人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

いま公園はどんぐり王国に

b0102572_09175507.jpg
b0102572_09181353.jpg
b0102572_09183995.jpg
b0102572_09190816.jpg
b0102572_09193674.jpg
  
 いま公園はドングリ王国。そして子供たちはドングリが大好き。クヌギ、コナラ、シラカシ、アラカシ、スタジイ ・・・。この他にも、シイ、マテバシイ、アベマキなど形も大きさもいろいろなドングりがいっぱい。今年も豊作、きっと鹿も猪もリスも大喜び。
    
b0102572_09203576.jpg
 こちらは、「山のブルーベリー」と呼ばれる「ナツハゼ(夏櫨)」の実。口に含むとすこし酸っぱいが爽やかな味がする。山作業の途中のちょっとした喜び。私は、「マンゴー」に似た味のする「ヤマボウシ(山帽子、山法師)」のみが好きなのだが、なぜか実がなっていない ・・・。

b0102572_09222042.jpg


 最近、ジャズとクラシックを融合した演奏もよく聴いているが、今宵は「キース・ジャレット/Keith Jarrett」。彼は、ジャズ・ピアニストとして認識されているが、クラシック等、ジャンルを超えた音楽表現を身上とし、演奏楽器もピアノにとどまらず、ソプラノ・サックス、パーカッション、ハープシコード、チェンバロ、リコーダーなど多岐にわたるという。幼少期はクラシックの教育を受けていたが、高校時代からジャズに傾倒するようになったといい、1980年代後半から90年代にかけては、本格的なクラシック音楽のレコーディング活動も行っている。そんな一枚が、世界的なリコーダ奏者、「ミカラ・ペトリ/Michala Petri」とコラボした、「J・S・バッハ:リーコーダーソナタ集/Bach Sonatas」(1992)。
 
 一方、「ミカラ・ペトリ」は、1958年、コペンハーゲン生まれ。3歳よりリコーダーを吹き始め、5歳でデンマーク・ラジオに出演したという天才少女。ハノーヴァー音楽大学に入学、卒業後は世界各地で演奏活動を行い名声を勝ち得ている。。
  
 私はジャレットの演奏中に発する唸り声が気になって、聴くことはあまりないのであるが、クラシックならよもや唸るまいと思って、このアルバムは聴きはじめた。評論家によれば、ジャレットの左手は通奏低音を奏し、右手は旋律を奏し、バッハの合奏形式におけるソナタの音楽を明確に聴くことができるといい、またBWV 1030 - 1035は、本来、フルートのための作品であるにもかかわらず、リコーダーの「ミカラ・ペトリ」と共演したのも、ジャレットのセンスの良さを感じさせると好意的に迎えられているようだ。1992年2月28・29日、3月1日、「キース・ジャレット」の自宅にあるケーブライト・スタジオで録音。同じペトリとコラボした、「ヘンデル:リコーダー・ソナタ/Handel Sonatas」(1990年録音)の2年後である。その中から何曲かを。なにか秋の風景に合いそうな気がする。

b0102572_09240328.jpg



 Bach Sonatas/J・S・バッハのリーコーダーソナタ集
 Keith Jarrett/キース・ジャレット,Michara Petri/Michala Petri
 RCA





        
「Sonata In B Minor, BWV 1030, Allegro - Keith Jarrett and Michala Petri」

          


「Sonata In B Minor, BWV 1030, Andante - Keith Jarrett and Michala Petri」

          

「Sonata In B Minor, BWV 1030, Largo E Dolce - Keith Jarrett and Michala Petri」

          

「Sonata In E-Flat (Transp. In G), BWV 103, Siciliano - Keith Jarrett and Michala Petri」

          

     
    
     


by knakano0311 | 2019-09-29 09:32 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29661717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(354) ... 結局終息宣言は出せず >>