人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

On The Street Where I Live

On The Street Where I Live_b0102572_17364214.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17370682.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17374259.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17380602.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17383454.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17390796.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17395199.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17401451.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17404627.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17410755.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17414044.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17415926.jpg
On The Street Where I Live_b0102572_17421861.jpg


 初夏を思わせるような明るく暖かい日差しを浴びてウォーキングを楽しむ道は、まるでボタニカル・ガーデン。「リキュウバイ(利休梅)」、「スパラキシス(和名:スイセンアヤメ)」、「ベニハナトキワマンサク(紅花常磐万作)」、「ヒメツルニチニチソウ(姫蔓日々草)」、「ツツジ(躑躅)」、「ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)」、「ウンナンオウバイ(雲南黄梅)」、「カキツバタ(杜若)」、「シロヤマブキ(白山吹)」、「シャガ(射干、著莪、胡蝶花)」、「ハナミズキ(花水木)」、「ハナモモ(花桃)」、「ライラック(リラ)」 ・・・。


 今宵の曲、「On The Street Where You Live(君住む街角)」。1956年に初公演され、また、「オードリー・ヘップバーン/Audrey Hepburn」主演で、1964年に映画化もされたブロードウェイ・ミュージカル、「マイ・フェア・レディ/My Fair Lady」のために制作された歌のひとつ。作詞、「アラン・ジェイ・ラーナー/Alan Jay Lerner」と作曲、「フレデリック・ロウ/Frederick Loewe」。


【 On The Street Where You Live(君住む街角) 】
                by Alan Jay Lerner/Frederick Loewe

「♪ I have often walked down the street before  いままで何度もこの通りを歩いてきたし
  But the pavement always            足元にある敷石も今までどおりで
  Stayed beneath my feet before         前と変わったわけではない
  All at once am I                でも君が住んでいる街だと知った途端
  Several stories high              ビル数階分ほど
  Knowing I'm on the street where you live   舞い上がった気分になってしまった

  Are there lilac trees               ライラックの樹はあるかい
  In the heart of town?               街のど真ん中に?
  Can you hear a lark in any other part of town?  街で雲雀のさえずりが聞こえるかい?
  Does enchantment pour               魅力が溢れ出しているかい
  Out of every door?                 どのドアからも?
  No, it's just on the street where you live  そうじゃないとすれば、こんな気分になるのは
                           それはきっと君がこの街にいるからだ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


 歌姫は、まず、1966年生まれのオランダのジャズ・シンガー、「イルセ・ヒュイツインガー/Ilse Huizinga」。ブロードウェイのナンバーを集めた魅力的なアルバム、「Beyond Broadway」(2005) から。彼女の夫で、アレンジャー、作曲家でもある「エリック・ヴァン・デル・リュイート/Erik van der Luijt」のピアノとのおしどりデュオ。

On The Street Where I Live_b0102572_17470033.jpg


 Beyond Broadway/ビヨンド・ブロードウェイ
 Ilse Huizinga/イルセ・ヒュイツインガー
 Maxanter







「Ilse Huizinga - On The Streets where you Live」

          

 次は、オーソドックスなスタンダードを自分の世界に変え、一幕の芝居を見るような、そんなアルバム作りをするという印象を持つ女性ボーカル、「ホリー・コール/Holly Cole」。映画「バクダットカフェ」の主題歌となった、「コーリング・ユー/Calling You」のカバーが収録されたアルバム「Blame it On My Youth」(1991)で注目されてから、もう25年以上経つのである。

On The Street Where I Live_b0102572_17510758.jpg


 Blame It on My Youth
 Holly Cole Trio/ホリー・コール・トリオ
 Blue Note Records






「Holly Cole Trio - On the street where you live」

          

 私が住んでいる川西市にも住んだことがあるという、日本人女性ジャズ・ボーカル、「ヌーン/noon」のアルバム、「Walk With The In New Orleans」(2007)から。

On The Street Where I Live_b0102572_17545651.jpg


 WALK WITH THEE IN NEW ORLEANS  
 noon/ヌーン
 ビクターエンタテインメント






「ヌーン/noon - 君住む街」

          
   


   


by knakano0311 | 2019-04-20 18:02 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29379154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< れっきとした桜です 山師の道しるべとなった花 >>