人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

燕を初めて見た日に蓬を摘む

燕を初めて見た日に蓬を摘む_b0102572_10450373.jpg
 ウォーキングの途中、今年初めて燕を見た。番(つがい)で巣作りの準備をしている。気温がぐんぐんと上がって、シャツ一枚でも汗ばむような感じ。午後からは、ちょっと遅くなってしまったが、猪名川の堤で、「よもぎ餅」を作るため、「ヨモギ(蓬)」の柔らかい葉を摘む。

 川に因む今宵の曲、まず、「Watching the River Flow」。ドラム界のスーパー・スター、「スティーヴ・ガッド/Steve Gadd」。1977年(昭和52年)から、1992年(平成4年)にかけて、毎年夏(7月)に催されていた、日本のジャズフェスティバル、「Live Under The Sky 1987」でのゴキゲンな演奏。他のメンバーは、「コーネル・デュプリー/Cornell Dupree(g)」、「 エディ・ゴメス/Eddie Gomez(b)」、「ロニー・キューバー/Ronnie Cuber(b-sax)」、「リチャード・ティー/Richard Tee(key board)」。

「Watching The River Flow - Steve Gadd」

          

 2曲目は、「Take Me to the River(川へ連れて行って)」。「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」が、死の10ヵ月前となる1996年1月3日、ワシントンDCのジャズクラブ、「ブルース・アレイ/Blues Alley」にて行なったステージを完全収録したライブ盤、「Nightbird」(2015)から。元々は、ソウル界のレジェンド、「アル・グリーン/Al Green」が1974年に発表した曲。

【 Take Me To The River 】  by Al Green / Mabon Lewis Hodges

「♪ I don’t know why I love you like I do    なぜあんたを愛しているのかわからない
  After all the changes you put me through  あんたと関わってからは全てが変わった
  Stole my money, my cigarettes         私の金もタバコも盗むし ・・・
  I haven’t seen the worst of it yet     でも、まだ最悪じゃないと思っている

  I wanna know boy, won’t you tell me     あんたをもっと知りたい だから話して
  Tell me how can I stay here with you   どうしたらこれ以上あんたと一緒にいられるのか

  Won’t you take me to the river    川まで連れて行って
  Wash me down              私を洗い流してよ
  Take me to the river         川まで連れて行って
  Put my feet back on the ground    洗い流してから、戻してよ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

燕を初めて見た日に蓬を摘む_b0102572_10494080.jpg



 Nightbird
 Eva Cassidy
 Imports







「Eva Cassidy - Take Me To The River」

          
   


   

by knakano0311 | 2019-04-09 10:58 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29356322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 街のさくら ~ 桜の下に集う ~ いつものように植木屋巡りと田虫... >>