人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

視界良好

b0102572_09481734.jpg
 知明山山頂付近に残っている倒木の処理が今日の作業。1年前の台風21号のよる倒木である。麓からあがってくる風はもうすっかり秋の風。さほど汗ばむこともなく心地よい。あれほどうるさかった蝉の声はもう聞こえない。片付けたら、見通しがすっかり良くなった。爽快。視界良好。

b0102572_09485571.jpg

 こんな山頂にまで、外来種、「ベニハナボロギク(紅花襤褸菊)」の綿毛が一面に散らばっている。その絹糸の様な優美な光沢とふてぶてしいまでの繁殖力に感心。
   
 さて今宵の曲は、「I can see clearly now」。雪が降らない常夏の国、ジャマイカのボブスレー・チームが、無謀にも1988年のカルガリー冬季オリンピックに挑むという実話に基づく1993年の映画、「クール・ランニングCool Runnings」の主題歌に使われていた。歌ったのは「ジミー・クリフ/Jimmy Cliff」。曲のオリジナルは、作詞・作曲ともに、「ジョニー・ナッシュ/Johnny Nash」。
    
【 I can see clearly now 】   作詞・作曲 Johnny Nash
    
「♪ I can see clearly now, the rain is gone,  もう雨は上がったから、今ならはっきり見える
  I can see all obstacles in my way       僕の行く手を阻むものもすべて
  Gone are the dark clouds that had me blind  目の前を遮っていた雲は去り
  It’s gonna be a bright, bright         明るく輝く
  Sun-Shiny day.                  日になるんだ

  I think I can make it now, the pain is gone  もう大丈夫だと思う、痛みは去ったから
  All of the bad feelings have disappeared    嫌な思いはすべて消し飛んだ
  Here is the rainbow I’ve been praying for    ずっと願っていた虹が架かっているよ
  It’s gonna be a bright, bright          明るく輝く
  Sun-Shiny day.                   日がやって来るんだ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
   
    
 「ホリー・コール/Holly Cole」。アルバム、「ベッドで煙草を吸わないで/Don't Smoke in Bed」(1993)から。

b0102572_09501422.jpg



 Don't Smoke in Bed
 Holly Cole Trio/ホリー・コール
 Blue Note Records

        




「Holly Cole Trio - I Can See Clearly Now」

          

「インガ・マリエ/Inger Marie」、「My Heart Would Have a Reason」(2009)から。音質が悪いですがご勘弁を ・・・。

b0102572_09525991.jpg


 My Heart Would Have a Reason
 Inger Marie Gundersen/インガ・マリエ
 Stunt

        



「Inger Marie Group - Live in Tokyo - I can see clearly now」

          

 「ジミー・クリフ」のバージョンも ・・・。

「Jimmy Cliff - I Can See Clearly Now (Official Video) 」

          

    
    
    


by knakano0311 | 2019-09-21 09:58 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29649386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 名残りの花 田舎家カフェで ・・・ >>