人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

威風

b0102572_10481335.jpg
b0102572_10484383.jpg
     
 地元の小学4年生の里山体験学習をサポートしている時のこと。一段落して静けさが戻ったら、突然、一頭の牡鹿が目の前に現れた。動じず悠然とした仕草、立派な角、鋭い視線で睥睨するようにこちらを見据えている。鹿は母系社会なので、公園に出てくるのは、ほとんどが母子づれ。牡鹿が見られるのは、珍しい。普段は森の奥深く潜んで、単独行動をし、滅多に出てこない牡鹿も、この時期は繁殖期なので、雌を求めて出てくる。周りを見たら、やはり近くに草を食む雌鹿が ・・・。自分は草を食むこともなく、雌を守るかのように、視線を外すことなく、じっとこちらを見据えている。人間社会ではなかなか見られなくなった、その「牡」の威風に圧倒される。子供たちに見せられなかったのが残念。
   
 今宵の歌、「マンズ・ワールド/It's A Man's Man's Man's World」。オリジナルは、作詞・作曲とも、「ジェームズ・ブラウン/James Brown」。
   
【 It's A Man's, Man's, Man's World 】    作詞・作曲: James Brown
   
「♪ This is a man's world            この世界は男の世界
  This is a man's world            この世界は男の世界
  But it would be nothing           でも意味のない世界になってしまう
   Nothing without a woman or a girl     女たちがいなければ
  
   You see man made the cars          男は車を作った
   To take us over the road          どこまでも行けるように
   Man made the train              男は列車を作った
   To carry the heavy load           重い荷を運ぶために
   Man made the electric lights         男は電灯を作った
   To take us out of the dark          我々を暗闇から解放するために
   Man made the boat for the water       男は船を作った
   Like Noah made the ark            ノアが箱舟を作ったように
   
   This is a man's world            この世界は男の世界
  This is a man's world            この世界は男の世界
  But it would be nothing           でも意味のない世界になってしまう
   Nothing without a woman or a girl     女たちがいなければ
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」
    

b0102572_10503697.jpg



 歌い手は、イギリス出身のソウル・ミュージシャン、「シール/Seal」で聴いてみましょうか。アルバムは、「ソウル/Soul」(2008年)から。
    
 「シール」は、1963年、イギリスのパディントンにてブラジル系の父とナイジェリア人の母の間に生まれた。1980年代後半から地元のクラブやバーでライブ・パフォーマンスを行い、本格的なアーティスト活動を開始させる。1990年にロック・シンガー、「アダムスキー/Adamski」の楽曲「Killer」に参加し、歌手デビュー。デビューアルバム「Seal」(1991)は、英国アルバム・チャート1位を獲得し、ヨーロッパだけでなくアメリカやカナダなどでも大ヒットとなった。
    
 ソウルフルで男臭さ満載。ハスキー・ボイスでソウル・R&B・ポップスなど様々なジャンルを歌いこなす。世界的なソウル・R&B歌手で、日本でも高い人気を獲得している。容貌もごつくて怪異。顔に傷のようなものがあり、また頭髪もないが、これらは幼少の頃にかかった膠原病の一種の後遺症によるものであるという。

b0102572_10521237.jpg




 Soul
 シール/Seal
 Warner Bros / Wea

        



「Seal - It's A Man's Man's Man's World」

          
    
    
     


by knakano0311 | 2019-10-09 10:55 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29677033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋の味覚を求めて今年も丹波篠山へ 空に雷、地に炎 >>