人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

ホッパーの絵のように ・・・

b0102572_17235153.jpg
                                            (Nighthawks 1942)
   
 最近読んだ本。「ローレンス・ブロック/Lawrence Block」編、「田口俊樹」ほか訳による「短編画廊/原題:In Sunlight Or In Shadow」(ハーパーコリンズ・ジャパン、2019)。

b0102572_17254125.jpg



 20世紀アメリカの具象絵画を代表する名画家の1人、「エドワード・ホッパー/Edward Hopper」の17枚の絵画(序文を含むと18枚)から、17人の文豪たちがストーリーを紡いだ短編集である。編者で作家の「ローレンス・ブロック」は、「ホッパーの作品のすべてには、物語があり、その物語は語られるのを待っている」と考え、ホッパーの絵から物語を紡ぐこの短編集を考えついたという。
  
 彼の呼びかけに集まったのは、「スティーヴン・キング/Stephen King」、「ジェフリー・ディーヴァー/Jeffery Deaver」、「マイクル・コナリー/Michael Connelly」、「リー・チャイルド/Lee Child」といった錚々たる顔ぶれ。「ローレンス・ブロック」作の「オートマットの秋/原題:Autumn At The Automat」は、2017年MWA賞受賞した。


b0102572_17244998.jpg




 短編画廊 絵から生まれた17の物語
 ローレンス・ブロック、スティーヴン・キング、ジェフリー・ ディーヴァー、その他
 ハーパーコリンズ・ ジャパン








 「ローレンス・ブロック」による序文を含めて、「エドワード・ホッパー」の絵画18点がカラーで挿入されている。本文にはいる前に読者が想像を膨らますという趣向だ。収録作品/作者と、それがインスパイアされた絵は次のとおりである。
    
・「序文」 ローレンス・ブロック 田口俊樹 訳:Cape Coo Morning(1950)
・「ガーリー・ショウ/Girlie Show」 ミーガン・アボット/Megan Abbott 小林綾子 訳:Girlie Show(1941)
・「キャロラインの話/The Story Of Carokline」 ジル・D・ブロック/Jill.D.Block 大谷瑠璃子 訳:Summer Evening(1947)
・「宵の蒼/Soir Bleu」 ロバート・オレン・バトラー/Robert Olen Butler 不二淑子 訳:Soir Bleu(1914)
・「その出来事の真実/The Truth About What Happened」 リー・チャイルド/Lee Child 小林宏明 訳:Hotel Lobby(1943)
・「海辺の部屋/Room By The Sea」 ニコラス・クリストファー/Nicholas Christopher 大谷瑠璃子 訳:Room By The Sea(1951)
・「夜鷹 ナイトホークス/Nighthawks」 マイクル・コナリー/Michael Connelly 古沢嘉通 訳:Nighthawks(1942)
・「11月10日に発生した事件につきまして/The Incident Of 10 Novenber」 ジェフリー・ディーヴァー/Jeffery Deaver 池田真紀子 訳:Hotel By A Railroad(1952)
・「アダムズ牧師とクジラ/Taking Care Of Business」 クレイグ・ファーガソン/Craig Ferguson 不二淑子 訳:South Truro Church(1930)
・「音楽室/The Music Room」 スティーヴン・キング/Stephen King 白石 朗 訳:Room In The New York(1932)
・「映写技師ヒーロー/The Projectonist」ジョー・R・ランズデール/Joe R. Lansdale 鎌田三平 訳:New York Movie(1939)
・「牧師のコレクション/The Preacher Collect」 ゲイル・レヴィン/Gail Levin 中村ハルミ 訳:City Roofs(1932)
・「夜のオフィスで/Office At Night」 ウォーレン・ムーア/Warren Moore 矢島真理 訳:Office At Night(1940)
・「午前11時に会いましょう/The Woman In The Window」 ジョイス・キャロル・オーツ/Joyce Carol Oates 門脇弘典 訳:Eleven A.M.(1926)
・「1931年、静かなる光景/Still Life 1931」 クリス・ネルスコットKristine Kathryn Rusch 小林綾子 訳:Hotel Room(1931)
・「窓ごしの劇場/Night Windows」 ジョナサン・サントロファー/Jonathan Santlofer 矢島真理 訳:Night Windows(1928)
・「朝日に立つ女/A WomanIn The Sun」 ジャスティン・スコット/Justin Scott 中村ハルミ 訳:A WomanIn The Sun(1961)
・「オートマットの秋/Autumn At The Automat」 ローレンス・ブロック/Lawrence Block 田口俊樹 訳:Automat(1927)
   
 いや、久しぶりに読み応えのある短編集に堪能しました。特に印象深かった短編は、「夜鷹 ナイトホークス/Nighthawks」、「オートマットの秋/Autumn At The Automat」でしょうか。私は、ホッパーの実物の絵は見たことがないがないのだが、もし、実際の絵を眺めたとしたら、どんなストーリーが思い浮かぶだろうか。どんな音楽が思い浮かぶだろうか。

b0102572_17364801.jpg

 ホッパーの絵をジャケットに使ったジャズ・アーティストがいる。クールでエレガントな北欧・ノルウェイの歌姫、「カーリン・クローグ/Karin Krog」と、ニューヨークの知性派ピアニスト、「スティーヴ・キューン/Steve Kuhn」とのデュオ・アルバムである。
    
 1974年、「カーリン・クローグ」、37歳。アメリカ的なジャズではなく、真に自由な表現としてのジャズを求め続けた彼女と、ピアノにおける耽美的表現を求め続けたピアニスト、「スティーヴ・キューン」との出会いがもたらした傑作が、「ウィー・クッド・ビー・フライイング/We Could Be Flying」。
  
 そして、2002年、28年ぶりの運命の再開が再び傑作を生んだ。「ニューヨーク・モーメンツ/New York Moments」。このアルバムのジャケットに、「エドワード・ホッパー」の絵、「Hotel Room(1931)」が使われている。カーリンの想いなのか、プロデューサーの想いなのか、このアルバムには、ニューヨークを舞台にした11編の切ないラヴ・ストーリーが収録されている。さらに3年後の2005年、秋深いオスロでの再会から生まれたデュオ・アルバムが「トゥゲザー・アゲイン/Together Again」。ここにも再び「エドワード・ホッパー」の絵、「Automat(1927)」が使われていた。そして、10年後の2015年、二人はコラボ・アルバム、「ふたりの夜明け/Break Of Day」をリリースした。しかし、ホッパーの絵はなぜか使われていない。

b0102572_17374925.jpg



                

 ニューヨーク・モーメンツ/New York Moments
 カーリン・クローグ&スティーヴ・キューン/Karin Krog & Steve Kuhn
 MUZAK,Inc.




        
「Karin Krog - The Meaning of Love (featuring Steve Kuhn)」 

          


「Karin Krog - Gloomy Sunday(暗い日曜日)」

          

b0102572_17423661.jpg


 トゥゲザー・アゲイン/Together Again
 カーリン・クローグ&スティーヴ・キューン/Karin Krog & Steve Kuhn
 MUZAK,Inc.





        
「We'll Be Together Again - Karin Krog & Steve Kuhn」

          


「I Thought About You - Steve Kuhn & Karin Krog」

          


「Time After Time - Karin Krog & Steve Kuhn」

          


「Lazy Afternoon - Karin Krog & Steve Kuhn」

          
   
   
    


by knakano0311 | 2019-10-02 17:52 | 読むJAZZ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29667346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 覗いてみると ・・・ いろいろな実を楽しむ >>