she worked        しかし彼女は言った 朝から仕事なんだ
  In the morning and started to laugh   そう言って笑いだした
  I told her I didn't      僕は次の日は何にもないと言ったが、ベッドに入れてもらえず
  And crawled off to sleep in the bath  結局、バスタブまで這って、寝る羽目になったんだ

  And when I awoke I was alone   次の朝、起きるともう彼女は出勤して、僕一人だった
  This bird had flown     せっかく手に入れた「鳥」が飛立ってしまったような癪な気分
  So I lit a fire             だから部屋に火をつけた
  Isn't it good Norwegian wood?     よく燃えるんだ ノルウェイ産の木材って  ♪」


 さて、歌姫。前回に続いて、ジャズ、ロック、POPSの壁を易々と乗り越え、独自の世界をつくるアーティスト、「パトリシア・バーバー/Patricia Barber」。この心象世界を歌った歌でも、独自の世界を構築している。YOUTUBEで見つけました。

b0102572_23463331.jpg

Live: A Fortnight in France
パトリシア・バーバー/ Patricia Barber
Blue Note Records



「Patricia Barber Quartet ー Norwegian Wood」

          

 「ノルウェイの森」の作家、「村上春樹」氏が、11月4日、国内では37年ぶりに母校の早稲田大学が開いた記者会見に出席し、「ノルウェイの森」の第一稿などの貴重な原稿や、自身の蔵書、世界各国で翻訳された著作や、1万数千枚あるというレコード・コレクションなどの資料を大学に寄贈すると発表した。彼は、かってジャズ・バーの経営にも携わり、ジャズに関する著作も多いが、「僕の集めたレコードや書籍をストックした書斎みたいなスペースを設け、そこでレコードコンサートを開けたらいいですね。僕も積極的に関わっていきたい」と会見で語っている。
   

   
[PR]
by knakano0311 | 2018-11-05 12:06 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/28784654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 見事に熟した干し柿を頂く あちらこちらで文化祭やイベント... >>