人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

炎天、名残りの花が ・・・

b0102572_18234456.jpg
b0102572_14165424.jpg

 むくむくと湧き上がる入道雲。熱中症で倒れた人でも搬送しているんでしょうか、頻繁に聞こえる救急車のサイレン。9月になっても、猛暑は一向に衰える気配はない。咲きだした7月頃の鮮やかさはやや薄れたとはいえ、ウォーキングの道には、いまだにその存在感を誇る炎天の花、「ノウゼンカズラ(凌霄花)」が ・・・。

b0102572_14174262.jpg



 今宵もその容貌と目ヂカラが醸す存在感が圧倒的な「レシェック・モジジェル/Leszek Możdżer」。その指先から紡ぎ出される、容貌とはとても似ても似つかないような繊細で美しい音。まるで炎天の中で感じる一陣の涼風のようだ。 
   
 「Africa」、「Polska」は、モジジェルの祖国ポーランドをテーマに描いたアルバム、「Polska」(2013)から。結晶のようにキラキラ輝きを放つ彼のピアノの音色は、いつ聴いても美しい。パーソネルは、「レシェック・モジジェル(p)」、スウェーデンを代表する才人ベーシスト、「ラース・ダニエルソン/Lars Danielsson(b)」、イスラエル出身「ゾハール・フレスコ/Zohar Fresco(perc)」の鉄壁トリオ。

b0102572_14191032.jpg



 Polska Leszek
 Mozdzer
 ACT

     


    
「Możdżer Danielsson Fresco - Africa」

          


「Możdżer Danielsson Fresco - Polska」

          

 収録されているアルバムはわかりませんが、宝石のような音が連なる曲は、「Psalmen」。聖書の詩篇(独語:プサルメン)。

「Psalmen - Możdżer, Danielsson, Fresco」

          
    
    
     


by knakano0311 | 2019-09-09 14:26 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29631441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ふ~~~ん 久しぶりの鋸の感触がいい >>