人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

久しぶりの鋸の感触がいい

b0102572_16503793.jpg
b0102572_16510370.jpg
b0102572_16513352.jpg
 久しぶりの尾根筋での伐採作業。5月下旬以来の3ヶ月ぶりか。あの頃は初夏の爽やかな風を受けての作業だったが、今日は蒸し暑い中を、「はあはあ」言いながら尾根を上がっていく。先日の台風の影響もあったので、登山道には結構折れた枝が散乱している。久しぶりに耳にするチェーン・ソーの音、久しぶりに手にする鋸の感触がいい。やっと本来の森林ボランティアに戻った感じ。山頂の岩には、縄張りを主張する「イノシシ(猪)」の落し物が ・・・。

b0102572_16530350.jpg
 さて、今宵久しぶりのピアニストは、「レシェック・モジジェル/Leszek Możdżer」。舌を噛みそうで、いつもまともに発音できません。1971年生まれ、ポーランドの音楽家、ジャズ・ピアニスト、映画音楽の作曲家、音楽プロデューサーでもある。両親のすすめで5歳の時にピアノを始め、18歳でジャズに出会ったという。1996年、「グダニスク音楽アカデミー」を卒業。これまで「クシシュトフ・コメダ」賞(1992年)、ポーランド外務大臣賞(2007年)などを受賞。 幅広いキャリアで多くの音楽作品に参加しており、コラボレーションしたアーティストは、「パット・メセニー/Pat Metheny」、「アンナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」など多数に及ぶ。映画音楽の作曲家ともコラボしており、「ジョニー・デップ/Johnny Depp」主演の「ピーター・パン」を素材にした「ネバーランド/原題:Finding Neverland」(2004)や「ハチ公物語」のリメイク、「HACHI 約束の犬/原題: Hachi: A Dog's Tale」(2009)などの映画音楽で演奏している。 世界各国で公演を行っており、ショパン生誕200年にあたる2010年には、来日公演を行った。

b0102572_16541705.jpg



 いくつかのポートレートを見て、強い印象を受けたのは、その圧倒されそうな「目ヂカラ」。そして全体の印象も「容貌魁偉」の「怪人」といってもいいくらいのその迫力。クラシック・ピアノの基礎的な技法は確かなもので、その上に奔放なジャズのイマジネーションの世界を築いている。私が最もご贔屓する欧州ジャズ・ピアニストのひとり。
     
 ベルリン交響楽団のストリングスとコラボした、「Leszek Mozdzer & Friends」のアルバム、「Jazz At Berlin Philharmonic III 」(2015)から「Praying」。この曲を聴いただけで、「ああ!この人は天才」と感じてしまう。コラボメンバーは、お馴染み、スウェーデンを代表する才人ベーシスト、「ラース・ダニエルソン/Lars Danielsson(b)」、イスラエル出身「ゾハール・フレスコ/Zohar Fresco(perc)」と「Atom String Quartet」。

b0102572_16552787.jpg



 Jazz at Berlin Philharmonic II
 Leszek Mozdzer & Friends
 ACT Music





        
「Leszek Mozdzer & Friends - Praying」

           

「Leszek Możdżer & Friends - Etude no.2」

           
    
      
       


by knakano0311 | 2019-09-07 17:03 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29628506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 炎天、名残りの花が ・・・ ほとんどエンタメ >>