人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

空に雷、地に炎

b0102572_17501801.jpg
b0102572_17504307.jpg
 毎年、この時期に団地のコミュニティが行うのが、地区の自主防災訓練。昨今の列島での災害を考えると、避難経路や場所を確認しておこうと参加した。非常放送の合図で、近くの公園に集合、数珠つなぎで避難場所の小学校まで移動する。実際の燃え盛る炎での消化訓練、救護訓練などを体験した。空には轟く爆音。見上げると、こちらは11月に行われる市民と自衛隊との交流の祭りのための9機のヘリコプターの編隊飛行訓練。毎年行われる二つのイベント。ともにこの地域の風物詩となっている。

b0102572_17513053.jpg


 今宵のピアノ、「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」の「Training」。フランス出身のジャズ・ピアニスト。先天性疾患による障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。その彼が1997年来日した時の「ブルー・ノート/Blue Note」でのライブの模様を収録したアルバムが、「Michel Petrucciani Trio In Tokyo」(1999)。その冒頭の曲である。フルアルバムがアップされていた。パーソネルは、「Michel Petrucciani - piano」、「スティーヴ・ガット/Steve Gadd - drums」、「アンソニー・ジャクソン/Anthony Jackson - bass」。
    
1. Training (4:39)
2. September Second (5:19)
3. Home (9:19)
4. Little Peace in C for U (7:30)
5. Love Letter (9:07)
6. Cantabile (7:49)
7. Colors (10:49)
8. So What (7:32)
   
b0102572_17524430.jpg



 Trio in Tokyo
 Michel Petrucciani,Steve Gadd,Anthony Jackson
 Dreyfus





        
「Training - Michel Petrucciani Trio In Tokyo」

          
   
   
    
   

by knakano0311 | 2019-10-08 17:55 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29676107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 威風 「おもろ能」はおもろかった >>