人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

最初に咲いたのは ・・・

b0102572_10005554.jpg
 「ヌバタマ(射干玉)」と呼ばれる真っ黒い種を頂いたので、三年ほど前から庭先で育てている万葉の花、「ヒオウギ(檜扇)」。その花が一輪、今朝開花した。濃いオレンジ色に赤い斑点が入る、「シンリュウ(真竜)」と呼ばれる品種。これは結構好評で、知人にも去年採種した「ヌバタマ」を分けてあげたが、さて今年咲くだろうか。

b0102572_10015680.jpg

 今宵聴きたくなったのは、スペイン・ジャズの枠を超えて、今、ヨーロッパ・ジャズを代表する歌姫に数えられているという「カルメ・カネラ/Carme Canela」。
 
 1962年、バルセロナ生まれ。円熟味を増した57歳。16歳の時、ジャズ・オーケストラのボーカルとしてキャリアをスタート、1996年にアルバム・デビュー。カタルーニャ出身のアーティストらしく、民族的メッセージが込められたアルバムをリリースしてきたが、最新作、「バラッド/Ballads」(2018)では、スタンダード・ナンバーを中心に、「マル・ウォルドロン/Mal Waldron」の「レフト・アローン/Left Alone」や「ガーシュイン/Ira & George Gershwin」の「エンブレイサブル・ユー/Embraceable You」などを取り上げており、「ジョアン・モネ/Joan Monne」の美しいピアノをバックに、繊細で円熟した歌唱が心に響く。これぞ大人の女性ボーカル。「カルメ・カネラ」と「ジョアン・モネ」のデュオ・アルバム、「Ballads」は、「ジャズオーディオ・ディスク大賞2018 ヴォーカル部門金賞」を受賞した。その中から、「エンブレサブル・ユー/Embraceable You」。

b0102572_10025106.jpg


 Ballads
 Carme Canela / Joan Monne
 Fresh Sound




      
「Canela Monné Duet - Embraceable you」

          

 前述のアルバムを聴いてから、もう少し彼女を聴いてきたいと思ったのが、アルバム、「Granito de Sal」(2013)。「ジョアン・モネ」や、ベースの「Marko Lohikari」、ドラムの「ダビ・クシルグ/David Xirgu」といったスペインの気鋭ジャズメンたちが軽やかなサウンドを奏で、カルメはメロディをしっとりと、情感豊かに歌う。「エドゥ・ロボ/Edu Lobo」などのブラジリアン・ナンバーに混じり、「ビートルズ/The Beatles」や「セロニアス・モンク/Thelonious Monk」を取り上げるなど、さまざまなジャンルからいい曲を集め、カルメらしいアレンジで聴かせる。の本領発揮といったところ。さまざまなジャンルからいい曲を集め、それを独自のジャズに料理する彼女の卓越したセンスに脱帽させられます。タイトル曲、「Granito de Sal」は、古くは「トリオ・ロス・パンチョス/Trío los Panchos」あたりも歌ったというラテンの名曲で、意味は「塩の花崗岩」。

b0102572_10060554.jpg


 Granito de Sal
 Carme Canela/カルメ・カネラ
 Fresh Sound New Talent






 残念ながらYOUTUBEにはアップされていないので、聴きたい方は、上のアルバム紹介から、さわりだけを ・・・。
   
   
   
   

      
 


by knakano0311 | 2019-07-17 10:11 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29525541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いよいよ終の棲家に 梅雨の最中、伸びているのは ・・・ >>